“コミケができるまで”を見たことがあるか? 準備会スタッフたちの「影の努力」――C95会場設営の様子を、すぐそばから見守ってみた【随時更新】

“コミケができるまで”を見たことがあるか? 準備会スタッフたちの「影の努力」――C95会場設営の様子を、すぐそばから見守ってみた【随時更新】

“コミケができるまで”を見たことがあるか? 準備会スタッフたちの「影の努力」――C95会場設営の様子を、すぐそばから見守ってみた【随時更新】の画像

 泣いても笑っても、今回のコミックマーケット・C95が“平成最後のコミケ”となることは、みなさんもよくご存知かと思う。

 1975年12月21日、東京・虎の門の日本消防会館会議室で、32のサークルと約700名の参加者によって産声をあげたコミックマーケットは2018年現在、3日間で国内外から約50万人もの来場者を集める、超大規模イベントと化した。

(Image by?Kobak.??Licensed under the terms of cc-by-3.0.)

 これほどの規模のイベントが年に2回、キチンと開催されているのは、ひとえにとある団体のおかげであると言えるだろう。

 その団体の名は――コミックマーケット準備会。

 有志が集まり結成されたこの団体は、Twitterを通した広報活動の他にも、私たちの目が届かない“縁の下”で、イベントを成功させるために、誰よりも真摯に活動を続けている。

 さて、今回ニコニコニュースオリジナルでは、そんな準備会のみなさまにもご協力いただき、“コミケができるまで”に密着させていただける運びとなった。

 まだブースやテーブル、各種案内が設置される前の、いわば“空っぽの国際展示場”は、いったいどのようにして「コミックマーケット」へと変身していくのだろうか?
 普段はなかなかお目にかかれない、スタッフのみなさまの“戦いの準備”に密着した様子を、写真でお届けしたいと思う。

 我々の密着は本日12月28日、午前7時にはじまった。

撮影/レオ・ハリス

《画像一覧はコチラから》

▽コミケ会場からの生中継はこちら▽

【niconico独占】コミケ設営日の様子を会場から生中継

―あわせて読みたい―

・【C95】企業ブースのアニメ・ゲーム関連グッズ情報まとめ【2018冬コミケ】

・【C95総力特集】コミケの魅力を生放送と記事でお届けします【2018冬コミ】

・『アズレン』Yostar社・社長が自ら語る「中国人オタ人生譚」――初恋は鮎川、エロゲで日本語習得、電車男みて内定辞退。そして「憧れのコミケ」への恩返し

午前7時:会場入り 東4、5エリア 開錠 テーブル搬入開始

以下、随時更新予定です。

画像一覧

▽コミケ会場からの生中継はこちら▽

【niconico独占】コミケ設営日の様子を会場から生中継

―あわせて読みたい―

・【C95】企業ブースのアニメ・ゲーム関連グッズ情報まとめ【2018冬コミケ】

・【C95総力特集】コミケの魅力を生放送と記事でお届けします【2018冬コミ】

・『アズレン』Yostar社・社長が自ら語る「中国人オタ人生譚」――初恋は鮎川、エロゲで日本語習得、電車男みて内定辞退。そして「憧れのコミケ」への恩返し