武闘派大統領が異世界に!? 『ライドンキング』の閣下にかかれば異世界生活もただのバカンスな件

武闘派大統領が異世界に!? 『ライドンキング』の閣下にかかれば異世界生活もただのバカンスな件

武闘派大統領が異世界に!? 『ライドンキング』の閣下にかかれば異世界生活もただのバカンスな件の画像

 とうとう、一国の首脳クラスが異世界デビューする時代になりました……!

 ニコニコ漫画で連載中の『ライドンキング』は、とある国の大統領が異世界で無双しまくるという異色作。

 コワモテだけど、ある欲望の前ではお茶目な一面もある大統領の勇姿を、ぜひ見届けてください。

ニコニコ漫画『ライドンキング』エピソード一覧 “乗りこなす”ことをこよなく愛する大統領

 並外れた武力で独立を果たした、新生国家・プルジア共和国。

 この国の独立を主導したアレクサンドル・プルチノフという男は、いまや終身大統領として国民からの厚い支持を集めていました。

 国家元首となっても鋼の肉体を維持しており、虎にまたがる姿はド迫力!

 しかもただのイメージ映像かと思いきや、この虎はれっきとしたプルチノフ閣下のペットだというのだから驚きです。

 そんな閣下は、“乗りこなす”という行為をこよなく愛し、みずからの行動原理としていました。

 バイクや動物、果ては最新鋭の兵器や国家までを乗りこなしてきた男は、まだまだ未知の乗り物にご執心の様子。

 しかし、“騎乗欲”を満たそうにも、政務に追われる日々にそんなヒマはないのが実情。いや、そもそも“騎乗欲”って何なんですかね……。

 国家運営の場においても、乗り物に関することとなれば目線もきびしめに。
 
 最新鋭戦闘機の購入を持ちかけられても、「あんなものはもう乗りあきておるわ!!」と(心の中で)一蹴してしまいます。

 当然、人が乗れないミサイルなんかは言語道断。あげく「予算があるなら有人の宇宙ロケットでも開発したまえ!!」などとつい本音が。

 勢いでロケット開発の話を出してみたものの、まさか本気に受け取られるとは。

 思わぬ宇宙船の搭乗チャンスが巡ってきたことに、つい顔がほころんでしまう閣下なのでした。

テロリスト相手に一歩も引かない鋼の男!

 ささやかな職権乱用でロケット開発にGOサインを出しても、依然として閣下の“騎乗欲”が満たされることはありませんでした。

 国民には口が裂けても言えないながら、国家を乗りこなすことにも嫌気が差してきたある日……事件は起こります。

 閣下が官邸を出るや否や、3台のトラックが猛然と迫ってきたではありませんか!

 どうやら、国外テロリストによる襲撃の模様。逃げ道をふさがれた閣下は万事休すか……!?

 しかし閣下は「愚かな……」とつぶやき、その身ひとつでトラックと対峙。

 そのまま石畳をかち上げると、乗り上げたトラックの勢いを利用して……。

 さながら背負投げのような形で、テロリストを成敗! 

 閣下は黒帯の柔道家でもあるとのことで、さすがの身さばきを見せます。

 ……が、不幸にもトラックが直撃したせいで石像の頭が落下!

 鋼の肉体を持つ男とはいえ、石の塊が直撃してはひとたまりもなかったことでしょう。

 そしてつぎの瞬間、閣下は薄暗い洞窟の中で目を覚まします。

 足元に描かれていた魔法陣らしきものも気がかりですが、とにかく脱出を試みる閣下。

 しかし、閣下が扉を開けると、外には盛大に炎を吐くワイバーンが!

 かくして、史上まれに見る一国の大統領による異世界冒険が幕を開けたのでした。

“騎乗休暇(ライドンタイム)”の始まりである!!

 テロリストに襲撃されたと思ったら、なぜか異世界へと飛ばされてしまったプルチノフ閣下。

 いくら閣下といえど、いきなりの未知との遭遇とあってはさすがに状況を飲み込めないようでした。

 ワイバーンと戦っていたのは、冒険者らしきふたりの少女。

 片方はすでに戦意を失っていたものの、閣下が開けた扉の中に逃げ込むことでなんとか一命を取り留めます。

 すると、ワイバーンはターゲットを閣下のほうに変更したようで、再び火炎をチャージ。

 対する閣下は、こともなげにそれを見つめ……。

 テロリストの襲撃時と同様に地面の岩をかち上げて火炎放射を防ぐと、見事なライダーキックを披露!

 なんと、肉弾戦だけでワイバーンを地に落とすことに成功してしまいます。

 その後も閣下は、ワイバーンをテロリストが用意した動物ロボットと勘違いしたまま格闘を続け……。

 「どうせワイヤーで吊り上げているのだろうが!!」とワイバーンによじ登ると、ナチュラルに騎乗(ライドン)。

 するとどうでしょう、ワイバーンの背中からは確かな温もりが感じられるばかりか、未知の乗り心地を閣下にもたらすのでした。

 「し……至福……!」と、なんともご満悦な閣下。

 残念ながら、今回はワイバーンを乗りこなすことはできず振り落とされてしまいますが、これで閣下の心は決まりました。

 ワイバーンの乗り心地に心を奪われた閣下は、この異世界でしばし、未知の騎乗感を追い求める冒険に身を投じることを決意!

 閣下にとっては、異世界ファンタジーもただの長期休暇扱いになってしまうのが“らしい”ところです。

 こうして始まった閣下の“騎乗休暇(ライドンタイム)”の続きが気になる方は、ぜひ発売中のコミックス1巻と2019年5月9日発売の第2巻を合わせて読んでみてください。

『ライドンキング』単行本第2巻
Amazon購入ページはコチラ

?

(画像はニコニコ漫画『ライドンキング』より)

ニコニコ漫画で『ライドンキング』を読めるのはこちら ニコニコ漫画公式サイトはこちら

―ニコニコ漫画おすすめ漫画記事―

モテまくりの美少女が弱みを握られてさぁ大変!? 『漆葉さららは恋などしないっ』のポンコツ被害妄想が止まらない!

GW中に一気読みいかが? ボリュームたっぷりなおすすめユーザーマンガ3選

関連記事(外部サイト)