これからは羽生善治“九段”に! 本人の意向を踏まえて肩書が段位に決定

これからは羽生善治“九段”に! 本人の意向を踏まえて肩書が段位に決定

これからは羽生善治“九段”に! 本人の意向を踏まえて肩書が段位に決定の画像

 日本将棋連盟は12月25日、羽生善治氏の肩書を段位である「九段」とすることを発表した。これは本人の意向を踏まえた上で決定したという。

羽生善治九段

 12月21日、第31期竜王戦7番勝負第7局で挑戦者の広瀬章人八段(当時)に敗れ竜王位を失冠して以来、羽生九段がどのような肩書を名乗るのか、「九段」か「前竜王」か、もしくは特例で「永世七冠」を名乗ることもあるのか、多くの注目を集めていた。

 この発表を受けてネット上では、「新鮮な響き」「潔い」「呼びにくい」「慣れない」など多くの意見が寄せられている。

■関連番組
・【盤外企画】将棋棋士御一行様 自腹で大井競馬全レース爆買いツアー3 〜公開生放送〜(12月27日放送)

・【将棋】大晦日九番勝負 糸谷哲郎八段 vs 永瀬拓矢七段(12月31日放送)

■関連記事
・なぜ羽生善治だけが伝説なのか?【叡王戦24棋士 白鳥士郎 特別インタビュー vol.24】

・「羽生善治竜王だけど、質問ある?」羽生竜王にインタビュー&質問に答えていただいた

■ニコ生公式将棋Twitter(ニコ生将棋情報はこちら)
https://twitter.com/nico2shogi