新時代の踊りの祭典『ダンマスワールド4』レポート 総勢297名のダンサーがガチ、コミカル、キュートと幅広い演技を披露! 感動のラストを迎えた計4時間超えの模様を振り返る

新時代の踊りの祭典『ダンマスワールド4』レポート 総勢297名のダンサーがガチ、コミカル、キュートと幅広い演技を披露! 感動のラストを迎えた計4時間超えの模様を振り返る

新時代の踊りの祭典『ダンマスワールド4』レポート 総勢297名のダンサーがガチ、コミカル、キュートと幅広い演技を披露! 感動のラストを迎えた計4時間超えの模様を振り返るの画像

 ニコニコ動画の人気カテゴリ「踊ってみた」文化を盛り上げる公式イベント「ニコニコダンスマスター」通称ダンマスが、新時代の踊りの祭典へと進化した 「ダンマスワールド」。
 そんな「ダンマスワールド」第4回目の公演となる 『ダンマスワールド4』 が7月30日(土)、KT Zepp Yokohamaにて有観客開催されました。

 万全の新型コロナウイルス対策が敷かれた今回の『ダンマスワールド4』は、改めて一人一人のアーティストと、しっかり向き合う真摯なスタイル。
 各アーティストのパフォーマンスは、お笑いからガチ、キュートに心揺さぶる演目から感動のダンスと振れ幅の大きなカオス展開。
 見るものをジェットコースターのような感情の渦に巻き込み終始圧倒するその様子は、さながら“戦闘力の高いアーティストの群れ”。

 また、ラストにはギラン・バレー症候群と生きる、あやなななが自らの足で舞うという驚きと感動をもたらす演出が。

 『ダンマスワールド4』の表情は第一部と第二部で全く異なる構成となっているため、その熱く盛り上がる会場とコメントの様子を本記事でたっぷりとお届けします。

「ダンマスワールド4」公式サイトはこちら

■『ダンマスワールド4』はメッセージ性と深い世界観で開幕!

 雨音が響きスモークの焚かれるステージ。
 オープニングパフォーマンスに選ばれたのは、ウィル、いっとんによる「光よ」。
 “マリオネットの葛藤”を思わせるストーリー仕立てのダンスは圧巻の演目となり、『ダンマスワールド4』第一部の方向性を示してくれました。

 そのまま、「EDEN」、「粗製濫造」、「拍手喝采満員御礼」と出演者全員でのパフォーマンスが続き、それぞれが持ち味を活かしたダンスで個性豊かな一体感を演出。

 5曲目は「踊」。アナタシアのハイクオリティなブレイキンがバツグンのチームワークで紡がれていくと、オーディエンスのテンションもブチ上げ。
 これに続いたのは、にっこりだんます調査隊による「にっこり^^調査隊のテーマ」。キュートなパフォーマンスで会場にほっこりとした空気をもたらします。

 ここで気づかされるのは、『ダンマスワールド4』の挑戦。
 各アーティストのパフォーマンス毎に的確な幕間を設け、会場にニコニコのコメントを流さないというストロングスタイルでステージが構成されているのです。
 この点からも「アーティストのパフォーマンスをしっかりと魅せたい」という意気込みが伝わってきます。

 続くTOBY HOMESによる「劣等上等」では、パワフルなダンスでフロアはさながらストリートに。
 そして、「神のまにまに」で挑む稲荷兄弟。
 自ら着物をアレンジリメイクしたという和風創作衣装で、息の合った柔らかなダンスを披露。

 会場を“カワイイ”で包んだのは、「チャイナアドバイス」で挑む113%(ゆきりぬ×ぁぃぁぃ)。
 チャイナドレスでのキュートなパフォーマンスに、「もう虜になってます」「虜になっとるで」「チャイナ風かわいい」とコメントも大興奮。

 続いて、黒×白枠が「ちゃんとあるよ」、「START UP!」という対照的な2曲を披露。
 「ちゃんとあるよ」で孤独からの解放をストーリー仕立てのエモいパフォーマンで繊細に魅せたかと思えば、「START UP!」では“無敵感”すら感じられるほどのキラキラパフォーマンスで、コントラストを際立たせました。

■第一部中盤戦はキュートにクールにカオスな「45秒」!?

