今期の注目アニメは? 2019春アニメおすすめタイトル9選。新時代に乗り遅れるな!

今期の注目アニメは? 2019春アニメおすすめタイトル9選。新時代に乗り遅れるな!

今期の注目アニメは? 2019春アニメおすすめタイトル9選。新時代に乗り遅れるな!の画像

 2019年4月1日に新元号「令和」が発表され、いよいよ平成の終わりを間近に控えた今日このごろ。そう、間もなく本格スタートする2019年春アニメは事実上平成最後のアニメシーズンとなる。

 そして、4月といえば進学や就職などで新生活が始まる季節でもある。新しい人間関係において「え……○○クン、新アニメ見ておらず?浅ない??」といきなり躓いてしまうのは由々しき事態だ。

 そこで、この記事では新生活を迎える皆さんがコミュニティの話題についていけないカントリーボーイになってしまわないよう、2019春アニメおすすめ作品をピックアップして紹介。

 Nアニメの2019春アニメランキング上位4作品(4月1日時点)と、アニメを見るために実際に会社を辞めた経験を持つアニメ好きライターが個人的に注目しているタイトル5作品を合わせた9作品をお届けしていく。

・Nアニメ 2019春アニメランキング

Nアニメ注目の4タイトル(4月1日時点) 『ひとりぼっちの○○生活』 自己紹介程度でも極度の緊張で嘔吐してしまうヒロイン、一里ぼっちである……。
(画像は『ひとりぼっちの○○生活』PV第2弾より)

 Nアニメのランキングで堂々のナンバーワンに輝いた新アニメが、この『ひとりぼっちの○○生活』。本作は、2018年1月から放映されていた『三ツ星カラーズ』と同じカツヲ先生による漫画が原作だ。

 極度の人見知りかつあがり症の少女・一里(ひとり)ぼっちは、進学を機にたったひとりの友人で幼馴染の八原(やわら)かいと離れ離れになってしまう。「中学卒業までにクラス全員と友達にならない限り絶交」という約束をかいとかわしたぼっちが、不器用ながらも友達作りに奮闘していく姿を描いている。

 等身大だけどちょっと変わった人物を描いていることから心のどこか三ツ星カラーズの幻影を求めてしまうが、漫画原作を読んだ&PVを見た感じではしっかりニーズに応えてくれる手ごたえを感じた。

・TVアニメ『ひとりぼっちの○○生活』公式サイト

『ひとりぼっちの○○生活』1話は4月12日24時00分よりニコニコ生放送で上映

「ひとりぼっちの○○生活」1話上映会

『なんでここに先生が!?』 PV時点で既に謎の光!ジャパニメーションほんまありがとう……(泣)
(画像は4/7放送開始!TVアニメ「なんでここに先生が!?」PV第2弾より)

 Nアニメ期待値2位の『なんでここに先生が!?』は週刊ヤングマガジンにて連載中のタイトルで、女教師と生徒のカップルの物語がオムニバス形式で描かれる。

 掲載誌から薄々気づいた聡明な読者の方も多いかと思われるが、本作はかなりけしからん描写がウリのひとつ。完全に余談になるが、筆者は作者の蘇募ロウ先生が『艦これ』の同人誌を描いていた頃からのファン。当然本作の単行本も全巻抑え済みだ。

 このNアニメのランキングの結果には、「このエロ坊主どもが〜〜」という気持ちでいっぱいだが、何を隠そう自分も本作に登場する松風先生のことはかなり邪な目で見ていたので致し方なし。

・TVアニメ『なんでここに先生が!?』公式サイト

『文豪ストレイドッグス』(第3シーズン) やつがれマンこと芥川(やつがれは彼の一人称)。今期は彼の活躍はあるのだろうか。
(画像はTVアニメ『文豪ストレイドッグス』第3シーズンPVより)

 2016年10月から放送されていた2期から約2年半の時を経て、『文豪ストレイドッグス』が帰ってくる。本作は歴史上の文豪を登場人物のモチーフとしており、各文豪の代表作、その内容に因んだ異能を駆使して闘うアクション作品。

 主人公の中島敦が属する武装探偵社と敦を嫌悪する芥川龍之介が属するポートマフィア、ヨコハマに眠る願いを叶える本と敦の身柄を狙う組合(ギルド)の団長・フィッツジェラルドによる三つ巴の抗争が終結したのも束の間、抗争の間隙を突いて暗躍していた盗賊団・死の家の鼠の頭目である“魔人”フョードル・ドストエフスキーが動き出す。

 悪魔的な頭脳を誇る太宰と同等、もしくはそれ以上の頭脳を持ち、詳細不明だが触れただけで人を死に至らしめる異能すら備えるフョードルは何を目的として物語に絡んでくるのか。彼と敵対したとき、太宰や敦はどう彼に立ち向かうのか。

