“まわりに何もない立地”が事故物件になってしまう要因に!? 「叫ばれても近所に誰もいなければ逃げおおせることも……」大島てるが解説

“まわりに何もない立地”が事故物件になってしまう要因に!? 「叫ばれても近所に誰もいなければ逃げおおせることも……」大島てるが解説

“まわりに何もない立地”が事故物件になってしまう要因に!? 「叫ばれても近所に誰もいなければ逃げおおせることも……」大島てるが解説の画像

 殺人、自殺……様々な理由により、いわくつきとなってしまった事故物件を徹底的に語り尽くすニコニコ生放送番組「事故物件ラボ」。番組にはMCとして事故物件公示サイト「大島てる」管理人の大島てる氏と、事故物件住みます芸人の松原タニシ氏のふたりが出演。ゲストには怪談サークル とうもろこしの会会長の吉田悠軌さんが登場しました。

 番組コーナーでは、「秘境」と呼ばれる地域で周辺に家屋などの建物がない、いわゆる“ポツンと一軒家”の事故物件を特集。2019年9月に発生した茨城での夫婦殺害事件の物件、円形の道路の中にポツンと存在する事故物件など、さまざまな事故物件を大島てる氏が紹介しました。

左から大島てる氏@Oshimaland)、松原タニシ氏@tanishisuki)、吉田悠軌氏@yoshidakaityou)。

※本記事はニコニコ生放送での出演者の発言を書き起こしたものであり、公開にあたり最低限の編集をしています。

▼事故物件の情報が盛りだくさん!
関連記事の一覧はコチラ▼

事故物件ラボ 過去放送記事まとめ

世田谷一家殺害事件と酷似している茨城のポツンと一軒家

松原タニシ:
 まずは簡単に事故物件公示サイト「大島てる」を説明をしながら、紹介をお願いしたいと思います。

大島てる:
 日本地図上に「事故物件」という、人が亡くなった歴史のある不動産を一つひとつ炎のアイコンで示しているというサイトなんですけれども、その中から今月のテーマにあったものをいくつかピックアップしていきたいと思います。私の話は残念ながら関東に集中しちゃっているんですけれども……。

 それでまずはひとつめなんですけれども、“ポツンと事故物件”というと、どうしてもこれをまずは挙げざるを得ないというところで、今年の9月の殺人事件現場でして、茨城です。きょうはテーマが「秘境」ということなんですが、この1年を振り返ると茨城県に、不思議な事件からひどい事件まで、事故物件界隈の中で注目されるような事件も含めて集中していました。

 そのうちのひとつがこちらでして、この地図で見ても立地が興味深いと思いませんか?

上の画像を拡大したもの(川に囲まれるように炎のアイコンがある)

吉田悠軌:
 水に囲まれていますね。

大島てる:
 釣り堀を経営されていた方のお宅で、一家が襲われてしまった。現時点では未解決というところで、今後の捜査の進展が待たれるんですけども、これが現時点で偶然に未解決の状態になっているわけではありません。まわりは田んぼばかりで航空写真だとこうなります。

 こういう中で、家のところだけ木が植わっていてその中に事故物件があります。やっぱり私はこの炎のアイコンの位置からは、世田谷一家殺人事件を連想しましたね。 どうしてかと言うと、ポツンと一軒家があるということと、それが事故物件になってしまう。それにとどまらず未解決に終わってしまう可能性があるというのは、偶然つながっているわけじゃなくて、ポツンとあったからこそ。

 たとえば「キャー! 助けて」って叫んでも近所に誰もいなかったりとか。それで逃げおおせることができてしまったと。まだ事件からそんなに経っていませんから今後捕まることはあるわけですけれども。

松原タニシ:
 これはもう1ヶ月以上前ですか。

大島てる:
 そうです。9月ですね。やはり最初が肝心ですから、ここで捕まっていないと、どんどん目撃情報とかも集まりづらくなってきます。ですから、ポツンとあるっていうのは危険ですよね。たとえば、ギターの練習をしたらすぐ注意されるみたいな環境であれば、刺されたりして「ギャー」と言えば「なんだなんだ?」って野次馬がわらわら出てくるわけです。

 そういう環境じゃないからこそ、いまだに捕まっていないと。これは今月のテーマからはちょっと離れますけれども、今年茨城県内であったいろいろな嫌な事件とかのひとつでもあります。

 ちなみに他に茨城で今年に何があったのかというのをひとつだけ申し上げると、不動産の買取業者に自分の家を売った。その時に、自殺とかそういう「人が死んだ」という事実を業者に伝えないで高く売ったわけですよ。そうしたら逮捕されたという事案が今年ありました。つまり事故物件を「事故物件ではない」として売ったら逮捕されました。

松原タニシ:
 ありましたね。

大島てる:
 それは何の罪なのかっていうと、詐欺なんですよ。言われてみれば当たり前かもしれないです。訴えられてお金を払わされるとかじゃなくて、警察に捕まるというのは実ははじめて聞くことだったんですよね。なので、びっくりしましたね。

 「どうして」とコメントにもありましたけれど、どうしてそれがバレたのかも気になるところですし、もしかしたら「大島てる」サイトを見て、「自殺してるじゃないか、なんで言わなかったんだ」みたいな展開だったのかもしれないです。

 いずれにしても捕まった犯人はいまだに否認しています。つまり、うっかりしちゃったんだよみたいなことも含めて考えられるんですけど、容疑を認めていないということなので、もしかしたら警察の勇み足だったということもありえます。

 それも含めて今後どうなるのかを見ていきたいんですけど、それが茨城での事件でしたので、やっぱり今年の事故物件界隈を騒がせるネタになるようなニュースが茨城県であったなと。タニシさんもびっくりしました?

