【ポケモンDP】伝説のポケモン・アルセウス捕獲RTA。ライバルの名前変更でバトルを回避、BGMを頼りに行動、やっている本人すら仕組みが分からない謎テクニックの数々がエグい!

【ポケモンDP】伝説のポケモン・アルセウス捕獲RTA。ライバルの名前変更でバトルを回避、BGMを頼りに行動、やっている本人すら仕組みが分からない謎テクニックの数々がエグい!

【ポケモンDP】伝説のポケモン・アルセウス捕獲RTA。ライバルの名前変更でバトルを回避、BGMを頼りに行動、やっている本人すら仕組みが分からない謎テクニックの数々がエグい!の画像

 細かな乱数調整でシステムを自在に操り、最速で「ライコウ」を捕まえクリアを目指したこのRTA動画(この動画の紹介記事はこちら)を投稿したばすたぁ(Buster)さんが新たなポケモンRTAを投稿しました。

 投稿されたのは『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス捕獲RTA 解説動画【Part1】』。長年不可能とされてきた「アルセウス」の捕獲をRTAに落とし込んだこの動画。

 ”当然”この動画シリーズでも行われた超絶テクニックの数々。今回はPart1で行われたいくつかのテクニックを抜粋してご紹介します。

―あわせて読みたい―

・伝説のポケモンを自在に呼び出す!? 『ポケモンHGSS』で「ライコウ」を最速で捕まえてクリアを目指すRTAが常軌を逸している件

・【世界記録】高難易度で知られる“プニキ”こと『くまのプーさんのホームランダービー!』を24分16秒でクリア! 驚異のRTA動画をご紹介【プレイヤー:神コップ】

再び現れた「ステップ」に、唯一使われるポケモン「ヒコザル」の“めざ草”厳選

 いきなり、お馴染みの「時刻設定画面」が開かれている動画冒頭。当然、今回も乱数調整が行われます。

 望み通りの結果になっているかの確認は、NPCの挙動を見てとのこと。まずは、フタバタウン左下のNPCの向きをみて成功しているかを確認します。

 これだけで確定とは言えないため、続けて別のNPCの動きをみて確認します。フタバタウン左上にいる金髪のNPC、このNPCが右左右と動けば、最初の乱数調整が成功していることがわかります。

 実際に確認すると、最初に右を向いていたNPCは左に。マップを行き来することで乱数を消費する、「フタバステップ」で右を向いたことを確認します。

 必要最低限の戦闘回数で目的地までたどり着く必要があるこのRTA。レベル上げなどをしている余裕はなく、この動画シリーズで戦闘要員となるのは、御三家の「ヒコザル」一匹。

 そのため、これまた当然「ヒコザル」の個体調整と、エンカウント調整の調整が同時に行われます。想定とのズレがないように、決まったルートから外れないように気を付けながらゲームを進めていきます。

 記念すべき最初の戦闘、御三家を手に入れるイベントで仲間になった「ヒコザル」は、「やんちゃ 25-30-21-26-7-31 草66」。最終的なタイムを考え火力を優先した個体であるとのことで、ここまでくると確認する必要もないのかガンガン進めていきます。


「わかるけどわかんねぇwww」海外ROMに合わせるためBGMを頼りにタイミング調整

 今回のRTAは、海外プレイヤーの動きに合わせているようで、変わった動きを見せる場面があります。

 その場面は、ゲームを少し進めると始まる、ポケモンの捕獲チュートリアルが終わった直後です。

 捕獲チュートリアル中に「待機する時間がある」「すぐに動いてはいけない」と言うばすたぁ(Buster)さん。捕獲チュートリアルを終了後はBGMを頼りに行動するとのこと。

 捕獲後NPCが画面から消えた動画時間6分17秒あたりから待つこと数秒動き出したキャラクター。BGMの「とぅん とぅん とぅん とぅん 『てぃ』」に合わせて移動をすると解説されています。

 この調整は海外版の移動開始に合わせているのですが、あまり見ることのないこの調整。

 大真面目にメロディーから移動のタイミングを解説する姿に、視聴者は「言いたいことは分かるけどw」、「えぇ…」と困惑している様子でした。


乱数調整の賜物、野生ポケモンとエンカウントすることなく目的地に到達!

 「ヒコザル」を仲間にする前に、エンカウントの調整も行っていると解説していたばすたぁ(Buster)さん。

 フタバタウンからマサゴタウンに向かう際には移動する草むらの位置を解説しながら決まったルートを進み、一度もエンカウントすることなくマサゴタウンに到着。

 実はこの草むら、ライバルの名前をデフォルトから選択していると2ヶ所目の草むらでエンカウントしてしまうとのこと。走っている本人すらなぜそうなるのかはよくわかっていないようですが、そうなるのだから仕方がありません。

 その後もNPCの動きによってズレが発生しないよう、動くNPCがいるマップではとにかく最速移動。

 トレーナーとの戦闘タイミングを調整しながら草むらを無駄なく移動、虫よけスプレーが購入できるようになるクロガネシティまでエンカウントすることなく走り切っていました。

 乱数調整をはじめ様々なテクニックが使用されている『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス捕獲RTA 解説動画【Part1】』、いったいどんなテクニックが使われているのかご覧になってみてください。

文/富士脇 水面

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス捕獲RTA 解説動画【Part1】

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール アルセウス捕獲RTA 解説動画【Part1】

―あわせて読みたい―

・伝説のポケモンを自在に呼び出す!? 『ポケモンHGSS』で「ライコウ」を最速で捕まえてクリアを目指すRTAが常軌を逸している件

・【世界記録】高難易度で知られる“プニキ”こと『くまのプーさんのホームランダービー!』を24分16秒でクリア! 驚異のRTA動画をご紹介【プレイヤー:神コップ】

関連記事(外部サイト)