 停戦協定を結んだとはいえ友好的ではないポートマフィアや芥川の動向は? 第3シーズンではこの辺りに注目して観てみるといいだろう。

・TVアニメ『文豪ストレイドッグス』公式サイト

『女子かう生』 原作はノータッチですが、このまゆみちゃん?がイチオシになりました。
(画像はTVアニメ「女子かう生」PVより)

 本作は双葉社の作品を複数扱うアニメ枠のふたばにめ!内にて放送されるタイトルのひとつ。今期はこの枠に『女子かう生』『信長先生の幼な妻』『超稼働ガール1/6』の3タイトルが収められている。

 webコミックアクションで連載されている漫画原作はセリフを一切使わずに描かれるサイレント漫画だが、アニメ化に際してしっかり声優がキャスティングされていることから声じたいは発するようだ。

 漫画版を読んだことのない視聴者はもちろん、声がつくことで漫画版を既読の視聴者も新しいテイストを感じられる作品になりそうだ。

・TVアニメ『女子かう生』公式サイト

『女子かう生』1話(ふたばにめ!枠1話)は4月8日24時00分よりニコニコ生放送で上映

「超可動ガール1/6」「女子かう生」「ノブナガ先生の幼な妻」1話上映会

アニメ好きライターが選ぶ注目アニメ5選 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』 ならず者のビジュアルがすごすぎる。このセンスに期待特大!
(画像はTVアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」PVより)分身、飛行、腹筋爆弾の合わせ技で会場ごと破壊した漢・アレク。まさに破壊者!
(画像はTVアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」PVより)

 2019春アニメで絶対に外せないのがこの『キンプリ』。本作は2013年4月に放送された『プリティーリズム・レインボーライブ』に登場した男性プリズムスタァ達とその後輩にスポットを当てたスピンオフ的な作品。

 『レインボーライブ』で紆余曲折を経てユニットを組むに至った速水ヒロ神浜コウジ仁科カヅキ。そんなヒロ達Over The Rainbowのプリズムショーに魅せられてプリズムスタァの道を目指しはじめた少年こそ、本作の主人公である一条シンだ。

 過去に上映された劇場版ではシン達の所属するエーデルローズと、彼らを憎む法月仁が立ち上げたシュワルツローズとの対立が描かれたが本作はどのような展開になるのだろうか。

 そして、どのようなプリズムショーで我々の度肝を抜いてくれるのだろうか。劇場版では分身して編隊飛行してきた大和アレキサンダーが腹筋からエネルギー弾を投下してプリズムショーの会場を粉々に破壊した前科があるため、嫌が応でも期待が高まる。

・TVアニメ『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公式サイト

『世話焼きキツネの仙狐さん』 仙狐さんはいわゆるロリババア枠。可愛いと癒しを兼ね備える神使の狐だ。
(画像はTVアニメ「世話やきキツネの仙狐さん」PVより)

 2017年10月に連載がスタートして以来、異例の速さでアニメ化まで漕ぎつけたのが本作『世話焼きキツネの仙狐さん』

 社畜全開で疲れ切った主人公・中野のことを、神使の狐・仙狐さんがお世話をしまくってくれるという素晴らしい作品だ。甲斐甲斐しく世話をしてくれる仙狐さんによって徐々に癒されていく中野の姿に思うところがある社畜戦士たちは少なくないだろう。

 ……なんだか現代社会の抱える悲哀が垣間見える気がしなくもないが、そんな中野同様に日々の激務で摩耗しきった会社の歯車諸君にこそ強く視聴を勧めたい。

 仙狐さんに癒される中野の姿に己を投影すれば、会社の歯車から一個人としての存在であることを思い出せるかもしれないぞ。

・TVアニメ『世話焼きキツネの仙狐さん』公式サイト

『世話焼きキツネの仙狐さん』1話は4月9日23時00分よりニコニコ生放送で先行上映

「世話焼きキツネの仙狐さん」1話先行上映会

『Fairy gone フェアリーゴーン』 PVを見た限りでは激シブのおっさん、フリー。劇中でどんな活躍を見せるのだろうか。
(画像はTVアニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』PVより)

 『Fairy gone フェアリーゴーン』は漫画や小説に原作を持たないオリジナルアニメとして制作されたタイトル。

 動物に憑依することで不思議な力を与える妖精が存在する世界。この世界では、妖精の力を持った動物の臓器を移植することで妖精を分身として使役できる妖精兵が戦争の道具として使われていた。

 やがて戦争が終結し、役目を終えた妖精兵たちは行き場を失い、ある者は政府に、ある者はマフィアにと散り散りに野へ下っていった。そして戦後から9年が経過し、未だ不安定な情勢のなか、主人公の少女・マーリヤはとある事件に関わったことから妖精に関連する事件を調査、鎮圧する違法妖精取締機関・ドロテアに入隊することとなった。

