ビーダマンを使って新しい「福笑い」を考えてみた。甥っ子くんが遊ぶ様子が「微笑ましい」「こういうのいいな」との声

ビーダマンを使って新しい「福笑い」を考えてみた。甥っ子くんが遊ぶ様子が「微笑ましい」「こういうのいいな」との声

ビーダマンを使って新しい「福笑い」を考えてみた。甥っ子くんが遊ぶ様子が「微笑ましい」「こういうのいいな」との声の画像

 今回ご紹介する動画は、紅炎さんの投稿した『ビーダマンで福笑いをしたかった動画』です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

きっとこの世界の共通言語は
英語じゃなくて笑顔だと思う

ビーダマンで福笑いをしたかった動画

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

 手作りビーダマンの動画を投稿している紅炎さん。今年のお正月は、手作りビーダマンを使って甥っ子さんと一味違った福笑いを楽しみました。

 福笑いのパーツを手作りすることから始めます。お子さんの小さな手でも持ちやすそうな厚みのあるパーツですね。

 さらに、この福笑いのパーツには秘密があります。小さな鉄球を入れて、さらに滑りやすくなる加工を施しています。

 一体この福笑いはどうやって遊ぶものなのでしょうか? 

 紅炎さんが考えた遊び方は2つ。

 1、顔のパーツを所定の位置に配置して、ビー玉を顔のパーツめがけて打ち、崩れた顔を楽しむ

 2、顔パーツを顔面より外側の範囲に置いて、交代交代でビー玉を打って、正しい位置に多くのせられた方の勝ち。

 というものです。

 早速、遊んでいきましょう! 顔のパーツめがけてビー玉を打っていきます。

 崩れた顔を楽しみたかったところですが、パーツの素材は木製繊維を材料とするMDF。ビー玉が当たる高さにするために3枚重ねて作ったので、パーツが重くなり、頬、鼻、口はほとんど動かなかったそうです。

 発泡プラスチック素材でできたスチレンボードで作るべきだったかな? という反省がありました。

 眉と目の部分は飛びますが、細長い形のためにたまに裏返ってしまうそうです。鉄球をいれましたが、あまり効果がなかったようです。

 「年末に急いで作ったため、動作確認をしなかったのがいけなかった」と紅炎さんは振り返っていましたが、こんなに工夫した遊びを用意してくれるおじさんは素敵ですね。

 動画の前半では、紅炎さんとおいっこさんがビーダマンとベイブレードで遊ぶ様子が楽しめます。ぜひ、動画をノーカットでお楽しみください。

?

視聴者のコメント

創造力あっていいわね
ほほえましいな
手間かかってんな
調整したら面白そう

▼動画はこちらから視聴できます▼

『ビーダマンで福笑いをしたかった動画』

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

『身近な材料で「ビーダマン」が完成! MDFや塩ビ管で“ブレイクボンバー”まで作り上げ「最高にワクワクする」「ガチですごい」の声』

『100均のおもちゃとヤクルトで「ビーダマン」を作ってみた! 工作レベルの機材と材料でちゃんと遊べる機体が完成』