簡易防音室「だんぼっち」をガチ改造してみた結果…。総額で21万円で手に入る防音室に「マンションで使えてナイス」「工事に比べたら安い」の声

簡易防音室「だんぼっち」をガチ改造してみた結果…。総額で21万円で手に入る防音室に「マンションで使えてナイス」「工事に比べたら安い」の声

簡易防音室「だんぼっち」をガチ改造してみた結果…。総額で21万円で手に入る防音室に「マンションで使えてナイス」「工事に比べたら安い」の声の画像

 今回紹介するのは、あくまのゴートさんが投稿した『【改造だんぼっち】ガチ防音室を作ろう!』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

だんぼっちを改造してガチの防音室を作ります。

【改造だんぼっち】ガチ防音室を作ろう!

 段ボール製の簡易防音室「だんぼっち」を改造して、どこまでガチの防音室になるかバーチャルYouTuber・あくまのゴートさんが実験しました。騒音に悩む配信者の参考になりそうです。

 だんぼっちの壁に、鉛遮音シートをはります。この鉛遮音シートが見た目以上に重いそうです。遮音シートを貼っただんぼっちを組み立てます。

 鉛テープで隙間を埋めます。鉛遮音シートとテープがきちんと重なり合うようにしましょう。

 最後にロックウール製の吸音ボードを貼ります。作業時には粉塵を吸い込まないようにマスクをしましょう。また、触るとチクチクする素材なので、長袖、軍手を着用しましょう。

 天井部分は突っ張り棒に乗せるようにして貼り付けました。

 性能はどうなったでしょうか。実験してみます。ギター弾き語りをすると、防音室内では最高101.6dB(鉄道高架下、クラクション)だったのに対し、外では最高73.4dB(掃除機、テレビ)程度の騒音になりました。平均では45〜55dBと静かなオフィス並の騒音に抑えられています。

 この程度に抑えられれば、おそらくマンションの隣家に迷惑とならないレベルになっているでしょう。あと問題があるとすれば、ものすごく暑いこと。20分も中にいると、汗だくだくになるそうです。小型冷房の導入の検討が必要です。

 制作費用は、総額で21万8502円。「やっぱこんぐらいか」との声が寄せられました。

視聴者コメント

これ偉大だなぁ……
すげぇ
マンションでも使えるのは良いね
ガチの防音室は工賃で300万とか平気で飛ぶからまぁ……安い(高いけど)

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

【改造だんぼっち】ガチ防音室を作ろう!

―あわせて読みたい―

・「オタクは引っ越しでぼったくられている」オタク特化の不動産会社代表が語る業界の裏側

・すげー! 段ボールで作ったフランス航空事故調査局(BEA)の模型が本家BEAに寄贈される。「おめでとう」「目から油圧が漏れてきた」と称賛の声集まる

関連記事(外部サイト)