 中盤戦は、オーディエンスを魔法世界へ誘う、やこわたぺんたによる「魔法少女とチョコレゐト」でスタート。
 キュート過ぎる3人の魔法少女には「魔法少女やめないで!」「ずっと魔法少女でいて!」とのコメントが寄せられることに。
 ちなみにMCパートで選曲の理由を問われた足太ぺんたは「魔法少女になりたかったので!」と回答。

 雰囲気をガラリと変えたのは、SHARE LOCK HOMESの「アクセル!!」。
 オリジナル曲でのパフォーマンスということもあり、ダンスはもちろん一人一人が表情でも魅せるパーフェクトなステージ。
 会場の手拍子はもちろん、コメントでも「( ゚∀゚)o彡°ハイ!( ゚∀゚)o彡°ハイ!( ゚∀゚)o彡°ハイ!( ゚∀゚)o彡°」が画面を埋め尽くすこととなりました。

 「ブラザービート」で挑む酢豆ほいるえてぞう(仮)の面々は、おそろいのスーツで愛嬌たっぷりなステージを披露。

 そして会場には「45秒」スペシャルコンテスト映像が流れ、そのまま「45秒」スペシャルコンテンツがスタート。
 参加アーティストが思い思いのパフォーマンスを45秒で魅せるというまさにカオスなステージ。
 フラフープ、演劇、ブレイキン、45秒のタイム計測と様々なパフォーマンスが同時進行する中で、ご紹介したいのが45秒間のアブローラー立ちコロに挑んだ、あぶにぃ。
 「この日のために仕上げてきました」というバキバキの腹筋には喝さいが贈られました。

 「45秒」スペシャルコンテンツはタイムシフトで何度も見返し、アーティスト毎に注目して楽しむこともオススメです。

■ラブジェネ22クリエイターと合格者によるパフォーマンス!

 続いてはラブジェネことLOVE GENERATION 22スペシャルコンテンツ。
 クリエイターと合格者がともにステージを作り上げていきます。

 まずは、ぴのぴ×めーとる×りりり×#コンパスチーム。
 「スティールユー」、「惑星のダンスフロア」、「やどりぎ」、「オシオキGIMMICK!!」、「リズム」という5曲をパワフルかつメロディアスに表現。
 また、コンパスチームの合格者、聖寿莉・小倉れん(おぐれん)・ものくま・おたきあげ・るなち・MZAの発表は、なんと豪華に「カードガチャ演出」での紹介!
 これにはコメントも「演出最高」「羨ましい!」「ガチャあがるよね!」と絶賛。

 続いては、KADOKAWA DREAMSチーム。
 「ヒビカセ」、「唯一、愛ノ詠」、「夜撫でるメノウ」、「Ready Steady」、「グッバイ宣言」という5曲を圧倒的スキルで届けます。
 「ダンマスワールド3」に続き2度目のダンマスワールド出演となるKADOKAWA DREAMS。
 前回出演時はダンスバトルに自分たちの世界観を持ち込むというハードなダンススタイルを貫きましたが、今回は前回対戦者らのテイストも見事に取り入れるという柔軟かつエンターテインメント性あふれるステージで合格者、2ne・みんなのせい坊・ゆい の花道を飾りました。

 そして泣く子も笑う、ラブマツ×スシローチーム。
 「スシロー行きたい」、「おじゃま虫」、「エイリアンエイリアン」という3曲に演劇パートをミックス。
 もちろん今回も見るものを笑いの渦に巻き込むラブマツワールドは留まるところを知りません。
 アッと驚く演出だけでなく、矢継ぎ早に届けられる早着替え、そして「50回×3くらい練習しました!」というパーフェクトなまでに映像とマッチするリップシンク。
 また、合格者せせり・☆はるにゃん☆・まいる・梅かっぱもコメントを求められると「もっと可愛い衣装をきて踊れると思ってました!」と嘆くなどすっかりラブマツワールドの一員に!?

■第一部もいよいよ終盤戦。ラストには感動の紙吹雪が

 「ストレンジラブ」で儚い男女の関係性をパフォーマンスで表現したのは、@小豆@大豆(@小豆×喘息)。
 ホワイトを基調とした揃いの衣装とパフォーマンスで「Surges」を魅せる、7716/?。

 そして、「テオ」を見事なコラボで表現したのは、アナタシア+りりりコラボ。
 黒と金のドレッシーな衣装に身を包んだ、アナタシアメンバーとりりり。
 運動量も多く切れ味バツグンなアナタシアの世界でセンターを務めるりりりは、見事なブレイキンを魅せるなど観客を沸かせます。
 このパフォーマンスにはコメントも「ヤバい泣きそう……」「今日一沸いた!!!!!」「爆上がりしてる」と大爆発。

 さらにオーディエンスのテンションを加速させたのは、「Sweet Devil (colate remix)」をチョイスしたSHARE LOCK HOMES。
 ロボットダンスを取り入れ、緩急を使い分ける多彩なパフォーマンス。極めて高いスキルがメンバー毎に披露されるなどそのパフォーマンスには圧倒されるばかり。

