『Fate』尽くしの年末配信をより楽しむために! 『Fate』シリーズの魅力を原作・アニメ(映画)・主人公から見てみた

『Fate』尽くしの年末配信をより楽しむために! 『Fate』シリーズの魅力を原作・アニメ(映画)・主人公から見てみた

『Fate』尽くしの年末配信をより楽しむために! 『Fate』シリーズの魅力を原作・アニメ(映画)・主人公から見てみたの画像

 2018年12月31日21時より、『Fate/stay night』に端を発する人気シリーズの特別番組『Fate Project 大晦日TVスペシャル 2018』がニコニコ生放送にて放送される。

 さらに、同日8時30分より、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の一挙放送があったりと、2018年の大晦日は『Fate』尽くし!

 そこでこの記事では、発売から10数年が経過した原作『Fate/stay night』を皮切りに、改めて『Fate』シリーズの基礎知識を解説していく。

Fate Project 大晦日TVスペシャル 2018

?Fate/stay night [Unlimited Blade Works]#00-#25一挙放送

原作ゲームから見る『Fate』の魅力

 『Fate』シリーズの原典となっているのは、2004年にリリースされたPC向けノベルゲーム『Fate/stay night』

 こちらは、『月姫』などで知られる同人サークル“TYPE-MOON”の法人化に伴う、商業作品の第1弾となっている。

(画像は『Fate/stay night』公式ページより)

 シナリオは奈須きのこ氏、キャラクターデザインは武内崇氏が務め、全編ボイスなしの18禁エロゲーとしては異例の大ヒットを果たした。『Fate』シリーズが「もとはエロゲーだった」と聞くと、最近『Fate』を知った方は驚くかもしれない。

 その後、全年齢版として『Fate/stay night[R?alta Nua]』がPS2・PSVitaに移植され、2018年時点で18禁版と全年齢版を合わせた販売実績は50万本【※】にも及ぶとのこと。

※“CEDEC2018”にて“TYPE-MOON”公式より発表。

 では、そんな『Fate』がここまで多くのファンを惹きつけた理由は何だったのだろうか?

★『Fate』シリーズ原典の魅力
・ケタ違いに中二病全開のストーリー
・個性豊かすぎる魔術師&サーヴァントたち
・胸アツの3大ルートと豊富なバッドエンド

ケタ違いに中二病全開のストーリー

 『Fate/stay night』にて主軸として描かれているのが、“聖杯戦争”という万能の願望器・聖杯を巡る魔術師たちの争い。

 この戦いでは、聖杯によって選ばれた7人の魔術師が、それぞれがサーヴァントと呼ばれる古今東西の英雄の霊(=英霊)を召喚し、バトルロイヤルをくり広げていく。

(画像はニコニコ動画『TVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#00 プロローグ』より)

 超常的な異能を武器に人知れず、闇討ち、だまし討ち、なんでもアリの乱戦に臨む各陣営。その思惑は複雑に絡み合うことに。

 そんなデスマッチに、半ば強引に巻き込まれる形になってしまった主人公・衛宮士郎と、サーヴァント・セイバーの活躍は見応えバツグン。

(画像は『Fate/stay night』PVより)

 ちなみに、『Fate/stay night』における“聖杯戦争”は史上5回目のものとなっており、過去の戦いの模様は『Fate/Zero』やそのほかの外伝的作品で触れられている。

 そのため、シリーズを知れば知るほど“聖杯戦争”の謎が明らかになっていくというのも、ファン心理をくすぐる魅力と言えるだろう。

個性豊かすぎる魔術師&サーヴァントたち

 “聖杯戦争”には、さまざまな得意分野を持った魔術師たちが参戦。彼らは各々の果たすべき願いを叶えるべく、サーヴァントの力を借りて覇権を争う。

 登場キャラクターたちは、ゲームが世に出てから10年以上たったいまでも、現在進行形で掘り下げ続けられるほどの人気で、まさに『Fate』の魅力を語るうえで欠かせない存在となっている。

■魔術師
魔力を使ってさまざまな術を使う魔術使いの中でも、“根源”への到達を目指す者を『Fate』シリーズでは“魔術師”と呼称。“聖杯戦争”の参加者に選ばれた魔術師はマスターと呼ばれ、あらゆる願いが叶うとされる“聖杯”を手に入れるための戦いに身を投じることとなる。

■サーヴァント
あらゆる伝説や伝承の英霊が、マスターの召喚に応じて使い魔化したもの。サーヴァントには、セイバー、ランサー、アーチャーといったクラスが割り当てられている。各々、生前のエピソードなどをもとにした武装“宝具”を所持しているが、使用すると素性がばれてしまう=弱点を探られてしまうため、ここぞという場面の切り札的な存在。

(画像は『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] / 2ndシーズン PV第2弾(開幕告知PV)』より)

