千花は本当にラブ探偵なのか? 『かぐや様は告らせたい』白銀会長とかぐやの勝敗結果から千花の活躍を調査してみた

千花は本当にラブ探偵なのか? 『かぐや様は告らせたい』白銀会長とかぐやの勝敗結果から千花の活躍を調査してみた

千花は本当にラブ探偵なのか? 『かぐや様は告らせたい』白銀会長とかぐやの勝敗結果から千花の活躍を調査してみたの画像

 現在、大好評放送中のTVアニメ『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

 本作は、名門校・秀知院学園の生徒会を舞台に、主人公の白銀御行と、ヒロインの四宮かぐやが、両想いの状態で“どちらが先に告らせるか”をめぐる駆け引きを描いた物語となっている。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 頭脳戦と言っても、張り合っていたと思ったら急に胸キュンな展開になったり、書記の藤原千花、会計の石上優も交えてワチャワチャとした展開になったり、対決はいつも右斜め上の結果となることばかり。

 とくに、ラブ探偵を自称するほどの“恋愛脳”かつド天然な千花は、勝負の発端を作ったり勝敗を決める要因になったりと、ふたりの恋愛頭脳戦を見るうえで重要なキーパーソンとなっている。

 そこで今回は、アニメ1話〜10話を対象に白銀とかぐやのそれぞれの勝敗結果をまとめ、そのふたりの勝負に千花がどのような影響を及ぼしているのか調査してみた。

かぐやと白銀のこれまでの勝敗結果

かぐやの勝利回数:12回
白銀の勝利回数:11回
ノーカウント:7回

 10話までのふたりの勝負は全30戦。勝敗はかぐやが12勝、白銀が11勝でかぐやがギリギリ勝ち越している結果に。

 両者勝利の円満ENDやその場にいた千花のひとり勝ちのケース、勝者が明言されないパターンが7回あり、これらはノーカウントとしてしてる。

 まずは、かぐや、白銀、それぞれの視点においての勝敗エピソードを見ていこう。

四宮かぐやの勝敗エピソード

 勝ち越しているかぐやではあるが、数多く仕掛けているのにも関わらずその成果はあまり得られていないのが現状だ。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より) かぐや勝利エピソード:第6話「かぐや様は気づかれたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 メイドの早坂に勧められ、ネイルをしてみたかぐや。それを白銀にアピールするも、なかなか褒めてもらえず。

 意気消沈して帰宅しようとした直前、いきなり現れて「その爪……」とだけ言い残し去っていく白銀。最後まではいかずとも、白銀に気が付いてもらえてかぐやの勝利

かぐや敗北エピソード:第3話「白銀御行はまだしてない」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 話題は雑誌にあった初体験の年齢のアンケートについて。ここでかぐやは「経験がある」と上級者アピールをする。

 しかし、話しているうちに初体験の意味をキスと勘違いしていることがバレてしまう。千花からその意味を聞かされ、顔を真っ赤にして敗北

失敗にもめげない恋愛乙女

 あの手この手で白銀から告白やデートの誘いをさせようとするかぐや。しかし、プライドの高さ、お嬢様気質などが敗因となり自爆してしまう展開が多め。

 その行動の原動力は白銀への想いに他ならない。そのため“かぐやが勝利=ふたりの関係が進展する”という展開も多い。今後もかぐやが勝利できれば、ふたりのニヤニヤ展開が再び訪れるかもしれない。

 しかし、かぐやが負ける展開でも、いじけたり、恥ずかしがたり、可愛らしい彼女を見ることができる。かぐや推しにとっては、勝ってほしいし負けてほしい、という究極の二択を迫られる状態だろう。

白銀御行の勝敗エピソード

 かぐやの仕掛けるトラップを潜り抜けてきた白銀だったが、残念ながら敗北数のほうが多く負け越してしまっている。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より) 白銀勝利エピソード:第3話「かぐや様は当てられたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 自分への理解度を試すべく、かぐやは白銀に“20の質問”を挑む。かぐやは「それを好きか?」という質問に、ほほを染めながら「YES」と答える。

