「ゴキブリなんて序の口」──どんなゴミ屋敷もキレイさっぱり“特殊清掃員”体験レポが強烈すぎて肩に力が入っちゃうレベル

「ゴキブリなんて序の口」──どんなゴミ屋敷もキレイさっぱり“特殊清掃員”体験レポが強烈すぎて肩に力が入っちゃうレベル

「ゴキブリなんて序の口」──どんなゴミ屋敷もキレイさっぱり“特殊清掃員”体験レポが強烈すぎて肩に力が入っちゃうレベルの画像

 物件の持ち主がなんらかの理由でゴミを溜め込み清掃を怠った結果生まれる通称“ゴミ屋敷”。精神医学的には、ゴミ屋敷を作ってしまう原因は強迫性障害からくる異常行動ではないかという説もあるものの、はっきりとした心理は解明されていません。

 事故物件について徹底的に語り尽くす番組「事故物件ラボ」が事故物件公示サイト「大島てる」でお馴染みの大島てる氏(@Oshimaland)と事故物件住みます芸人の松原タニシ氏(@tanishisuki)をMCに、ゲストの村田らむ氏(@rumrumrumrum)を迎えて、niconicoで放送されました。

 本記事では、特殊清掃員として体験取材をおこなった村田氏が、「ゴミ山に埋もれたまま飼育されているペット」、「大量放置されているおしっこペットボトル」などのゴミ屋敷の写真を次々と紹介していきます。

左から大島てる氏松原タニシ氏村田らむ氏

―あわせて読みたい―

・ホームレスたちのリアル――「書きなぐられた辞世の句」「バラック群が占拠する堤防」…彼らの住居に迫る

・「亡くなった住人の霊が」「殺した妻が毎晩夫の枕元に」…偶然の一致か、呪われた住所か? 実在する”心霊現象”が起きた事故物件を大島てるがご紹介

・「ゴミ山の下に腐った死体」「腐乱した犬の死骸があった隠し部屋」…“不動産執行人”が実際に見たヤバすぎる現場の数々

積み上げられたティッシュと箸。撮影スペースがなくなるほどの大量ゴミがドアを破壊

村田:
 これはテレビの前の左にティッシュ。分かりやすい。

 次いっちゃいましょう。ティッシュと箸。

松原:
 うわ〜、すごいな〜。

村田:
 行動原理が分かりやすいですね。会田誠【※】のアートみたいな。

※会田誠
現代美術家。奇想天外な対比や痛烈な批評性を提示する作風で、幅広い世代からの支持を得る。『会田誠展:天才でごめんなさい』などの展覧会を開催している。無数の少女が滝壺で遊ぶ様子を描いた『滝の絵』や大量のサラリーマンが折り重なった『灰色の山』で知られる。2012年、森美術館にて「天才でごめんなさい」展を開催した。

松原:
 ちっちゃい女子高生がいっぱいおるやつでしょう?

村田:
 “天才でごめんなさい”感があるでしょう。

大島:
 臭くないんですかこれ?

村田:
 そんなでもなかったですけどね。清掃自体は軽いので楽でしたけれどね。

大島:
 でもこれ、自分で捨てられそうじゃないですか?

村田:
 そうなんですけれどね。確か大家さん的な人に怒られて……みたいな掃除だったので。

大島:
 バレたんですね。

村田:
 まあ……ゴキブリはいますよ。ゴキブリは序の口ですよ。ネズミはちょっと恐いけれど。一回も人間と触れ合っていないゴキブリとかがいて、バッと開けるとジッとしているんですよ。

一同:
 (笑)

村田:
 ブシューってやると、『エイリアン2』で最後にいっぱい卵を産み落としているところに入っていった時の感じ。バババババ! ウワ〜! って(笑)。

松原:
 そうか、生まれてこの方ずっとここにいるから人間と触れてこなかったんや。

村田:
 だからゴミ屋敷としては、さほどでもないんですけどね。

大島:
 分別されてますよね。

村田:
 そうなんですよね。分別っていうか、生活習慣でそうなってるんですけれど。

 次は、量が多いだけのところなんですけれど、あまりにもゴミの量が多すぎてドアが壊れて、洗面所から出られなくなってバキバキってなっちゃっているんですよね。

松原:
 ドアがバキバキに……。

村田:
 断熱材が出ちゃっている。“ゴミ屋敷あるある”なんですけど、あんまりひどいゴミ屋敷だと撮影できるスペースが狭くなっちゃって、なにがなんだか分からなくなっちゃうんですよね。だからさほどじゃないところのほうが、画的には面白くなるっていうね。