 そして、第一部のラストを飾ったのは、佐藤家で「瓦礫の塔」。

 「全力をしのぐ全力」

 まるで命を燃やしているかのような感情を揺さぶるエモーショナルなダンス。
 さらにダンマスワールド初となる美しい紙吹雪の演出が加わると、「これは泣いちゃうって……」「涙で前が……」「今まで堪えてたのに」と感極まるものが続出という熱いエンディングとなりました。

■第二部は#コンパスがハイテンションにブチ上げスタート

 第二部のロケットスタートを飾ったのは、#コンパスのヒーローたちがダンサーとして登場する、ライブ体感型リズムゲーム『#コンパス ライブアリーナ(#ライアリ)』。
 「ダンスロボットダンス」、「劣等上等」、「右肩の蝶(リン ver.)」、「右肩の蝶(レン ver.)」、「アリスブルー」、「惑星ループ」と#コンパスの世界観が体感できる6曲メドレーを「チーム #コンパス」の面々が個性豊かに表現。

 また、トークパートでは#ライアリに嬉しいお知らせも。
 なんと、ありく、りりり、足太ぺんたの3名が新たに振付け提供をしたとの秘匿情報が!
 今後、ゲーム内で随時展開されていくそうです。

 続くおでんガールズは切れ味鋭く激しいパフォーマンスで「サラマンダー」を披露。

 「ニューダーリン」に乗せ、洋館での恐ろしい出来事を抒情的なダンスと語りでミュージカル調に魅せる、ぶっきー??えてろ??ぼたん??平来ミナ??まぁり。
 そのストーリー展開はまさにホラームービー!ラストには「ぎゃぁ」「鳥肌」「こわいw」との言葉が飛び交いました。

 同じくショーで世界観を変えたのは、SAY SHOW 納言(市川、ねこわかめ、安藤未知、わに、梅かっぱ)+きつねこあら。
 伝説のアイドルに会うため「太陽系デスコ」に乗せ、知恵と友情と最高の盛り上がりを磨くSAY SHOW 納言。
 その実力が認められ、伝説のアイドルが降臨すると、「きつねこあらww」「おかんー!!」「おれたちのおかん」とコメントも大盛り上がり。

 「ロウワー」でオタ芸の新たな可能性を美しくクールに感じさせたのは、メンバーが4人増えフレッシュな顔ぶれとなったGinyuforcE。

 「CH4NGE」、「劣等上等」、「G4L」のメドレーを激しいダンスでカッコよく妖艶に魅せる、こじとり×チェゴ。
 そして「アニマル」を洗練されたチームワークとクオリティ高過ぎなパフォーマンスでキメたのは、SHARE LOCK HOMES×アナタシアの強すぎ最強コラボ。

■第二部中盤戦はダンスバトルにTikTokスーパーメドレー!?

 「ダンマスワールド3」で大好評だった、『「踊ってみた」エキシビションバトル』が帰ってきた!

 各チーム45秒以内のムーブを1ラウンドとし、8ラウンド制でのダンスバトル。
 ニコニコ踊ってみた選抜(市川、きつねこあら、ネス、矢澤ないん、ラブマツ)vs KADOKAWA DREAMS。
 とらさんのDJに合わせ、ニコニコ踊ってみた選抜が笑いを交えた色とりどりなダンスで善戦するも、まさに“スキルの暴力”というKADOKAWA DREAMSがチームワークを活かしたパフォーマンスで僅差をものに。
 昨年の雪辱を果たし優勝トロフィーを手にしました。

 続いてはプラットフォームの垣根を超えた、TikTokスーパーメドレー。
 ニコニコを代表する踊り手たちが、中毒性の高い“ばえる”ショートダンスを次々と展開していきます。

 続いての楽曲は、「トンデモワンダーズ」。はちゃめちゃワンダーズ(まりん、まさと、わた、まなこ、たまひよ。)の面々が王子とプリンセスに扮し、華麗に舞いオーディエンスをうっとりとさせました。

■ラブジェネ22後半戦は夢の国に戦闘力の高そうな女の群れ!?

 続いてはラブジェネことLOVE GENERATION 22スペシャルコンテンツ後半戦。
 クリエイターと合格者がともにステージを作り上げていきます。

 まずは、うめにーなチームが「L愛KE」、「Casino」、「赤ネ鳳」、「威風堂々」の4曲を披露。
 コンセプトである“令和の牛泥棒を作る”の言葉通りに、ダンスクオリティはもちろん、クールな魅せ方と妖艶かつパワフルなパフォーマンスで独創的な世界観を作り上げます。
 素直・えとう・りンご・AMU・ォラ・兄兄・ぽるし・ほり という8名の合格者を加えたチームを、みうめは「戦闘力の高そうな女の群れ」というパワーワードで表現。
 これには「戦闘力の高そうな女の群れw」「間違いねえ」「かわいいのに戦闘能力高かったよー」とコメントも盛り上がりました。

