“タトゥー差別”について日本の刺青事情を評論家が解説――彫師は医師免許がないとダメ?技術革新で皮膚がデジタルサイネージ化する

“タトゥー差別”について日本の刺青事情を評論家が解説――彫師は医師免許がないとダメ?技術革新で皮膚がデジタルサイネージ化する

“タトゥー差別”について日本の刺青事情を評論家が解説――彫師は医師免許がないとダメ?技術革新で皮膚がデジタルサイネージ化するの画像

?ここがポイント

●りゅうちぇるさんに端を発した「タトゥー差別」問題
●小飼弾氏は「タトゥーがだめなら化粧がだめになりかねない」とコメント
●技術革新によるデジタルタトゥーの可能性について語った

 タレントのりゅうちぇるさんが、SNSで両肩に妻のぺこさんと生まれたばかりの長男の名前のタトゥーを刻んだと明かしたところ、賛否両論の意見が相次ぎ、話題となっています。

 これを受けて、9月3日の「小飼弾のニコ論壇時評」で、書評家の小飼弾氏とフリー編集者の山路達也氏がこの話題に言及し、日本の法律ではタトゥーは規制されていないことを挙げ、「学校の校則と同じ」と一刀両断。今後、デジタルサイネージ【※】化したタトゥーが登場する可能性などについて語りました。

※デジタルサイネージ
電子看板のこと。

左から小飼弾氏山路達也氏

−あわせて読みたい−

・東京医科大の”女子受験生減点騒動”の真の問題点「女医を増やさない職場の環境を直せ」社会構造の歪みに合わせた人事の弊害

・「日本死ねって言わなくたって既に死にかけてる」小飼弾が予想する日本の未来

・腕の組織から男性器を形成――性転換の全容を医師が解説「軟骨を入れて硬さを作ります」

日本でのタトゥー差別は「校則で拘束しようというのと同じです」

山路:
 タトゥー差別があるということで、りゅうちぇるという芸能人が自分の子供の名前とかをタトゥーを入れているみたいな話をして、それに関して「それは別にいいことじゃん」というそういう議論があったと。日本では銭湯とかで、タトゥーを入れている人は入れなかったりとか、そういう差別が。

小飼:
 学校の校則と同じでしょう。タトゥーを入れている人が公共の場所に入っちゃいけないなんていう法律は日本にはないはずですよ。たぶんそれでガチに法に訴えると、銭湯は負けるはずです。実際にそういう判例は出ていなかった?

山路:
 そうですね。タトゥーを入れてる人の入店を拒否した店が訴えられて、損害賠償を命じられた例もありますね。

小飼:
 だって、「タトゥーはだめ」って言ったら化粧もだめということになりかねないじゃん。

山路:
 取れるか取れないかの違いにすぎないから。

小飼:
 タトゥーだって「レーザーを当てれば取れるじゃん」って言い張れるよね。

山路:
 日本ではある意味、ヤクザとかをあまり事を荒立てずに入れずに済むような方法として、タトゥーを……。

小飼:
 だからちゃんと法でやれと。校則で拘束しようというのと同じです。日本は法治国家でしょう。校則を作り続けて積み上げて、法に訴えられれば吹き飛んじゃうような生徒手帳をつなげるような社会。中国とは似ているようで似ていないような拘束国家になる。

山路:
 暗黙の空気みたいな感じで、明文化されていないけれど知っていないと弾かれるみたいな。

今後はタトゥーを彫るには医師免許が必要に?

小飼:
 それよりも問題というのは、タトゥーに関しては医師免許が必要だという地裁判決が。これも大阪地裁か。また大阪か、みたいな(笑)。

山路:
 タトゥーの彫師で医師免許を持っている人はそういなさそうですね。

小飼:
 いるの? そんな人。

山路:
 その医師免許が必要なのかと。

小飼:
 確かに肉体を侵襲するので、理論でいけば皮膚に何かを入れるというのは、全部医師免許が必要だっていうふうに言い張れるかもしれないですね。

山路:
 鍼灸師の資格がないと鍼も打てないですもんね。

小飼:
 「チップを埋め込むのも医師免許が必要だ」と。たとえば注射を打てる人というのは限られているじゃないですか? 日本はかなり遅くなって、例えばインスリンみたいな持病を持っている人が自分の薬を注射するという権利は得たんですけれど、それ以外のものというのは、医師でないと打っちゃいけないことになっています。

 そう考えると、確かにタトゥーを彫るには医師免許が必要だという理屈も成り立つは成り立ちますよ。でもタトゥーを入れるというのは、医療行為なのか……。

山路:
 普通の感覚では医療ではない?