 「自分のこと…?」と思った白銀だったが、答える直前にかぐやの性格を思い出し、罠に引っかからずに正解を言い当て勝利

白銀敗北エピソード:第8話「かぐや様は呼ばせたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」8話上映会より)

 白銀の妹、白銀圭が生徒会を訪れる。かぐやは家族ぐるみの付き合いを目指し圭にアピールを重ねるが、千花、石上の面々に阻まれてうまくいかず。

 しかし、最後には一緒に出掛ける約束を立ててかぐや勝利。一方、生徒会室に姿を見せなかった白銀は、後で圭に今日のことを尋ねるも「うっさい!」と一蹴されて、何があったのか知らないまま敗北

数々のトラップを乗り越えるハイスペック男子

 敗北数の目立つ白銀だが、上記エピソードのようにかぐやが勝利するため、その流れで必然的に敗北数を重ねているという傾向が見られる。

 一方、かぐやの仕掛けに引っかかりそのまま敗北、という展開は少ない。つまり、フェアな一騎打ちで恋愛頭脳戦を行えば、白銀が有利なのではないだろうか?

 勝利する際は、勝手にかぐやが自爆orスペックの高さが影響することが多い。前者はさておき、後者に関しては、頭の良さ、危機察知の能力の高さなど、天才たちの恋愛頭脳戦というタイトルに相応しい活躍を見せている。

かぐやと白銀、そして千花の関係性

 そんな白銀とかぐやの勝負に、自称ラブ探偵の千花が絡んだ回数は17回。勝敗を見ていくと、

白銀:4勝
かぐや:5勝
両者敗北:2回
両者勝利:2回
勝敗なし:3回

 若干かぐやの勝利が多いが、そこまで大きな差は目立って見えない。

 実際にどのように絡み、勝敗に影響を及ぼしたのか、印象的なエピソードを例に振り返ってみよう。

第1話「かぐやさまはいただきたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 お弁当を作ってきた白銀。かぐやは白銀の弁当を食べるために、あの手この手を使うが、作戦は成功せず。一方、千花は素直にお願いして白銀のお弁当を作ってもらって食べているという状態。

 お弁当を食べられなかったことに落ち込むかぐや。そんなかぐやを見て、千花はお弁当を分けてくれる。かぐやの勝利に貢献する結果に。

第5話「白銀御行は見せつけたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 バレーボール大会を控えた白銀。だが、彼は実は超が付く運動音痴だった。かぐやに「お可愛いこと」と下に見られないために、白銀は千花に秘密の特訓を頼み込む。

 数日後、苦しい修行の甲斐あって白銀は美しいサーブを習得。しかし、千花が達成感を感じたのも束の間「次はトスとレシーブを頼む(ニッコリ)」と地獄の練習続行のお願いが……。

 めでたく大会当日に白銀は大活躍し、かぐやはその姿にメロメロ。千花は巻き添えを食らったかたちではあるが、練習に耐えて成果を出せた白銀&千花の勝利

第6話「藤原千花はテストしたい」 (画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 千花の意向で心理テストを生徒会内ですることに。かぐやと白銀は、事前調査&警戒心の強さで、ひとまずここでボロを出さずに済む。

 すると、今度はPCから新しい問題を持ってくることに。お題は「お花を摘んだ量」を問う問題。ここで白銀は「トラックに詰めるだけ」と言ったが、これが示すのは「愛の大きさ」

 答えを見たのはかぐやだけだったが、意図せずにかぐやに愛の大きさを伝えてしまった白銀の敗北(かぐやの勝利)

千花が絡むことで白銀とかぐやの関係が深まる?