 『Fate/stay night』には上記画像のような、可憐な少女マスター×大男のサーヴァントといった組み合わせも登場。

 こちらの少女は、イリヤことイリヤスフィール・フォン・アインツベルンちゃん。見かけによらず魔術師としてスゴ腕の実力を持ち、士郎たちの前に幾度となく立ちはだかることに。

 また、彼女が従えるバーサーカーは最強のサーヴァントと目されており、“宝具”の性能も反則スレスレ。正体はとある神話の超有名な英雄……でありながら、バーサーカーのクラスで召喚されたことにより知性の失われた狂戦士と化している。

胸アツの3大ルートと豊富なバッドエンド

 『Fate/stay night』は、おもに3つのルートで構成されており、各ルートの中心となるヒロインや“聖杯戦争”そのものの展開は大きく変わってくる。

 どの陣営が、いつ、どんな形で脱落していくかによって、キャラクターたちに対する印象も様変わりするのが本作の魅力。

 また、選択肢次第で士郎が見るも無残な死を迎えることもしばしば。

(Google画像検索「Fate バッドエンド」)(Google画像検索「タイガー道場」)

 あまりにも多すぎるバッドエンドの後には、本編のシリアスな雰囲気から一点、コミカルに振り切った“タイガー道場”がプレイヤーをお出迎え。

 こちらは、士郎の姉的存在・藤村大河と、本編でマスターとして活躍するイリヤが、なぜバッドエンドに突入してしまったかのヒントを教えてくれる解説コーナー。

 しかし、解説コーナーとは名ばかりで、ストーリーの裏話やメタ話をくり広げる回も多く、この“タイガー道場”じたいをコンテンツとして楽しむファンも少なくなかった。

 思えば、こういった形で公式みずから“キャラ崩壊”させていく懐の深さが、その後のシリーズ展開や二次創作ジャンルとしての人気獲得にも繋がっていたのかもしれない。

アニメ・映画化作品から見る『Fate』の魅力

 PCゲームを祖とする『Fate』シリーズは、その人気からアニメ化や商業ゲーム化など、さまざまなメディアミックスが打ち出されてきた。

 ここからは、そんな本シリーズを世に広く知らしめることとなった映像化作品たちを、網羅的に紹介していく。

★アニメ・映画化作品
・『Fate/stay night』
・『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』
・『Fate/Zero』
・『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』
・『Fate/Apocrypha』
・『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』
・『衛宮さんちの今日のごはん』

アニメ『Fate/stay night』 (画像はアニメ『Fate/stay night フェイト/ステイナイト』公式サイトより)

 原作の発売から2年後、2006年に手がけられた本シリーズ初のアニメ作品

 ストーリーはいわゆる“セイバールート”と呼ばれる第1の物語“Fate”が主軸。オリジナルエピソードを交えながら、士郎とそのサーヴァントであるセイバーの絆を中心に描いていく。

 見た目は小柄な女性ながら、達人級の剣の腕前と膨大な魔力を持つセイバー。彼女の生前の姿や、聖杯に望む願いとはいったい……? そして士郎がマスターとなったことで、彼女の心情にどのような変化が生まれていくのか、というのが大きな見どころ。

 また、原作では直接描かれなかったバーサーカー対アーチャーの戦いが映像化されており、アーチャーファンなら見逃せない作品だ。

(Google画像検索「アーチャー かっこいいポーズ」) 劇場版『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』 (画像はアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』公式サイトより)

 こちらは、2010年に公開された本シリーズ初の劇場版アニメ作品。

 その名の通り、ストーリーは原作第2のルートである“Unlimited Blade Works”がもとになっており、士郎が密かに想いを寄せる同級生・遠坂凛がヒロインの座に就いている。

(画像は『Fate/stay night』PV 第3弾より)

 ややポンコツでツンデレな凛の魅力もさることながら、凛の従える謎多きサーヴァント・アーチャーの驚くべき正体が判明するのもこのルート。

 “正義の味方”という理想を追い求める余り自己矛盾を抱える士郎と、それを真っ向から否定しにかかるアーチャーとの決戦、そしてクライマックス……と名場面の連続となっている。

 それゆえファンからの人気も根強く、2014年には本映画がベースのTVアニメシリーズ版が2クールにかけて放送された。

TVアニメ「Fate/stay night [Unlimited Blade Works]」#00 プロローグ アニメ『Fate/Zero』 (画像は『Fate/Zero-アニメ公式サイト-』より)

 2011年より分割2クールで放映され、『Fate/stay night』の前日譚となる“第四次聖杯戦争”を描いたアニメ作品。

 原作のライトノベル版『Fate/Zero』は、『魔法少女まどか☆マギカ』の脚本としても知られる虚淵玄氏が執筆しており、士郎の父親である衛宮切嗣(えみや きりつぐ)を主人公に据え、虚淵氏ならではの凄惨かつ色濃い物語がufotableの手がける美麗な作画に乗せて送られた。