大島:
 そうですよね。全体が見えるっていう。

村田:
 次いっていいですか。

 入る時にこの入り方をする部屋ってすごいでしょう。作業員も地下足袋で入っています。ここは確か高いカメラがいっぱい出てきたような……。

松原:
 そうですよね。依頼するっていうことは、お金はあるっていうことですよね。

村田:
 これぐらいいくと50万とか60万とかなんでしょうけれどね。  

 こうなっちゃうんですよね。重さで壁に穴が開いちゃうんです。グッと下に圧がかかると壁に穴が開いちゃうんですよ。見えているのが風呂釜を下から見たところ。ふすまじゃないですよ。

松原:
 風呂釜を下から見たことないな。

村田:
 これは物件を出るとなったら相当だと思いますよ。清掃で何十万もかかって、家を直すのに何十万もかかるでしょうね。

ペットを数十匹飼育するも、飼い主は夜逃げ

村田:
 これはね、動物いっぱいの部屋ですね。

 片付け終わった後なんですけれど、猫が20匹、ウサギも20匹飼っていて逃げた部屋で。

松原:
 逃げた?

村田:
 夜逃げした部屋。正直片付けるのは全部捨てたらいいので、楽は楽だったんですけれど、終わった後に部屋中が猫にボロボロにされているっていうね。

松原:
 猫はどこに行ったんですか?

村田:
 もういなくなっていました。だから連れて行ったのか出て行ったのか……ここは普通の公営団地ですから。あらゆるところを猫にボロボロにされていますね。

 まあ猫はしょうがないですけれどね。これもすごいゴミ屋敷だったんですよ。

 写真はもう掃除し終わった後ですね。さすがにウンチとか出すと引くかなと思いまして。

大島:
 自粛ですか?

村田:
 自粛です。まあ猫もかわいそう、そんなに幸せじゃないと思います。ここもウンコだらけで本当に大変でした。ニオイも慣れちゃうんですけどね。

 最近特殊清掃をやっているんですけれど、臭いは臭いんですけれどだんだん慣れてくるし、5軒くらい行ったんだけれど、やっぱり臭いな〜とはなるんですけれど、オエッとならなくなってくるんですよ。

松原:
 大人になってビール飲めるようになってくるみたいな?

村田:
 そうそう、そのぐらいの感じ。なるほどなるほどぐらいな感じで全然平気になってきて。意外と慣れるもんだなと思いましたけどね。

松原:
 本業は特殊清掃員じゃないですよね。ライターですよね(笑)。

ゴミ屋敷化する→ものがなくなる→買うの延々ループ

村田:
 次いきましょうか。

 ここは少なめ、小さめのところですね。

松原:
 (コメントを見て)「これマシそう」って、こんなのマシちゃうで(笑)。

村田:
 こういうところは基本的には心理的瑕疵【※】にならないですよね?

※瑕疵
かし。きず、欠点のこと。転じて法律や当事者の予期するような状態や性質が欠けていること。

松原:
 この後に住む人がですか?

大島:
 このままじゃ心理的瑕疵にならないですけれどね。

村田:
 競売で買ったらこういう状態なのはよくあるみたいです。

 ここがライフスペース、住む場所になってくるわけです。

松原:
 あ、へこんでる。あそこで寝てるんかな。

村田:
 そこで寝て、ってなってくる。やっぱりこんな部屋で生活していくと、ライターだとか物がどんどんなくなっちゃうんですよね。だから同じ物をいっぱい買ってしまう。

松原:
 いっぱい出てくるんだ。カッターめっちゃあるやん(笑)。

村田:
 そうそう、100円ショップのやつですね(笑)。カッターがなくなっちゃうんですね。それから山ほどのライターとカッターが出てくるっていうのがありました。ここはリモコンとかお金や写真とか必要な物だけをとっておいてあるんですね。

松原:
 依頼者から言われるんですね。

村田:
 言われずとも、とっておいているんですよ。「写真とお金は絶対にいるから」と。それ以外にも、「ここらへんに指輪があるんです」とか「ここらへんに鍵があるんです」とか言われたらなるべく探すようにして、うるさい人は本当に「全部チェックしないとイヤ!」という人もいるし。

