コクうま“ミートボールのホワイトシチュー”を作ってみた! 残りもので出来るカンタンレシピでとろーり煮込んだシチューが美味しそう

コクうま“ミートボールのホワイトシチュー”を作ってみた! 残りもので出来るカンタンレシピでとろーり煮込んだシチューが美味しそう

コクうま“ミートボールのホワイトシチュー”を作ってみた! 残りもので出来るカンタンレシピでとろーり煮込んだシチューが美味しそうの画像

今回ご紹介する動画はマキノさんが投稿した『あかりちゃんの覚え書きっちんあかりちゃんの覚え書きっちん メモ261 「ミートボールのホワイトシチュー」』です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

投稿者のコメント

1)日々の料理練習を記録しておく動画群。
2)時々失敗したりする。
3)凝った料理はあんまり作らない。
4)投稿10回毎に贅沢に楽しむ。
5)目指せ毎日17時投稿。
6)あかりちゃんかわいい。

 冷蔵庫の残り物を使って、メインにホワイトソースから手作りしたシチューと、サブメニューに、さっと茹でるだけのアスパラの味噌マヨネース。さらにはデザートまで作ってしまいます。冷蔵庫の貯蓄がパンパンなマキノさん。そんなときは具だくさんな煮込み料理に限る! ということで、今回はミートボールのホワイトシチューを作ります。

 冷蔵庫の残り物の野菜はこちら。にんじん・ブロッコリー・ぶなしめじです。

 にんじんはゴロッと大きめにカットします。ブロッコリーは食べやすい大きさに。ぶなしめじはバラバラにします。

 ひき肉50グラムに小麦粉・おろしニンニク・塩コショウを加えて、粘りが出るまでよくこねます。

 よくこねたら丸めます。煮込み中にバラけないように、しっかり空気を抜くのがポイントです。

 お湯を沸かしてコンソメを溶かしたらミートボールを入れます。

 ミートボール火が通ったら野菜も追加します。ここでくし切りにした玉ねぎも加えてみました。具だくさんです。

 煮込んでいる間にホワイトソースを作ります。フライパンの上にバターを溶かし、小麦粉大さじ3を入れます。ダマにならないようによくかき混ぜます。
次に牛乳150ccを何回かに分けて少しずつ加えていきます。その都度しっかり混ぜ合わせましょう。

 ヘラでしっかりと線を引けるようになったらホワイトソースの出来上がりです。

 最後に煮込んでいた鍋の中身をホワイトソースと合わせて、塩コショウで味を整えたら出来上がりです。とろみが足りない場合は、煮詰めて調節しましょう。

 サブメニューのアスパラの味噌マヨネーズに移ります。

 今回使うアスパラガスは2本。アスパラガスの根元の革は固いので、ピーラーで剥きます。 アスパラガスにかけるソースの分量は、マヨネーズ大さじ1・味噌小さじ半・砂糖小さじ半。 春先のアスパラガスは、味付けがシンプルなほど美味しさが際立ちます。

 デザートはりんごと台湾パイン。食べやすい大きさにカットして、無糖のヨーグルトをかけます。はちみつとクルミで甘さと風味をプラスします。

 完成しました! バターロールと一緒にいただきます。

 アスパラガスとマヨの相性は無敵。味噌を合わせたことで、より深みのある味になりました。

 当然、美味しいフルーツサラダ! くるみを散らすところに、マキノさんの食へのセンスが垣間見えます。台湾パインは、缶詰のパインとは違うサクサクした食感と、しっかりした甘みが楽しめるそうです。

 そして本日の主役・ミートボールのホワイトシチュー! コクの決め手は、バターと牛乳をふんだんに使った自家製ホワイトソース。そこにじっくり煮込んだ野菜類の甘みと、ぶなしめじの旨味が加わり、本日のMVPです。

 圧倒的な存在感を放つのは、みっしりと密度の濃いミートボール。十分な食べごたえがありつつも、口の中でほぐれてくれます。シチューとの相性はバツグンだったそうです。

 ごちそうさまでした! ホワイトシチューは意外と簡単に作れてしまうんですね。アスパラの味噌マヨネーズもシンプルでとても美味しそうでした。

 動画の冒頭にはマキノさんのお宅の可愛い猫ちゃんも登場します。是非、動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

どう見ても美味しそうなシチュー!
子供が喜んで野菜食いそう
豪華な夕食ですな
ここんちの子供になりたい
毎度きれいに平らげて気持ちがいいねぇ

▼動画はこちらから視聴できます▼

『あかりちゃんの覚え書きっちんあかりちゃんの覚え書きっちん メモ261 「ミートボールのホワイトシチュー」』

―あわせて読みたい―

・唐辛子をひとつかみ入れる本気の麻婆豆腐レシピを紹介! 花椒や豆チを使うなどハードルは高めだけどめちゃくちゃおいしそう

・サバ缶で作る「炊き込みご飯ちらし寿司」のレシピ! 焼き目をつけて炊くだけの手軽さでひな祭りにもオススメ

関連記事(外部サイト)