ガンプラ改造でコアガンダムの“獣化アーマー”を作ってみた! 武装をそぎ落とし、近接戦闘を得意とする機体に「すごいかっこいい!」の声

ガンプラ改造でコアガンダムの“獣化アーマー”を作ってみた! 武装をそぎ落とし、近接戦闘を得意とする機体に「すごいかっこいい!」の声

ガンプラ改造でコアガンダムの“獣化アーマー”を作ってみた! 武装をそぎ落とし、近接戦闘を得意とする機体に「すごいかっこいい!」の声の画像

 今回紹介したいのは、answerさんが投稿した『フリーダム過ぎるプラモ改造コアガンダムの獣化アーマーを作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

コアチェンジ!!ドッキングGO!! コアガンダムのオリジナルアーマー作りたいと思っていたのでようやくできました。 機体名の由来はドイツ語で火星を意味するマルスとドイツ語で4を意味するフィーアを組み合わせてます。

フリーダム過ぎるプラモ改造コアガンダムの獣化アーマーを作ってみた

 ガンプラ改造でコアガンダムの獣化アーマーを作りました。

 まずは支援機から加工します。戦闘機型から動物型にしていくためフレームを分割します。

 接続方法は3mmプラ棒に変更しました。

 中心のフレームにも3mmの穴を開け、邪魔になる部分をカットしてアーマーを付けられるようにしていきます。

 各所の接続部にも手を加えていきます。

 ルプスのパーツも活躍しています。

 頭部アンテナはマーズのものにルプスレクスのものを接着しました。

 背部アーマーはアースリーのものを使用。獣化ということですが、これらがいったいどうなるのか楽しみです。

 塗装をしたら完成です。

 まずはコアガンダムです。アレンジ等はせず、そのまま塗装しました。

 こちらがマルスアーマーです。頭部にはアニマギアを使用して、ライオンのような見た目にしました。

 並ぶとこのようになります。

 そしてお楽しみの合体です。コアチェンジ! ドッキングGO!

 完成! マルスフィーアガンダム!

 運動性と機動性を極限まで高めるため、武装を最低限に抑えています。基本兵装はソードメイス、機関砲、背部にアームで懸架されたアームキャノンのみです。

 背部のキャノンをサブアームとして使うこともできる、近接戦闘を得意とする機体となっています。

 改造や各種兵装の詳細については、ぜひ動画でお楽しみください。

視聴者のコメント

・かっこいい!
・いいねー
・ゾイドっぽい
・肩にライオンの顔いいよね…
・左右非対称ってのがいい
・すごいかっこいい!

▼動画はこちらから視聴できます▼

フリーダム過ぎるプラモ改造コアガンダムの獣化アーマーを作ってみた

―あわせて読みたい―

・『ガンダム00』ダブルオーガンダムを限界まで強化! “単独戦闘”を想定した機体のゴツさに「かっこいい」「それがいい」の声

・ガンプラ「HGUC デルタプラス」をフルアーマー化。なんと90年代シューティングゲーム風の機体への変形も可能に!

関連記事(外部サイト)