 続く、ぶんけいチームは「合格者発表の前に、皆さんにご紹介したい人がいます。今年のラブジェネを象徴するような、歌って踊れる新人です」と、やまもとりんによる「生きる」特別演目からスタート。
 心に響く繊細な表現力と歌声で見るものを魅了します。
 そして、発表された合格者は、ありく。
 「ノンブレス・オブリージュ」をキレッキレのパフォーマンスで披露すると、ありく×にゃんたろによる振り付けの「魔法少女とチョコレゐト」を激しくも軽やかに披露しオーディエンスを沸かせました。

 そして、SHOJIN LABOチーム。
 うなぎ・ききょー。・木星ガール・ゆーてん・たいちPの5名に加え、現役テーマパークダンサーたちが参加し「Your Story#」を披露。
 まるで夢の国というテーマパークダンスが届けられると、配信参加者からも「すごすぎる」「ホントにショーだ!」「夢の国のチケ代:浮いたw」とのコメントが。

■「ダンマスワールド4」感動と驚きのラストは涙なくして語れない!

 「にっこり^^調査隊のテーマ」、「Ready Steady」、「ビターチョコデコレーション」、「ロキ」、「アイドル新鋭隊」、「セカイ」のメドレーをコスプレとカラフル衣装で色とりどりに表現したのは、GRL project。

 そして、「Mum」の世界観をSHARE LOCK HOMESが表現力とスキルで見事に届けると、やこわたぺんた+ワーワーワールド枠の面々が「ワーワーワールド」で一気に“かわいいワールド”に惹き込みます。

 チームワークバツグンの高速ダンスで「孤独毒毒」を魅せたのは、xxx project。
 ステージを広く使った激しいダンスが続いても、決して笑顔を絶やさない圧倒的パフォーマンスでアナタシアが「阿修羅ちゃん」を届けると、ステージはここで雰囲気を変えます。

 あやなななを映すムービー。

 それは、20歳の時からギラン・バレー症候群との生活が始まった彼女の凄まじいリハビリ映像。

 「2人でダンマスのステージに『立ちたい』」

 そんな言葉と共に、あやななな×momotaroが選曲したのは「LIFE」。
 車いすを活かした、指先にまでメッセージを張り巡らせる繊細なパフォーマンスが続く。

 そして、曲の中盤になると音は止み、会場全体が静寂に包まれます。

 差し伸べるmomotaroの手を取り、ゆっくりと立ち上がるあやななな。

 「生かしてくれてありがとう 声を張って叫ぶよ」

 ステージの感触を楽しむかのように素足で舞うあやななな。
 リハビリ映像が信じられないほどの軽やかなステップで確かにあやなななは舞っていた。

 「この景色は ここでしか見ることができない」

 鳴りやまぬ拍手と止まらぬ涙の中、ステージにポツンと残された車いす。
 それは、「立ち上がることに遅いことなどない」「一歩踏み出すことに勇気以外何もいらない」「“好き”だけを見つめ、Run! Run! Run!」そう語り掛けているようだった。

■関連番組一覧

1部メイン放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv336626209

1部ほぼ定点放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv336626335

2部メイン放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv336626293

2部ほぼ定点放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv336626373

舞台裏放送
https://live.nicovideo.jp/watch/lv336626397

 タイムシフト視聴期間は2022年8月29日(月)23時59分までとなっています。ネットチケットを購入すれば生放送終了後でも番組を視聴することが可能です。

※上記期間を過ぎると、視聴の途中であっても番組を見ることができなくなります
※ネットチケットは2022年8月29日(月)19:00まで販売しています

■チケット購入ページ
https://danmas-world.jp/ticket

■開催概要

■イベント名
ダンマスワールド4 ? Run! Run! Run! ?

■開催日時
2022年7月30日(土)
【1部】 開場13:15/開演14:00
【2部】 開場17:15/開演18:00

■会場
KT Zepp Yokohama

■主催
ドワンゴ UUUM

■協賛
#コンパス ライブアリーナ

■公式サイト
https://danmas-world.jp/

■Twitter
https://twitter.com/odottemita_PR

―あわせて読みたい―

・新時代の踊りの祭典『ダンマスワールド3』レポート 山之内すず、まなこ、アルスマグナ、RAB等… 踊り手&ダンサーが圧巻の演技で観客を魅了!

・踊りの祭典 「ダンマスワールド2」 イベントレポート! リモート開催で新たな可能性を感じさせる圧倒の演出

・「ダンマス ワールド」イベントレポート 現地参戦組からネット視聴者までもが見惚れてしまう熱いパフォーマンスが続々!

?

関連記事(外部サイト)