 戦いの果てに切嗣がつかんだもの、そして士郎に受け継いだものとは何だったのか。『Fate/stay night』へと繋がる物語が語られているので、ファンとしては押さえておきたいところ。

(画像はニコニコ動画『Fate/Zero PV』より) アニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』 (画像は『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』公式サイトより)

 突如“魔法少女モノ”としてスピンオフを果たしたマンガ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』が、2013年にまさかのアニメ化。

 主人公は原作でも人気のキャラクター・イリヤ……なのだが、このイリヤが魔法少女になって活躍するという、原作を知っているファンほど驚きが強くなるストーリーになっている。

(画像は『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』先行PV第3弾より)

 さらには、天才クーデレっ子の美遊や、イリヤと瓜ふたつなキス魔の褐色っ子・クロエといったライバル魔法少女も登場。イリヤの日常や、義兄の士郎への淡い恋心はどうなってしまうのか!?

 ……というような、完全に『Fate/stay night』とは切り離された女子小学生パラダイスを堪能できる(物語の最初のほうは)。

 ちなみに、現在までにアニメ第4期までが放送済み。2017年には劇場版も公開され、2018年12月22日にはOVAの制作が決定するなど、スピンオフの枠に留まらない大人気シリーズと言える。

【OVA制作決定!】どうぞご期待ください!#prisma_illya pic.twitter.com/xiIOJyef1w

? プリズマ☆イリヤ公式アカウント (@prisma_illya) 2018年12月22日

アニメ『Fate/Apocrypha』 (画像はアニメ『Fate/Apocrypha』公式サイトより)

 『Fate/Zero』よりもさらに以前の、“第三次聖杯戦争”を舞台に展開される本作品。もっとも、その内容は『Fate/Zero』には直接的にはつながらないパラレルワールドという位置づけ。

 主人公は、審判役として召喚されたルーラーことジャンヌ・ダルクと、自我を持ってしまったホムンクルスのジークという異色のタッグ。

(画像はTVアニメ『Fate/Apocrypha』 PV第2弾より)

 また、“聖杯戦争”としては珍しい、ふたつの陣営による勢力戦“聖杯大戦”の様相を呈しているのも本作の特徴となっている。

 そんな本作はApocrypha(外典)ながら根強い人気を誇り、2017年にアニメ化を果たしている。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』 (画像は劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 2.lost butterfly』公式サイトより)

 いわゆる“桜ルート”として知られる“Heaven’s Feel”が、2017年より劇場3部作として待望の映像化。

 原作中でもっともボリュームがあり、なおかつ“聖杯戦争”そのものの核心に迫るシリアスなルートとなっており、Trueエンドとの呼び声も高いシナリオだ。

(画像は『劇場版「Fate/stay night[Heaven’s Feel]」第一章/本予告 | 2017年10月14日公開』より)

 士郎を「先輩」と慕う間桐桜をヒロインに、度重なる苦難や葛藤に直面していく士郎は、“Fate”とも“Unlimited Blade Works”ともまったく異なる決意を固めていくことになる。

 2019年1月12日全国ロードショーの第2部、その後に公開される第3部は、ぜひともスクリーンでその目に焼き付けたいところ。

アニメ『衛宮さんちの今日のごはん』 (画像はアニメ『衛宮さんちの今日のごはん』公式サイトより)

 原作で主人公を務める士郎の、料理が得意という設定に焦点を当てた料理漫画。2017年末よりアニメ化され、毎月1話ペースで放映中。2019年1月1日に最終話を迎える。

 本作は、『Fate/stay night』作中で熾烈な戦いをくり広げていたサーヴァントたちとも同じ釜の飯を食うというハートフルな世界観で物語が進んでいく。

(画像はニコニコ動画『衛宮さんちの今日のごはん 第二話「鮭ときのこのバターホイル焼き」』より)

 緻密な料理描写と丁寧なキャラクター描写も相まって、ファンからはセイバーの宝具である“全て遠き理想郷”になぞらえて“割と近い理想郷”と言わしめるほどの作品に仕上がっている。

 料理のテーマも季節に合わせた家庭的なものが多く、公式サイトではレシピも公開されているので気になる方はチェックしてみては?