松原:
 うわ、めんどくさいな。ゴミ屋敷やのに。

村田:
 間違えて捨てたやつを拾いにゴミ処理場のトラックの中に……っていう人もいましたよ。だから全部チェックしてもらわないといけない人も比較的います。

松原:
 お金を払っているからってことなんかな。自分で片付ければいいのにってなっちゃいますけれど……。

村田:
 なかなか難しいところです。

「死ぬまで住んだれ」!? ゴミ屋敷の退去時の出費をおさえる仰天アドバイス

村田:
 次いきましょうか。

 これは切ないというか、下にある銀色のやつが発泡酒ですね。おびただしい数のお酒の缶。これはありがちではあるんですけれどね。こんな感じの空き缶だらけの部屋っていう感じですね。

松原:
 出すのがめんどくさいんでしょうね。足元がなくなっているから。

村田:
 ここに住んでいた方は結構なお年の方でして、清掃代などの費用を心配して「この部屋を退去するときに大変ですか?」って住人の方がうちの業者の社長に聞いたら、社長は「死ぬまで住んだれ」って住人の方に言っていました。すごいアドバイスだなと思って(笑)。

松原:
 「死ぬまで住んだら?」っていうのがアドバイス?

村田:
 死ぬまで住んだら払わんでええから(笑)。それか取り壊しになったら大丈夫とか。要は自分から出ると近所から言われるから、そのまま住み続けたらええでっていう。築50年とかすごく古いアパートだったので。

松原:
 (コメントを読む)「死に逃げ」(笑)。

村田:
 もう新しい人は住めないなっていうアパートなんですよ。だから大家も出て行ってほしいとは思っていないので。

松原:
 家賃は払うってことか。

村田:
 これがトイレみたいな感じでね。小学校以来見ていない、おしりにハサミがついている虫がいましたよ(笑)。サソリのちっちゃいやつみたいな。

※修正なしの画像を見たい方は生放送をご視聴ください。

松原:
 なんていう虫だったかな。ハサミムシだ! 動きが速いしね。

村田:
 あれ気持ち悪いですね。子供の時は平気だったのに、大人になって見ると気持ち悪いなって。

松原:
 ハサミムシがトイレにいるんですね。

村田:
 このトイレは壁の色とか本当にホラーっぽいですよね。『世にも奇妙な物語』のスタッフが作りそうな色ですよね。

 これがそこにあったポスターです。結構懐かしい(笑)。

松原:
 懐かしい……誰やろなあ??当時のグラビアの方なんでしょうね。

村田:
 たぶん90年代ぽいですよね。

ゴミ山の中で多頭飼いされていたインコ

村田:
 次いきましょうか。ここもたいしたことはないですね。たいしたことはないんですけれど、片付けていたらピーピー音が鳴る。

 まあこれくらいでゴミ屋敷としては軽いんですよ。友達の家だったらキツイけど。

松原:
 いやキツイな、友達の家だったらキツイなあ。

村田:
 「ウチくる?」って女の子に言われて「行く行く!」って行ってこれだと「おぉ……」っていう感じですよね。

松原:
 キツイですね。「ゴミ屋敷だったら軽い」。その表現すごいですわ。

村田:
 ただですね、鳥がいっぱい出てきた。

松原:
 生きている鳥ですよね?

村田:
 生きている鳥が出てきたっていう。適当にザラザラザラってゴミの上から餌を撒いて。

松原:
 マジで!? パチンコみたいなもんですね、餌がここに入るっていう。

村田:
 床にこぼれた餌を虫が食うわけですよ。だからゴキブリがいっぱいいました。本当に一匹じゃないですよ。でも一匹も死んでいなかったから、すごいなと思いましたけれどね。

松原:
 ちゃんと餌が行き渡ってたんやな。

村田:
 全部でこれぐらい出てきました。

松原:
 でも清掃したら綺麗ですね。

村田:
 これは掃除が終わった部屋ですね。ゴミ屋敷になってからさほど間もなかったみたいで、家がゴタゴタっとしてちょっと片付けられなかったぐらいの部屋だったので。すごい大きい家でしたし。

大島:
 ため息しか出ないですよ(笑)。

松原:
 ため息なんですか? 眠たい? 鳥がかわいそうということですか?

大島:
 というよりも、私もこうなったら嫌だなっていう。ある程度溜まっちゃうと、もうどうしようもなくなっちゃう……。

村田:
 汚い方なんですか?