 ……なんだか難しい世界観で、何を隠そう偏差値が2くらいしかない幼稚園児の筆者が選ぶにしては高尚に過ぎるタイトルだが、本作の制作は作画や色使いに定評のあるP.A.WORKSが担当している。そして、このリアル調の作画や舞台設定などが筆者の愛してやまないアニメである『閃光のナイトレイド』をどことなく連想させるがゆえの注目作品ノミネートと相成った。

・TVアニメ『Fairy gone フェアリーゴーン』公式サイト

『Fairy gone フェアリーゴーン』1話は4月10日23時30分よりニコニコ生放送で上映

「Fairy gone フェアリーゴーン」1話上映会

『みだらな青ちゃんは勉強ができない』 PV時点で作品の“色”がかなり出ている。好みの作品だ。
(画像はTVアニメ『みだらな青ちゃんは勉強ができない』第2弾PVより)

 だんだん自分らしいチョイスが出来てきたことに若干の充足感を覚え始めている。『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のヒロイン・堀江青ちゃんは家から離れた国立大の合格を目指して猛勉強するし成績もいい優等生系ガール。

 では、何が“みだら”なのか? じつは彼女の父親は売れっ子官能小説家であり、性知識だけは豊富なのだ。

 そんな青ちゃんは、これまで男性を性欲の塊と見なして交流を断絶していたが、クラスメイトの木嶋拓海に告白されて以来すけべな妄想が止まらなくなってしまう。

 PV時点で妄想が暴走しまくる青ちゃんが、本編でもどれだけ攻めきれるのか期待したい。

・TVアニメ『みだらな青ちゃんは勉強ができない』公式サイト

『ぼくたちは勉強ができない』 第3のヒロイン、武元うるか。中途参戦キャラですがイチオシです。
(画像はTVアニメ「ぼくたちは勉強ができない」第三弾PV【4/6放送開始!】より)

 みなさん勉強ができなすぎじゃありませんこと?最終学歴が幼卒の筆者ですら血のにじむ努力の末に2ケタの足し算引き算をマスターしたというのに嘆かわしいことですね。

 ……と、前置きも済んだところで本作の紹介に入りたいと思います。『ぼくたちは勉強ができない』は週刊少年ジャンプで連載中の漫画が原作。主人公の唯我成幸(ゆいが なりゆき)は家庭の事情から進学費用を学校が負担してくれる特別VIP推薦の取得を目指し、条件付きではあるものの見事推薦枠を獲得する。

 しかし、学園長から提示された条件とは理系の天才・緒方理珠(おがた りず)と文系の天才・古橋文乃(ふるはし ふみの)の両名を志望校に合格させることであり、なんと彼女たちは自身の得意分野とは逆の大学への進学を希望していた。

 しかも、彼女たちは不得手な分野の成績は壊滅的! 四苦八苦する成幸や理珠たちの前に、次々と新キャラも現れてラブコメディが展開されていく。

 やっぱ勉強できるんじゃありませんこと?学歴コンプレックスが刺激されて悲しい気持ちになってきたのでこの辺りで失礼したいと思います。

・TVアニメ『ぼくたちは勉強ができない』公式サイト

『ぼくたちは勉強ができない』1話は4月8日22時00分よりニコニコ生放送で上映

「ぼくたちは勉強ができない」1話上映会

web発コミック勢の勢いが増している今期

 2019春アニメの一覧を眺めると、Nアニメのランキングに入っているタイトルが筆者の注目タイトルと同じものである率の高さにびっくりする。

 『ひとりぼっちの○○生活』、『なんでここに先生が!?』、『文豪ストレイドッグス』は筆者的にも注目作であり、前評判の集中度合いからかなり明暗が分かれるクールになりそうだ。

 また、『女子かう生』や『世話焼きキツネの仙狐さん』、『賢者の孫』のようにwebコミック発のタイトルが数を増やしてきている点にも注目したい。

 今日では紙媒体(電子書籍含む)の漫画、小説やゲームのアニメ化に続いて主流になりつつあるのが“なろう”系(小説投稿サイトの小説家になろう!に原作を持つタイトル)のアニメ化だが、webコミックのアニメ化がこれに続くことができるかどうかが試されているのではないだろうか。

無料アニメや最新情報は「Nアニメ」をチェック ライター Jくん 元ゲームメーカー勤務の脱サラ系ライター。攻略本の執筆をはじめ、主にゲーム攻略系の記事で余生を過ごしている。本サイトではアニメ関連の記事を担当。
会社を辞めた理由はゲームのやりすぎ、深夜アニメの見すぎで慢性的な寝不足になったから。原稿執筆中はキレやすくなる厄介成分を抱える社会不適合者。 編集 竹中プレジデント フリーライター時代はファミ通Appでゲーム攻略記事を執筆。『ガルフレ(仮)』でスマホゲーム筆下ろし。
現在はニコニコニュースオリジナルの編集として、アニメやVTuber関連の記事を担当。二次元美少女に萌える日々。

関連記事(外部サイト)