鉄オタ、1日でグリーン車に何度乗れるかを検証。タフで贅沢な旅程に「いくらかかったんだ 」「185系…」の声

鉄オタ、1日でグリーン車に何度乗れるかを検証。タフで贅沢な旅程に「いくらかかったんだ 」「185系…」の声

鉄オタ、1日でグリーン車に何度乗れるかを検証。タフで贅沢な旅程に「いくらかかったんだ 」「185系…」の声の画像

 今回紹介するのは、yoyoyo1274さんが投稿した『気まぐれ鉄道小ネタPART247 グリーン車を乗り倒す【グリーン車制定50周年記念】』という動画です。再生数は1000回を超え、「鉄道」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

N’EX許すまじ。

気まぐれ鉄道小ネタPART247 グリーン車を乗り倒す【グリーン車制定50周年記念】

 鉄道好きは夏休みの使い方がダイナミック。動画投稿者のyoyoyo1274さんは、なんと1日で20本ものグリーン車に乗りました。新幹線6本、在来特急7本、さらに臨時快速にも乗るなど、贅沢極まる旅行程です。その行程を見ていきましょう。

 まずは、大船から「成田エクスプレス」に乗り、東京まで行きます。という予定でしたが、時間を勘違いして乗り遅れ、「東海道線」のグリーン車で東京へ向かいます。東京で新幹線に乗り換えます。仙台行きの「やまびこ125号」に乗り、大宮で降ります。また、新幹線「なすの254号」に乗り換え、東京へ行きます。

 東京から「中央線」で新宿へ向かい、新宿で臨時快速列車「ホリデー快速」に乗り換えます。休日おでかけパスのフリー区間の限界大月に向かいます。

 大月から高尾までは各停で移動し、高尾から「中央特快」で八王子へ。そして八王子で「あずさ10号」のグリーン車に乗り換え、新宿へ向かいます。

 新宿から中央快速で東京駅に戻り、「スーパービュー踊り子7号」に乗車します。行き先は横浜です。車内設備はかなり豪華。おしぼりやウェルカムドリンクもついています。横浜から横須賀線乗り場に移動し、朝に乗ることができなかった「成田エクスプレス」に乗車します。踊り子が豪華だったこともあり、どうしても見劣りしてしまったそう。空港の案内を眺めつつ、東京で下車します。

 東京駅で「総武快速線」に乗り千葉へ。千葉で後続の空港行き快速に乗り換えます。この車両は元エアポート成田だったもの。物井まで乗車します。物井から折り返して千葉へ。千葉からは「しおさい10号」に乗り換え、また東京駅へ。東京からは再度新幹線に乗ります。

 「やまびこ213号」で大宮へ行き、大宮からは上越新幹線「とき331号」で熊谷まで行きます。熊谷からは「草津4号」で大宮へ。大宮から再度新幹線、「やまびこ52号」に乗ります。こちらのやまびこはE6系です。

 上野で常磐線のりばに行き「ときわ75号」に乗り込みます。たった1駅、柏で降車します。その後は「常磐線」のグリーン車で東京駅に向かいます。

 日も落ちましたが、まだまだグリーン車に乗ります。またしても新幹線「つばさ97号」に乗ります。臨時便らしくE3系単独での運転です。

 大宮で降車し、在来線へ。次は前橋行きの「あかぎ9号」に乗ります。広々とした3列シート。これで深谷へ行きます。深谷からは「快速アーバン」に乗車。上野に向かいます。最後に「上野東京ライン」で品川へ。この日最後、20本目のグリーン車となりました。

 首都圏周辺だけでも、たくさんのグリーン車が走っているものですね。臨時列車や新幹線の型式違いを織り交ぜるなど、緻密な計画に感服します。グリーン車ばかりなので、疲れはしなかったそうですが……おつかれさまでした!

視聴者コメント

A特急料金はお高い・・・
イイネェ〜〜〜
いくらかかったんだ
185系・・・
185系固定運用:特急踊り子「あれ、ぼくは?」

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

気まぐれ鉄道小ネタPART247 グリーン車を乗り倒す【グリーン車制定50周年記念】

―あわせて読みたい―

・東京のJR路線図を“JR西日本風”にアレンジ。細部まで描き替えられた路線図に「こっちのほうが好き」の声

・地上駅との“標高差”は60メートル!? 地下鉄の“地形”を解説した「鉄道登山学」が興味深い

関連記事(外部サイト)