今期見逃せないアニメは? 2019秋クールおすすめタイトル8選。バトルアニメが豊富で心が躍るクールになりそう!

今期見逃せないアニメは? 2019秋クールおすすめタイトル8選。バトルアニメが豊富で心が躍るクールになりそう!

今期見逃せないアニメは? 2019秋クールおすすめタイトル8選。バトルアニメが豊富で心が躍るクールになりそう!の画像

 2019年も10月に突入し、間もなく秋クールが本格スタートしようとしている。

 新しいアニメが始まることにワクワクが止まらない時期ではあるが、同時に“今期はどのアニメを見よう?”と、悩ましい日々を過ごしている方も多いだろう。

 そこで本記事では、今期見逃せない注目アニメをピックアップ。今回は、“心が癒される萌えアニメ”、“胸が熱くなるバトルアニメ”の2軸にわけておすすめタイトルを紹介していこう。

心が癒される萌えアニメ4選 1.『ぼくたちは勉強ができない!』 (画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)

 2019春クールにも放送された『ぼくたちは勉強ができない』が秋クールにて帰ってきた!

 原作は「週刊少年ジャンプ」で連載されているラブコメ漫画。学園が誇る3人の天才美少女達の志望大学合格のため、教育係に就任した成幸は、得意科目以外ポンコツな彼女達を導くことに。

 1期では、うるかを覗いたメンバーが成幸との“恋”を意識してそう(?)な様子まで描かれていたが、2期となる今回はそんな青春真っ盛りの彼女達が、成幸とどんな絡みを見せていくのか!? 萌えまくれること間違いなしのタイトルだ。

文系の天才美少女“古橋文乃”。天文学の道を志しているが数式を見るだけで頭が真っ白になる模様。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)理系の天才“緒方理珠”。アナログゲームが好きだが、相手の感情が読めず、対人戦では最弱。好きなゲームで人の感情を理解し、勝利するために心理学を志望している。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)水泳の天才“武元うるか”。スポーツ推薦に英語が必要となってしまい、教育係の成幸に教わっている。中学の頃から成幸を異性として意識している。
(画像は『ぼくたちは勉強ができない!』PVより)

▼1話上映会は10月7日(月)22時より▼
「ぼくたちは勉強ができない!」1話上映会

2.『私、能力は平均値でって言ったよね!』 (画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)

 JKだった主人公が、マイルという12歳の美少女に転生、第2の人生を歩んでいくというお馴染みの“異世界転生モノ”となっている本作。元の世界のとある経験から平均的な能力を欲し、普通の幸せを求めようとする彼女なのだが、実際にはそうはいかず……??

 そんな本作では、マイルと共に歩む3人の美少女キャラクター達に注目してほしい。というのも、3人がそれぞれツンデレ、おねにいさま、温和でたわわなお姉さんといったさまざまな属性を堪能できる。

 PVからも“癒し”しか感じないので、本編の癒され度は相当なハズ! 萌えアニメ愛好家なら絶対見逃せない!!

ハンターランクEの魔術師、通称“赤のレーナ”。15歳。厳しく見える態度は相手を思いやっての行動という典型的なツンデレ属性を有する。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)騎士の家に生まれたメーヴィス。17歳。父と兄弟の姿を見て育ったため、立派な騎士になろうとしている。外見のせいか男性と間違われる。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより)ポーリンは魔術師志望の14歳。おっとり温和な雰囲気の女子で、反則級のたわわの持ち主。商家に生まれたため、お金のチェックは厳しめ。
(画像は『私、能力は平均値でって言ったよね!』PVより) 3.『ライフル・イズ・ビューティフル』 (画像は『ライフル・イズ・ビューティフル』公式サイトより)

 現時点(記事執筆時)でPVが公開されていないため、アニメ描写を見ることは叶わないのだが、原作漫画がニコニコ漫画で読むことができたので、チェックしてみたところなかなかに萌え度のポテンシャルを感じる作品だった。

 作品の内容は、ビームライフル競技と女子高生を組み合わせた4コマ漫画で、序盤のストーリーを見る限り日常系のほのぼのアニメとして視聴できそうだ。

 本作で注目してほしいのは、アニメーション制作が“Studio 3Hz”であるという点だ。『プリンセス・プリンシパル』、『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』と、美少女ならびに銃が絡むアクション作品を過去にも制作している、言うなればその道のスペシャリスト。前情報じたいは少ないが期待したいタイトルだ。

4.『放課後さいころ倶楽部』 (画像は『放課後さいころ倶楽部』PVより)

 複数のプレイヤーでワイワイ楽しむボードゲームを題材とした本作。メインキャラクターは4人の女子高生で、彼女達がさまざまなボードゲームを通じて、仲間達との友情を深め、成長していく青春ストーリーが描かれる。

 そんな本作の売りは何といっても登場するボードゲームが実在するものであるという点だろう。つまり、本作を通じてボードゲームの遊びかたを学び、登場キャラクター達のようにボードゲームに触れることもできる。

 登場する美少女たちはかわいいし、ボードゲームのワクワク感はハンパないし、非常に楽しみなタイトルだ。

▼1話上映会は10月6日(日)24時より▼
「放課後さいころ倶楽部」1話上映会

胸が熱くなるバトルアニメ4選 5.『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』 (画像は『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』PVより)

 2018秋クールより2クールにかけて放送された『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の続きがいよいよ放送される。

