アルミ缶を紙ヤスリで磨き続けてみた! 塗装が消えるほど一心不乱に磨く様子に「ここまでやったことがすごい」「なぜベストを尽くした」の声集まる

アルミ缶を紙ヤスリで磨き続けてみた! 塗装が消えるほど一心不乱に磨く様子に「ここまでやったことがすごい」「なぜベストを尽くした」の声集まる

アルミ缶を紙ヤスリで磨き続けてみた! 塗装が消えるほど一心不乱に磨く様子に「ここまでやったことがすごい」「なぜベストを尽くした」の声集まるの画像

 今回紹介するのは、Ndさんが投稿した『【ピカピカ】アルミ缶を全力で磨いてみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ただひたすら磨き続ける…それのみです。
途中の早送りは4倍速です。
紙やすりと書いてありますが、耐水ペーパーですので水を付けて磨きます。
水を付けることで目詰まりも防げ、粉も飛びにくくなります。

【ピカピカ】アルミ缶を全力で磨いてみた

 ひたすらにアルミ缶を磨いてピッカピカにしました。粗いヤスリから始まり、最後はコンパウンドで、ただただ磨き続けます。

 炭酸水のアルミ缶を使います。

 最初は220番の紙やすりで磨きます。そう簡単には「炭酸水」の文字さえ消えません。

 次に少し細かくして360番の紙やすりで磨きます。一生懸命磨いても、所々に塗装が残ってしまいます。削り残しがないように、ひたすら磨きます。

 600番の紙やすりで磨きます。少しツルっとしてきました。

 まだまだ、ヤスリがけは終わりません。1000番の紙やすりで磨きます。金属光沢が見えてきました。それにしても、手が真っ黒です。

 2000番の紙やすりで磨きます。細かい傷はあるものの、かなり鏡面に近くなりました。

 コンパウンド3種類を使って磨きます。

 この工程により、鏡のように風景が映りこむピカピカのアルミ缶が完成しました。それにしても、手が真っ黒です。

視聴者コメント

こうゆーの嫌いじゃない
なぜベストを尽くした
いいねぇ、無心で見れるよね
ここまでやったことがすごい
長いと思ったのに最後まで見てしまった(称賛)

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

【ピカピカ】アルミ缶を全力で磨いてみた

―あわせて読みたい―

・“壁ドン”であけた穴も綺麗にできるぞ! 高レベルな“DIY壁穴補修技術”が話題に「ちょっと壁殴ってくる」「安心して壁ドンできる」の声

・爪楊枝で「きのこの山」「たけのこの里」を作ってみた! 極小ながらチョコのツヤ感まで再現し「うまそうだな」「1円玉がでかいw」

関連記事(外部サイト)