 パッと見、ふたりの勝敗に千花が影響を及ぼしているところはとくにないように見えるが、話の結末に着目するとあるひとつの説が出てきた。それは、「ふたりの勝負に千花が絡むことで白銀とかぐやの関係がとくに深まる」説。

 第1話「かぐや様は止められたい」では、デートに行こうとするかぐやを千花が止め、意図せずして白銀の心配を解消。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 第5話「かぐや様は差されたい」では、かぐやが練った計画を千花が壊したかと思いきや、結果的に相合い傘に成功。かぐやと白銀は素直な一面を見せ合えた。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 第7話「がくや様は入れたい」では、千花が文化部に白銀を勧誘。それに対抗するため、めずらしくかぐやが白銀を誘うという展開に。かぐやの積極的な行動を引き出した。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」7話上映会より)

 などなど、かぐやと白銀の距離が縮まったように見える終わりかた多い。他にもこういった展開は多数あり、回数にして……17回中13回。千花が絡む17回のうち、かぐやと白銀が直接絡まないエピソードも含まれるので、正確にはこれ以上に高い割合となる。

 どちらもお互いが好きすぎるから自然とそういう終わりかたが多いのでは? という疑惑もあるが、千花が無自覚にラブキューピットしているケースがあるのは事実。流石、ラブ探偵を自称するだけのことはある。

今回の調査まとめ

 今回調査してみてわかったことはおもにふたつ。

 ひとつは、勝敗は若干かぐやが勝率高めだが、まだイーブンの状態であること。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」9話上映会より)

 仕掛ける側であるせいか、現状はかぐやのほうが勝率は高い。しかし、そのかぐやも大差を付けているわけではなく、やってはやり返しての状況が続く。

 話の展開から、白銀のほうがアドリブ力もあり、直接対決ならば分があるように見えるが、千花、石上といった生徒会メンバーの存在もあるので、まだまだ勝負の行方は謎のまま。

 ふたつ目は、意外にも千花はキューピットになっているという衝撃の事実。

(画像は「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」1話〜6話振り返り上映会より)

 ふたりの勝負に大きく関わる千花。いろいろ引っ掻き回すことから「実は、ただの天然厄介少女なのでは?」という疑念もあったが、話の結末を見るとかぐやと白銀の関係進展に一役買っている様子。

 ふたりのどちらかを助けるというわけでもなく、中間地点に立ち続ける天然の恋のキューピット。今後千花がどうふたりの関係に影響を与えるのだろうか。

 まだ意地の張り合いは続いているものの、いろいろな勝負、出来事を重ねてふたりの距離は徐々に接近中。まだまだ先は長いが、ラブ探偵千花の活躍に期待しつつ、ふたりが結ばれる日を気長に待つことにしよう。

?

?赤坂アカ/集英社・かぐや様は告らせたい製作委員会

『かぐや様は告らせたい』も見れる! Nアニメはこちら

―あわせて読みたい―

・最終回に向けて話題になっているアニメって何? Google検索数で見た2019冬アニメランキングトップ10【6話終了時点】

・“釘宮病”患者に問う! 釘宮理恵が演じたイチバン好きなキャラは? シャナ、神楽、ルイズetc…中毒性が強いのは誰だ!?

・アニメ『五等分の花嫁』五つ子の中でスキンシップの多い子が判明! スキンシップ回数から姉妹のデレ度を調査してみた

ライター セスタス原川 カードゲームを愛して止まないフリーライター。現場で取材をしているときもあれば、選手として普通に大会に参加していたりもする。
学生時代に『生徒会の一存』にハマり、そこからはオタクロードまっしぐら。今ではジャンル問わず話題の作品はなんでも貪る。カードゲーマー、アニオタ、ライターのトリプルフェイスで活動中。 編集 竹中プレジデント フリーライター時代はファミ通Appでゲーム攻略記事を執筆。『ガルフレ(仮)』でスマホゲーム筆下ろし。
現在はニコニコニュースオリジナルの編集として、アニメやVTuber関連の記事を担当。二次元美少女に萌える日々。

関連記事(外部サイト)