沖縄出身者が地元の家庭料理レシピを披露! 「中身汁」「ゴーヤチャンプル」「にんじんしりしり」「ヒラヤーチー」を一気に紹介

沖縄出身者が地元の家庭料理レシピを披露! 「中身汁」「ゴーヤチャンプル」「にんじんしりしり」「ヒラヤーチー」を一気に紹介

沖縄出身者が地元の家庭料理レシピを披露! 「中身汁」「ゴーヤチャンプル」「にんじんしりしり」「ヒラヤーチー」を一気に紹介の画像

 今回紹介するのは、あいくろうさん投稿の『【家庭料理祭】元うちなんちゅによる沖縄家庭料理』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

地元沖縄の家庭料理を引っ提げて家庭料理祭に参加させていただきます。

【家庭料理祭】元うちなんちゅによる沖縄家庭料理

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

 沖縄出身だという投稿者のあいくろうさんが、地元で食べていた家庭料理のレシピを紹介しています。中身汁、にんじんしりしり、ゴーヤチャンプル、ヒラヤーチーの4品です。

 1品目は中身汁。豚のモツをメイン食材にする汁物です。モツはしばらくゆで、湯切りしたあと小麦粉をまぶし、よく揉み込み、洗い流して、またゆでます。これを繰り返し、臭みを取ります。

 しいたけ、こんにゃく、かまぼこの下ごしらえをします。

 かつおだしのつゆに、具を加えます。しょうゆと塩で味をととのえながら、10分ほど煮込むと完成です。

 2品目はにんじんしりしりです。千切りにしたにんじんをごま油で炒め、火が通ったらツナ缶を投入。水っぽさがなくなったらめんつゆを入れて完成です。

 3品目はゴーヤチャンプルです。こだわりは、チューリップのポークランチョンミート、別名スパムです。沖縄に住んでいる人からすると、豚肉よりもなじみがあるそうです。

 ゴーヤとスパムを炒めたら、水切りをした木綿豆腐を加え、最後に溶き卵。全体に絡んだところでめんつゆで味付けをします。

 最後にヒラヤーチーを紹介します。小麦粉と水を70グラムずつ用意します。そこへ卵を1つ割り入れ、粉末かつおだしを加えよく混ぜます。

 具はなんでもいいですが、定番はニラ、紅ショウガ、ツナです。具を加えて混ぜ、フライパンで焼けば完成です。

 4品が完成しました。沖縄では人を集めて飲み会をする場面が多々あり、中身汁は、そういった場でよく振る舞われます。めったに作るものではないので、あいくろうさんも作ったのは初めてだそうです。

 中身汁は少し手間ですが、それ以外は、お手軽でマネしやすいレシピです。もっと詳しく知りたい方は、ぜひ動画をご覧ください。

視聴者コメント

うまそう
くゎっちーやさやー
すごい
盛り付けもお上手
麺つゆ万能

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

『【家庭料理祭】元うちなんちゅによる沖縄家庭料理』

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

・サーターアンダギーの作り方をお姉さんが教えます! 外はサクサクッ中はふわふわっ沖縄の郷土料理をめしあがれ

・沖縄の天ぷらは”ウスターソース”をかけるってホント? ニコニコバスツアー〈沖縄世界旅編〉でやんばる3村を巡ったら絶景・グルメ・異文化と魅力たっぷりだった

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?