引きこもり生活が極まった自分用に「死活監視システム」を作ってみた! 一定期間トイレを使わないとLINE通知が飛ぶ便利な仕組み

引きこもり生活が極まった自分用に「死活監視システム」を作ってみた! 一定期間トイレを使わないとLINE通知が飛ぶ便利な仕組み

引きこもり生活が極まった自分用に「死活監視システム」を作ってみた! 一定期間トイレを使わないとLINE通知が飛ぶ便利な仕組みの画像

 今回紹介するのは、kohack_vさん投稿の『ひきこもり極まった自分用「死活監視システム」』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

システム的には、M5StickC PlusというWiFi/Bluetooth内蔵マイコンを使用し、PIRセンサ(人感センサ)で人を検出してIFTTTというWebサービスを通じてLINE通知を送っています。
M5StickC Plusの勉強も兼ねて半日ほどで作りました。

ひきこもり極まった自分用「死活監視システム」

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

 投稿者のkohack_vさんが、引きこもりを極める自分用に死活監視システムを作りました。

 「M5StickC Plus」という手のひらに収まるサイズのマイコンをベースにしています。人感センサーにより人の動きを感知できるようになっています。

 トイレ前などに設置して使います。一定期間以上、人を検知しなかった場合に家族のLINEに通知します。その後、人を検出した場合には再度通知します。

 非常にシンプルな仕組みで使いやすそうです。「欲しい」と感じる人もいるのではないでしょうか。kohack_vさんはM5StickC Plusの勉強も兼ねて半日ほどで作ったそうです。

視聴者コメント

需要すごいありそう
シンプルで良い
技術部すげぇ
自作か、すげえ
わりと真面目にジジババに持たせたい

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

『ひきこもり極まった自分用「死活監視システム」』

投稿者をフォローして新着動画をチェック!

―あわせて読みたい―

・名画『牛乳を注ぐ女』に入ってやりたい放題してみた! 女を投げ倒し、牛乳をぶちまけ、パンを払い落とすために使った技術はけっこう高度

・「ミクと一緒に踊る夢」を叶えた男――話題の動画『自分を3Dスキャンして遊んでみた』作者に話を聞いてみた

関連記事(外部サイト)