無人の自爆兵器「パンジャンドラム」で最速を競うレースグランプリが開催。スタートから自爆の連続なカオス展開が笑うしかない

無人の自爆兵器「パンジャンドラム」で最速を競うレースグランプリが開催。スタートから自爆の連続なカオス展開が笑うしかない

無人の自爆兵器「パンジャンドラム」で最速を競うレースグランプリが開催。スタートから自爆の連続なカオス展開が笑うしかないの画像

 用意された目標を達成するため、さまざまなパーツから思い思いの兵器を開発する物理演算系シミュレーションゲーム『Besiege』。

 このゲームではプレイヤーの発想力により投石器から戦車、戦闘機といった兵器はもちろん、ガンタンクや鳥型航空機オーニソプターなど、さまざまな作品が建造されています。

 今回ご紹介するのはたらちゃん(英国面)さん投稿の『【Besiege】第3回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ1VOICEROID実況』という動画。

 2019年に開催された「パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ」。『Besiege』で作られた珍兵器「パンジャンドラム」を集め最速を競う世にも珍しいお祭りの様子をご紹介します。

―あわせて読みたい―
・個性あふれる兵器・パンジャンドラムが大集結 第2回パンジャンドラム最速王決定戦「P1グランプリ」が開催

・「完全に鳥やん…」試作を重ね『Besiege』で作られた「鳥型飛行機」。鳥そのものと化した完成度の高いフォルムがカッコ良すぎる

イギリスの珍兵器「パンジャンドラム」が集まるP1グランプリ

 第二次世界大戦中にイギリスで開発されたロケット推進式の兵器パンジャンドラム

 タイヤのような外見をするこの兵器は自らに装備されたロケットが起動すると回転を始め、高速で目標物まで進み敵陣で自爆するといった無人の自爆兵器として開発されました。

 実際にはパンジャンドラムは直進することすら難しく、試作機までは開発されているものの、戦場で使用されることはありませんでした。

 珍兵器として知られるこのパンジャンドラムが集まり最速を競う『P1グランプリ』。今大会は最速を目指して集まった102名の中から抽選で選ばれた25名が熱い戦いを繰り広げます。

戦列歩兵にカタツムリ、攻めたパンジャンドラムが集まるAブロック

 今回ご紹介する『【Besiege】第3回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ1VOICEROID実況』では、Aブロックに集まった5機のパンジャンドラムによる乱闘の様子が確認できます。

 まずはAブロックを走るパンジャンドラムをご紹介しましょう。Aブロックに集まったのはこちらの5機のパンジャンドラム、遠くからでもわかる奇抜な機体が確認できます。

 第1コースを走るのは「焼きたてスターゲイジー号」。パイからニシンなどの魚の頭が突き出るイギリスの伝統的な料理、スターゲイジーパイを模して作られたであろうこのパンジャンドラム。

 突き出た何本ものドリルが威圧的なこの機体、自爆すれば前方へ向け大型のがれきを飛ばし大ダメージを与えることができます。

 第2コース「火炎ダーマパンジャン」。前大会に出場した自走砲パンジャンに影響されたこの機体、速度自体は早くないものの、自爆時には紐のついた破片を吹き飛ばし広範囲の攻撃を行うことが可能です。

 先の画像からも、独特なシルエットが確認できていた第3コース「マイマイじゃん」。最早パンジャンドラムというよりもカタツムリそのものなこの機体、速度はなんと参加パンジャンドラムの中で最も遅いとのこと。

 それもそのはず、この「マイマイじゃん」はカタツムリのように機体を伸縮させて進む再現度の高さ、速さよりも芸術性に振り切った機体の参加となりました。

 第4コース「フォークトパンジャン」、第1第2コースに続く攻撃型のパンジャンドラム。攻撃時には片方の車輪が展開し、横方向への正確な砲撃が可能となっています。

 第5コース「戦列歩兵型パンジャン」、横隊を組み進む戦列歩兵を再現した芸術系のパンジャンドラムです。ピストンを展開すれば機体が広がりコースを圧迫するユーモアあふれるお邪魔機能も搭載。