大島:
 汚くはないんですけれど、さっきの「同じ物をよく買う」というのはすごくよく分かります。見当たらないと買っちゃう。

松原:
 でも地面が全部ゴミになってしまうなんて……。

大島:
 いや、それはないですけれど。なんとなく分かりますね。

松原:
 でもそういうきっかけですよね。「捨てるのめんどくさい!」が溜まって一定を越えると、どんどん溜まっていっちゃいますもんね。

ここなら、お化けの出る家のほうがマシ? 大量に放置されたおしっこペットボトル

村田:
 これが最後ですね。今までのを見てくると、「ゴミは多いけれど普通かな」と思うじゃないですか。

松原:
 もう麻痺してますけれどね。

村田:
 お茶があるのは分かりますか。こんなところにあるのに、中身は入っているじゃないっていう。

松原:
 ホンマや。冷蔵庫入れたらいいのにな。

村田:
 外から見るとこんな感じになるんですけれど。

 でもお茶がまあまああるように見えますよね。次いってもらっていいですか。

※修正なしの画像を見たい方は生放送をご視聴ください。

 こんなにお茶が出てきたんですね。これ、実は三分の一ぐらいです。あったのはこの三倍。

松原:
 この三倍……。

村田:
 これはおしっこです。

松原:
 黒い! このおしっこ黒すぎません!?

村田:
 酸化して烏龍茶色になっているんです。

松原:
 だから烏龍茶のパッケージにちょうどいいっていう。緑茶のパッケージだったら違和感ありますもんね。

村田:
 これ分からないのが、トイレは綺麗ではなかったですけれど使えていたんですよね。

松原:
 これは男性ですか。

村田:
 男性です。これで入りきらなかったのでクローゼットに……。

※修正なしの画像を見たい方は生放送をご視聴ください。

松原:
 ポカリが……。

村田:
 もうポカリ色じゃないでしょう? 烏龍茶のペットボトルだけだと烏龍茶も混じっていると思うかもしれないけれど、ポカリであの色はないでしょう。

松原:
 トイレはどうなっているんですか?

村田:
 トイレは普通というか、ただ汚いぐらいで。だっておしっこをこっちでしているから。うんちもしているはずだし。でもこうなってくると、趣味だよなとも思って。

松原:
 趣味か……。

大島:
 でもさっきのお酒の方より、健康に気を使って選んでいる感じがしますよね。

松原:
 どういうこと? 飲んでいる物がってこと?

大島:
 烏龍茶とスポーツドリンクで。お酒の飲み過ぎはよくないって思って。

村田:
 何本か捨てたんですけれど、めちゃくちゃ臭いですよ。これは死臭よりもダイレクトにキツい。アンモニアになっていると思うので、目にしみるやつで、「これ無理だ!」ってなりました。

松原:
 これはトイレに流すんですか?

村田:
 これは結局、作った人に「自分でやりましょう!」ってなった。処理がものすごく難しいんですよ。これをゴミ処理場に……となるとかなり難しくて、全部捨てなければいけなくて。全部捨てるとなると丸3日とかかかるので、自分で毎日やっていきましょうと。それだったらお金を取らないので、自分でやっていきませんか? ということにして。

松原:
 納得してくれたんですか?

村田:
 納得してくれたというか、「1個500円で捨てましょう」という感じにしていたと思います。「1000本だったら50万円だから、50万払ったら捨てます。どっちにします?」と言って。「だったら自分で捨てます」と。

大島:
 じゃあ結局、これはこのままかもしれないんですか?

村田:
 いや、それは確認して。電話で聞いたりとか「ちゃんと捨てていますか?」とか聞いたりして。結構やらせるような形でというような感じでした。これが僕が持ってきた“ゴミ屋敷”の資料ですね。

松原:
 (コメントを見て)「この家行くならお化けの出る家の方がいいわ」という人も。

村田:
 確かにゴミ屋敷のキツイ部屋は僕もそう思いますけれどね。

大島:
 はあ……。

「事故物件住みます芸人」の松原タニシ、初の書き下ろし単行本
【事故物件怪談 恐い間取り】 好評発売中!

20年に渡る青木ヶ原樹海のルポをまとめた村田らむによる単行本
【樹海考】 好評発売中!

▼記事化の箇所は1:12:00から視聴できます▼

『大島てる×松原タニシの「事故物件ラボ」』

―あわせて読みたい―

・ホームレスたちのリアル――「書きなぐられた辞世の句」「バラック群が占拠する堤防」…彼らの住居に迫る

・「亡くなった住人の霊が」「殺した妻が毎晩夫の枕元に」…偶然の一致か、呪われた住所か? 実在する”心霊現象”が起きた事故物件を大島てるがご紹介

・「ゴミ山の下に腐った死体」「腐乱した犬の死骸があった隠し部屋」…“不動産執行人”が実際に見たヤバすぎる現場の数々