⇒公式レシピ“3分で分かる!衛宮さんちの今日のごはん”のページはこちら

主人公・衛宮士郎から見る『Fate』の魅力

 多くの派生作品があり、作品によって主人公が異なる場合がある『Fate』シリーズだが、原作『Fate/stay night』にて主人公を務めた衛宮士郎が、『Fate』の主人公というイメージが一般的ではないだろうか。

(画像は『Fate/stay night』キャラクター別番宣CM第3弾”衛宮士郎ver.”より)

 せっかくなので、今回はまだ原作に触れていないという方のために、士郎の人間性とその魅力についても紹介していきたいと思う。

★衛宮士郎の魅力
・“正義の味方”を夢見る青年
・一点特化すぎる魔術の才能
・単なる人格破綻者か、頼れるヒーローか

“正義の味方”を夢見る青年

 高校2年生の士郎は、『Fate/stay night』の時間軸から10年前に起こった“冬木大災害”に巻き込まれ天涯孤独となるという過去を持っている。

(画像は『Fate/stay night』PV 第3弾より)

 そんな幼少期の士郎を救い、養子として迎え入れたのが『Fate/Zero』の主人公・衛宮切嗣。

 切嗣を慕っていた士郎は、切嗣のようになること、ひいては“正義の味方になる”ことを決意。こうした士郎の気高くも青臭い理想は、呪いのように彼を縛り、いつしか彼の行動原理そのものとなっていく。

(画像は『Fate/stay night』PV 第3弾より)

 「誰かを救うということは、他の誰かを救わないということ」という切嗣の言葉にもある通り、ある種歪んだ理想を掲げる士郎が、その自己矛盾に対しどんな解を得るのかというのが、『Fate/stay night』の大きな見どころでもある。

一点特化すぎる魔術の才能

 大きな理想を抱えながらも、ふだんは等身大の青年として描かれている士郎。

 彼が正義の味方となるべくもっぱら請け負っていることといえば、ほぼほぼ便利屋のようなものだった。

(画像は『Fate/stay night』PV 第3弾より)

 その内容は、彼が使える数少ない魔術である“構造把握”や、“強化”をなんとか駆使して、壊れたストーブを修理するといった類。

 一応、“投影”によって物の外見だけを真似たガラクタを生み出すこともできるみたいだが、魔術師としてエキスパートの凛から言わせれば「へっぽこ」という力量しかない。

 しかし、これらの魔術は士郎の成長とともに点と点が線でつながるように、ある到達点へと至るもので……。一見では取るに足らない個々の魔術が、使いかた次第で英霊をも凌駕する武器になる……というカタルシスを、とくに“Unlimited Blade Works”ルートにて味わえる。もちろんアニメでも。

(画像は『Fate/stay night』PV 第3弾より) 単なる人格破綻者か、頼れるヒーローか?

 『Fate/stay night』のバッドエンドの豊富さは、士郎のお人好しすぎる性格に起因しているケースも少なくない。

 お人好しと言えばまだ聞こえがいいのがだが、士郎の場合は単に“人がいい”だけでなく、自己犠牲を何とも思わないという異常性がタチの悪さに拍車をかける。

(画像は『Fate/stay night [Unlimited Blade Works] 』/ 2ndシーズン PV第2弾(開幕告知PV)より)

 ときには、英霊同士の異次元の戦闘に割って入って命を落とすなどの、犬死ににしか思えないような理外の行動を取ることも。

 それほどまでに士郎の「誰かを救いたい」という想いは根深く、人間として壊れてしまっていると評される場合もある。それゆえ、ファンの間では「好き嫌いがはっきりわかれる」と言われることも多い。

 そんな士郎の異常性の根源にあるものを、セイバー、凛、桜の3大ヒロインはそれぞれのルートにて異なるアプローチからひも解いていく。

(画像は『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』 / BD-Box 2 発売告知CM 第2弾より)

 それらのピースがすべて出揃った結果、プレイヤーにとって果たして士郎はどんな人物に映るのか。 

 確かに万人受けはしにくいキャラクターなのだだが、それだけに味わい深いというのが士郎の持つ最大の魅力なのだろう。

年末充実の配信で『Fate』を楽しもう

 いまなお色褪せぬ没入感を誇る原作を筆頭に、数多くの媒体で縦横無尽に展開されている懐の深さこそ、『Fate』シリーズの魅力。

 中二病的な雰囲気が好きな方、伝奇モノが好きな方、異能バトルが好きな方、はては可憐なロリっ子が好きな方まで、いずれかの派生作品に何かしら刺さるものがあったと感じた方も多いハズ。

 この年末、、『Fate』作品の配信は充実しているので、ぜひこの機会に『Fate』作品に触れてみてはいかがだろう?

Fate Project 大晦日TVスペシャル 2018

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]#00-#25一挙放送

―あわせて読みたい―

・『Fate』はいつから始まったの? そもそもどんな物語なの? 今からでもわかるFateシリーズの歴史について細かく解説

・『Fateシリーズ』愉悦部もニッコリな言峰綺礼イラストまとめ【#言峰綺礼生誕祭2018】

・中二病の夢“光る紋章”を作ってみた! コスプレに最適な『Fate』令呪に「素晴らしい発想」の声