足を引っ張り合う地獄のレース!! 激しすぎる試合結果に「これは荒れるぞ」

 攻撃型パンジャンドラム3機、芸術系のパンジャンドラム2機によるレースが行われたAブロック、いったいどんなレースになったのか確認してみましょう。

 スタート直後先頭に立ったのは「焼きたてスターゲイジー号」。得意のお邪魔機能で「火炎ダーマパンジャン」を押し出し「戦列歩兵型パンジャン」が後に続きます。

 「焼きたてスターゲイジー号」が第一カーブにたどり着いたところで、4位を走っていた「フォークトパンジャン」が後方から自爆、「戦列歩兵型パンジャン」を巻き込みます。

 自爆を生き残り1位を走る「焼きたてスターゲイジー号」も「火炎ダーマパンジャン」の自爆により爆発、4機のパンジャンドラムがスタート地点へ戻ります。

 スタート地点に戻ったパンジャンドラム、先頭を走るのは「戦列歩兵型パンジャン」、後を走る「フォークトパンジャン」は逃がすものかと狙いを定めて自爆。

 直後には「火炎ダーマパンジャン」の自爆により「焼きたてスターゲイジー号」も爆散、攻撃型の集まるAブロックはスタート地点から進まない地獄のレースとなっています。

 4機が足を引っ張り合う地獄のレースを繰り広げる中、第3コース「マイマイじゃん」はようやくスタート地点に到達。殺伐としたレースの中、癒しを感じます。

 しばらくの間奇跡的に4機の戦闘に巻き込まれていなかった「マイマイじゃん」、ついに最初の直線にたどり着きますが……。

 前方を走る「火炎ダーマパンジャン」、「戦列歩兵型パンジャン」、「フォークトパンジャン」の大爆発の破片に巻き込まれ、ついにスタート地点に戻されてしまいました。これには視聴者も「マイマイィィイ!」とショックが隠せない様子。

 その後もしばらく先を走るパンジャンドラムを許さない自爆合戦が続き、一度も第二コーナーを曲がるパンジャンドラムが出ずにショートカットが開通します。

 ショートカット開通時に戦闘を走っていたのは「火炎ダーマパンジャン」、カーブを超え直線を走り切ればゴールですが……。後ろから迫る「焼きたてスターゲイジー号」の大きな破片、完璧な遠距離自爆攻撃により再びスタート地点に戻されてしまいました。

 あまりにも泥沼なAブロック、自爆合戦を再びギリギリのところで抜けた「火炎ダーマパンジャン」は独走状態で直線を走り抜け1位でゴール!! 

広範囲を攻撃することができる攻撃型パンジャンドラムが決勝進出となったAブロック、これには視聴者も「おおー凄いヤバイのが通過したwww」と大盛り上がりの様子でした。

 趣向を凝らしたパンジャンドラムが最速を競う「P1グランプリ」。第三回となる今回のグランプリでもハチャメチャに盛り上がるレースは健在、ぜひこの盛り上がりを感じてみてはいかがでしょうか。

文/富士脇 水面




【Besiege】第3回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ1VOICEROID実況【Besiege】第3回パンジャンドラム最速王決定戦P1グランプリ1VOICEROID実況
五人でゴールデンアイ実況プレイ【ホームムービー】part2

【スターフォックス64】STAR☆PLANETES 作戦No.1【Minecraft】マインテトリス【Tetris】

―あわせて読みたい―

・個性あふれる兵器・パンジャンドラムが大集結 第2回パンジャンドラム最速王決定戦「P1グランプリ」が開催

・「完全に鳥やん…」試作を重ね『Besiege』で作られた「鳥型飛行機」。鳥そのものと化した完成度の高いフォルムがカッコ良すぎる