小飼:
 高須クリニックのような美容整形外科であれば、タトゥーを入れていいのか?

山路:
 話題になったら、高須院長はその辺に乗り出して来そうな気はしますね。ただタトゥーって肝炎ウイルスに感染する確率は相当高くなるみたいですね。

小飼:
 そうなんですよね。だから実は医療リスクというのもあるんですよね。タトゥーの針で肝炎を移されるとか、だからそうやって考えると医師免許を要求するというのも成り立ちそうです。けれども、これって免許制になっちゃうような気がしないでもないですよね。

山路:
 彫師の免許、みたいな感じで?

小飼:
 そうそう。

山路:
 確かにタトゥーに関しては、衛生とかがきちんとしていないところで肝炎に限らず感染症みたいな事があったりするから。

小飼:
 やっぱり体の中に異物を入れるので、肝臓は痛めるそうです。僕の友人で立派な彫り物を入れている人がいるんですけれども、彫り物を入れたら酒にガックシ弱くなっちゃったそうです。

山路:
 わかるくらいに弱くなるんだ。

デジタルサイネージ化タトゥーもそんなに遠くない未来??北欧ではICタグを体に埋め込む会社も

小飼:
 でも今だったら、サイネージタトゥーとか絶対できるはずだよね。

山路:
 それは言ってみたら、プロジェクションマッピング的な?

小飼:
 IoT【※】だよ。だからタトゥーのドットひとつひとつに、小さなコンピューターに……。別にコンピューターでなくてもいいけれども。ちゃんとディスプレイになるの。

※IoT
Internet of Things.様々な「モノ(物)」がインターネットに接続され情報交換することにより相互に制御する仕組み。

山路:
 結構アメリカのほうで、デジタルタトゥーみたいなことを研究しているところはいっぱいありますもんね。

小飼:
 そうしたら自分の肌がサイネージになる。広告とか売れるわけさ。

山路:
 それはもう「タトゥー」とは言われない可能性はありますけれどね(笑)。

小飼:
 単に表示できるだけではなくて、触覚センサーとかもついているはずなので、ちゃんとクリックできるんですよ。

山路:
 (笑)

小飼:
 タトゥーの辛いところっていうのは、一度彫っちゃうと簡単には彫り直せないということですよね。

山路:
 消すのも完全に消えるわけじゃないですもんね。

小飼:
 やっぱりサイネージにしてからかな。僕もサイネージ待ち。サイネージができるようになったらビャーっと入れて(笑)。

山路:
 入れるんですか(笑)。タトゥーシールを貼るだけですよね。

小飼:
 自由に表示を変えられるのであれば埋め込んじゃっていいと思うよ。

山路:
 ヤクザの人はそれでもデジタルサイネージに行くんだろうか。

小飼:
 『Splatoon』の人とかみんな入れるんじゃないかな。みんなそれでイカ化するんじゃない(笑)?

『Splatoon』。
(画像はSplatoon (スプラトゥーン) | Amazonより)

山路:
 そうなってきたら、今までの日本人にあったタトゥー、刺青に関する忌避感も変わってくるのかもしれない。

小飼:
 『魏志倭人伝』には「顔に入れ墨を入れている人たち」というふうに出ていたはずだよ。

山路:
 2000年くらい前の話ですけれどもね(笑)。

小飼:
 いや、そんな前じゃない。

山路:
 1500年前くらいか。邪馬台国のあたりですもんね。結局それだけ一般化したら、タトゥーが厳しいというのは、どうでもよくなりそうな気もしますけれどもね。

小飼:
 でもたとえば「タトゥー」「残念」で画像検索するとさ、すごい本当に残念なおもしろタトゥーがいっぱい出てくるんですけれど。

山路:
 なんでこの人たちは、Google翻訳でピッとやったら翻訳できる時代に、自分に彫るタトゥーを調べないんですかね(笑)。

小飼:
 タトゥーをサイネージにしたら、Apple Watchもいらなくなるね。Appleタトゥー。表示を変えようとしたら、認証を切られちゃってどうしよう! みたいになる(笑)。

