動画の“批判コメント”通りにクッキング→極上のチャーハンを目指す!? 大量の批判を分析し究極のレシピができるか検証してみた

動画の“批判コメント”通りにクッキング→極上のチャーハンを目指す!? 大量の批判を分析し究極のレシピができるか検証してみた

動画の“批判コメント”通りにクッキング→極上のチャーハンを目指す!? 大量の批判を分析し究極のレシピができるか検証してみたの画像

 今回紹介するのは、ViMCooMa Projectさんが投稿した『【炒飯】批判コメントだけで炒飯を作ったら最高の炒飯ができる説』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

動画内でも説明しておりますが、炒飯の動画には、批判のコメントが多いのです。炒飯の動画のコメントがすべて批判というわけではありませんが、ある程度再生されている炒飯の動画のコメントを見ると、大抵の場合、簡単に批判のコメントを見つけることができます。
これらのコメントについては、悪いイメージを持たれる方がいらっしゃると思います。しかし、この動画では、これらの批判を否定的なものでなく、良い炒飯の作り方を示し得るものと考え、分析して、この結果をもとに炒飯を作ります。既存の炒飯のレシピの批判、則ちよりおいしい炒飯を作るための意見を集めれば、最高の炒飯が作れるのではないでしょうか。この動画ではこのことを検証します。

【炒飯】批判コメントだけで炒飯を作ったら最高の炒飯ができる説

 ニコニコをはじめ、様々な動画サイトなどで時折目に入る“批判コメント”。普段はなるべく目にしたくないものですが、逆にこれらを分析、利用したら、「最高にうまいチャーハンが作れるのではないか?」ということを実験した方が現れました。

 チャーハン作りの動画には批判コメントがつきものとのこと。批判とは「悪い点を指摘して、良い方法の可能性を示す」もの。そんな批判に従えば、おいしいチャーハンができるはずです。

 19動画に書かれた104個の批判コメントを分析します。批判の内容を「米を入れるタイミング」「ネギを入れるタイミング」など細かな要素に分類、多く示された案を採用します。

 調査の結果、米・卵以外の具材はネギと肉が採用されました。肉は最も多く指定されていたチャーシューを利用します。意外にも、具材で言及されていたのはネギ・肉・椎茸・ナルトだけだったそうです。

 お米は油を混ぜて炊くという意見もあったものの、「炊飯器で炊いてすぐの物を使う」が最多に。マヨネーズを米に混ぜるという意見もありましたが、混ぜない方が多数派となりました。

 米を入れるタイミングは、卵を入れてすぐが36%で最多でした。

 分析の結果、調理工程が完成しました。最初にフライパンに入れる油はラード、しょうゆは鍋肌にかけます。

 実際に調理しました。批判コメントを分析して作ったチャーハンとは、どんな味でしょう?最高にうまいチャーハンなのでしょうか。

 結果「普通においしい」チャーハンが完成しました。動画投稿主によると、シイタケとナルトを入れたほうがおいしかったそうです。

 この動画にも、さまざまな批判コメントが寄せられています。このコメントをさらに分析すれば……もっと普通においしいチャーハンができるかもしれません。

視聴者コメント

案外みんなふつうのコトしか言ってないんだな
牛だしなんだよなぁ・・・
うま味調味料を使わないとお店の味にはならないよね
調味料の代わりに腐乳崩して入れるのも手
豆板醤入れるとうまいよ

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

【炒飯】批判コメントだけで炒飯を作ったら最高の炒飯ができる説

―あわせて読みたい―

・これ間違いなくウマいやつ! 便利で美味しい常備用の豆板醤肉味噌の作り方――麻婆豆腐、チャーハン、ご飯にかけて…いろいろ使えちゃう

・東京のJR路線図を“JR西日本風”にアレンジ。細部まで描き替えられた路線図に「こっちのほうが好き」の声

関連記事(外部サイト)