 アドミニストレータとの戦いから半年、今回は主人公のキリトが現実世界からの予期せぬ介入で心を失い、車いす生活を余儀なくされるという展開からスタートする。

 そんなほぼ主人公不在といっても過言ではない状況の最中、キリトに寄り添うアリスはどんな選択を迫られるのか? また、現実世界でキリトを見守るアスナはどう動き出すのか? アンダーワールドでくり広げられる人界vsダークテリトリーの大戦争、その結末を網膜に焼き付けてほしい。

アドミニストレータを撃破した後、アリスはキリトを連れ、故郷であるルーリッド村への帰還を果たす。彼女は心を失ったキリトの傍で何を思っているのだろうか。?
(画像は『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』PVより)アンダーワールドの外から、彼を見守り続けるアスナ。PVでは胸倉を掴むような激しい動きも見せていたが、彼女もまたもどかしい気持ちに悩まされているのかもしれない。?
(画像は『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』PVより) 6.『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』 (画像は『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』PVより)

 累計1700万ダウンロードを記録する人気スマートフォンゲーム『Fate/Grand Order』の第1部第7章が全21話でいよいよアニメ化。

 2018年夏の初報から約1年2ヵ月、待ち望んで待ち望んで待ち望み続けた物語がやっと見られる……と、喜びに打ち震えているマスターたちは多いのではないだろうか。

 どこが注目なのかって? ストーリーを見てくれ、バトルを見てくれ、そして最後のクライマックスを見届けてくれ、もうそれしか言えない。

▼1話上映会は10月6日(日)23時より▼
「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」1話上映会

7.『僕のヒーローアカデミア』第4期 (画像は『僕のヒーローアカデミア』第4期PVより)

 コミックスのシリーズ累計発行部数が2300万部を突破する「週刊少年ジャンプ」で連載中のバトル漫画『僕のヒーローアカデミア』のアニメ第4期が2019秋アニメに登場。

 第3期でヒーローの仮免許を獲得した主人公の緑谷出久は、通形ミリオがインターン活動をしているサー・ナイトアイの元を訪れる……というシーンから物語が動き出す。

 これまでは生徒という立場上、ヴィラン(敵)との戦いでは後手に回ることが多かった出久達が、仮免許、そしてインターンでプロと同等の活動に参加することにより、ヴィランのアジトに攻め入るというこれまでとはまた違う目線での戦いが描かれていく。今回はそんな出久達1年の活躍は勿論、ミリオをはじめとした雄英の先輩達の活躍からも目が離せなくなりそうだ。

3期にて仮免を取得した出久。オールマイトから受け継いだ“ワン・フォー・オール”も徐々に使いこなしつつある彼はオールマイトの相棒を務めていたサー・ナイトアイの元へと向かう。
(画像は『僕のヒーローアカデミア』第4期PVより)現在の雄英のトップに君臨する3年生の通形ミリオ。明るくいつも笑顔を絶やさない。あらゆるものが体をすり抜ける“透過”という個性を有していて、出久の訪れるサー・ナイトアイの元でインターン活動に励んでいる。
(画像は『僕のヒーローアカデミア』第4期PVより) 8.『七つの大罪 神々の逆鱗』 (画像は『七つの大罪 神々の逆鱗』PVより)

 「週刊少年マガジン」にて連載中、累計発行部数3000万部突破の『七つの大罪』アニメ第3期が間もなく放送開始。

 煉獄にて圧倒的な力を取り戻したメリオダス、そして再集結した七つの大罪が、ブリタニアを魔神族から解放するべく動き出す展開が描かれていく模様。

 本作は王道バトル漫画ならではの圧倒的な力と力のぶつかり合いが見どころとなっているので、第3期でもそういった大地すらも揺れ動くような激しい戦いに期待が高まるところ。力を取り戻したメリオダスとその仲間達は人々を救う希望の星となれるのか!?

強大な力を再びその身に宿した七つの大罪団長のメリオダス。しかし、PVに映る彼の表情は何やら曇っている様子。メリオダスは何を考えているのだろうか……。
(画像は『七つの大罪 神々の逆鱗』PVより) 2019秋クールはバトルアニメがアツい

 2019秋アニメ全体のラインナップを見てみると、『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』や『七つの大罪 神々の逆鱗』、『僕のヒーローアカデミア』第4期などバトルがメインとなる作品が多く、熱い戦闘描写で心躍らされるクールになりそうだ。

 逆に、少ないと感じたジャンルは萌え系アニメ。『ぼくたちは勉強ができない!』や『私、能力は平均値でって言ったよね!』など、PVから約束された萌えを感じさせるタイトルはあるが、総数じたいは控えめ。隠れた萌えアニメが潜んでいる可能性もあるが、萌えアニメ愛好家にとっては一作品、一作品を噛みしめながら味わっていくクールになるかもしれない。

 ちなみに、筆者が今回の記事執筆にあたり、秋クール放送アニメの概要やPVをチェックした中でもっとも気になったタイトルは『神田川JET GIRLS』

 ピッチピチの衣装に身を包んだナイスバディの美少女達が2人1組のペアどうしで競い合う、架空のマリンスポーツ“ジェットレース”を描いていく作品で、美少女と水がどう絡んでいくのか気になってしょうがない。『閃乱カグラ』シリーズを手掛けている高木謙一郎氏が原案を担当していることも信頼度高し。気になった方はぜひチェックしてほしい。

(画像は『神田川JET GIRLS』PVより)

文/テンコジ
編集/竹中プレジデント

―あわせて読みたい

【2019夏アニメ】カッコよくて興奮! 感じる中毒性! ついつい何度も見てしまうアニメOP、EDを集めてみた

2019年秋アニメ一覧&PV・原作漫画まとめ。『FGO』『SAO』『サイコパス3』etc…ラインナップが激アツすぎる!

関連記事(外部サイト)