山路:
 弾さんがよく言っている全裸コンピューティングの……。

小飼:
 そうそう! 余計な服はいらなくなるじゃん。日本の夏も非常に過ごしやすくなって、いいことづくめなんじゃないですか(笑)。

山路:
 日本の夏はあまり涼しくならないような……。スーツを着る人はそれでもスーツを着るんじゃないのかな(笑)。

小飼:
 それはタトゥーをスーツモードにすれば。

山路:
 ピッタリした感じがして嫌なんですけれども(笑)。ちょっと変態おじさんみたいな感じの外見に(笑)。

小飼:
 十分な描画速度があれば、たとえばネクタイの揺れとかもサイネージでシミュレートしちゃうから(笑)。

山路:
 (コメントを見て)「ワイもふさふさになれる?」。

小飼:
 毛根をタトゥーナノマシンにしちゃえば。

山路:
 (コメントを見て)「裸族も何代か続けたら隠れるくらい毛が生えますよ」って、本当かいな(笑)。(コメントを見て)「故障したらやべぇ」って、本当にその通りですよね。北欧とかでは、普通にICタグを体に埋め込む会社が出てきたそうですけれどね。従業員がみんな埋め込んでいると。

小飼:
 タトゥーでQRコード決済ができるじゃん(笑)。

痛みが少なくなる技法や侵襲度を下げる研究は進んでいないのか?

山路:
 (コメントを見て)「身体改造やサイボーグ技術は規制したほうが良いよ」。そうかなあ。身体改造やサイボーグ技術は規制したほうが良いと思いますか。

小飼:
 でも実際に規制はかかっちゃうでしょうね。やっぱり初期の頃というのは、いろいろな事故も出るでしょうし。感染症で死亡みたいなのが出たりして、やっぱり医師免許が必要なほうに傾きつつあっちゃうけれども、でもその一方で施術がより楽になるっていう方向へ進化しないのだろうか。

山路:
 要はたとえば、手術の場所みたいなところが「ここ切って下さい」みたいなのがデジタルサイネージで表示されるとか、そんな感じですか。

小飼:
 そういう意味ではなくて、今のタトゥーにしてもあれなわけですよ。真皮層まで色素を打っちゃうわけですよね。表皮だと垢になって取れちゃいますから。だから実際に彫ると高熱を出すんですよね。だからそういう侵襲度を下げるという研究はしていないのだろうか。

 でもあくまでもファッションとして捉えられているので、医療の方向にはあまり進化していなかったかもしれないけれども、サイネージタトゥーができるって言うのであれば、より痛みも少なくなる方向に行きませんかね。

山路:
 上皮組織だけでなんとかなるみたいな。

小飼:
 そうそう。

山路:
 確かにタトゥーシールの研究とかは聞いても、デジタルサイネージのタトゥーというのは……。

小飼:
 シールだったらベリっとなっちゃうでしょう。それだと強い発色とか出来ないじゃない。今のタトゥーというのは、完全に減色方式で光を吸収する方式で出しているけれども、やっぱりロボタトゥーで、要するにサイネージとかで表情コントロールできる、デジタルにコントロールできるタトゥーというのができるのであれば、光らせてもいいよね。ますますイカだよね(笑)。

山路:
 結構科学ニュースをまとめる仕事とかしているんですけれども、光るその辺の事は出来やすくなっていますもんね。

小飼:
 人類イカ化計画。

山路:
 レーザー発振できる塗料も開発されているみたいですし。

小飼:
 本当にリアルに「ハニーフラッシュ!」とかできるようになるわけ。

山路:
 それはちょっと見たいですね(笑)。

小飼:
 十分明るくすれば、大事なところは見えないと思うんだけど(笑)。

▼記事化の箇所は下記バナーをクリックして
47:28からご視聴できます▼

急増するAirDrop痴漢!AIが権利を主張する未来は来るのか?他【小飼弾のニコ論壇時評】

−あわせて読みたい−

・東京医科大の”女子受験生減点騒動”の真の問題点「女医を増やさない職場の環境を直せ」社会構造の歪みに合わせた人事の弊害

・「日本死ねって言わなくたって既に死にかけてる」小飼弾が予想する日本の未来

・腕の組織から男性器を形成――性転換の全容を医師が解説「軟骨を入れて硬さを作ります」

関連記事(外部サイト)