『SEKIRO』の仕込み槍をダンボールで完全再現!? 中二病くすぐるギミックも!

『SEKIRO』の仕込み槍をダンボールで完全再現!? 中二病くすぐるギミックも!

『SEKIRO』の仕込み槍をダンボールで完全再現!? 中二病くすぐるギミックも!の画像

 今回紹介するのは、つくるさん。さん投稿の『SEKIRO/隻狼/仕込み槍を作る【ダンボール工作】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ダンボールの折れ角を仕込んだ義手忍具。
Amazonで買ったダンボールを使用する。

柄の長さを活かした突き攻撃を繰り出す。
攻撃を当てたのち、敵を引き寄せると間違いなく壊れる。

男子は、往々にしてこうした武器を作りたがる。
世に言う、中二病患者よ。

 フロム・ソフトウェアから発売された戦国サバイバルアクション『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』。このゲームの主人公が装備する武器「仕込み槍」を、投稿者のつくるさん。さんがダンボールを使って作成し、その制作の様子を紹介しました。

 ダンボールを切り出し、刃の部分を作成していきます。グルーガンと呼ばれる接着剤を出す道具を使って、貼り合わせていきます。

 先ほど作成した部分に板を取り付け、ギミック部分を作っていきます。

 付け根の部分に小さい穴をあけて、竹串を通します。その部分に輪ゴムをひっかけます。これによって、輪ゴムの力で素早く伸ばすことができます。

 続いて、槍の柄部分を作成していきます。柄の部分には「アピアリングケーン」を使います。「アピアリングケーン」は、手品などで使われるもので、突然現れるステッキなどがこれに当たります。

 手のひらサイズだったのもが、一瞬で長い棒の長さまで伸びています。

 「アピアリングケーン」を刃の部分につなげるために、ラップの芯にテープを巻いて固定すれば、完成となります。

 うまく原作の動きを再現されていてとてもカッコいい仕上がりになっています。詳しい制作の過程は、ぜひ動画をご視聴ください。

▼動画はこちらから視聴できます▼

『SEKIRO/隻狼/仕込み槍を作る【ダンボール工作】』

―あわせて読みたい―

・ダンボールで“蚊遣豚”型の扇風機を作ってみた その技巧はまさに「こりゃ工芸品だな」の声

・怪盗キッドの「トランプ銃」を段ボールで華麗に再現! 緻密に作られた様に「なにこれ作りたい」

関連記事(外部サイト)