松原タニシ:
 ああ、へえ〜って。

大島てる:
 しかも被害者がプロの業者なんですよ。買いますよっていう業者が騙された。悪徳業者が捕まったんじゃなくて、業者に嘘をついたという流れなのでそこも興味深いです。話を秘境のほうに戻すと、こういう田んぼの中のポツンと一軒家で事件が起きたんです。

松原タニシ:
 他に全然家がないですね。

大島てる:
 ちょっと離れたところにあるんですけれども、叫び声とか聞こえないですね。これは本当に世田谷一家殺害事件を連想させます。世田谷一家殺害事件は世田谷なので東京ですけれども、どうして似てるのかというと、あそこはまわりが公園で公園をどんどん大きくする最中で一軒ずつ立ち退いてもらっていました。

 「公園にしますから出ていってください」という中で、残っていた家が被害者の家だった。ですからまわりは空き家だったり、あるいは取り壊されて公園になったりという状況だったので、東京は東京ですけど、林のようになりつつある状況でした。

吉田悠軌:
 私が聞いた話だと、それまではスケボーの練習がよく行われていたらしいんですけれども、ちょうど警察が「スケボーの練習を止めろ」と若者たちに言ったあとに事件が起きたらしいですね。

松原タニシ:
 そう考えたら必要悪じゃないですけれども、人の目があることのほうが安全だったりする。でも若者たちが犯罪を起こす可能性もあるから、どうとも言えないけど……。

大島てる:
 この茨城だとスケボーの練習をしているやつもいない。

松原タニシ:
 そうでしょう。わざわざ田んぼで……。

吉田悠軌:
 水に落ちますからね。

大島てる:
 というわけで、これがひとつ目ということになります。

円形状道路の内側にある一軒家での刺殺事件物件

大島てる:
 続いてはここです。

 クルドサックっていうのがあって……クルドサックというのは東京でいえば板橋にあるんですが、こんな感じのUターンしやすいようなものです。

松原タニシ:
 これは何て言うんでしたっけ。

大島てる:
 これがカタカナでクルドサック。車で行って、ただの行き止まりだとバックしないといけませんが、これだとぐるっと戻れます。

 部外者が歩いてきたり車が来たりすると、防犯上目立つんですよ。ですからいいこともありますし、もちろんデメリットもあります。こういうのが高級住宅街で計画して作ったところにはあったりするんですね。

吉田悠軌:
 右折、左折の事故が起きないようにするやつで、ヨーロッパによくありますよね 。

大島てる:
 そうですね。それを踏まえた上で、先ほどのところにもう一度いきたいと思います。地図で見るとなんとなく似ているように見えるんですけど……。

ふたつ前の画像を拡大したもの(円形の道路の中央に炎のアイコンがある)

吉田悠軌:
 ただの丸ですもんね。

大島てる:
 豪邸だったんですよね。お隣さんがいないお屋敷で殺人事件があった。

松原タニシ:
 まわりがぐるっと道になっているんですね。

大島てる:
 そうなんです。だからこういうお宅はごくたまにありすね。1ブロックを自分で占めていて、お隣さんは誰もいないというか、道を挟まないといないという、本当に豪邸ですよね。

吉田悠軌:
 私道ではないんですか。公道でこんな造り方って許されるのかなって。

大島てる:
 ここのケースでどうだったのかというのはちょっとわかりませんが、「どこまでがこの人の家なのか」で揉めないで済むわけですし、隣同士のケンカとかもないですから。でもこの家の中で家族同士の事件があって亡くなってしまった。もう10年以上前のことなんですけれども、どうなったのかなと思ったら、ここが丸ごとマンションになっていました。

松原タニシ:
 えっ、ここがマンションになったの?

吉田悠軌:
? 道もそのままに?

大島てる:
 道はそのままです。道はそのままで、この写真のお宅が取り壊されたという例でした。

自衛隊関係者同士で傷害致死事件が発生した“現代の軍人会館”

大島てる:
 また東京で申し訳ないんですけども、昔、三島由紀夫が割腹自殺した当時の市ヶ谷駐屯地、今は防衛省ですが、その横にホテルがあります。

吉田悠軌:
 こんなところにホテルってありましたっけ。

大島てる:
 はい。だからちょっと“ポツンとホテル”みたいな感じです。

吉田悠軌:
 都心部ですからそんなにポツンとはしていないですけれどね。

松原タニシ:
 ラブホテルとかはポツンとしてるけどな。

大島てる:
 でもこれはラブホテルじゃないんですよ。ここは自衛隊や防衛省と非常に密接な関係があります。昔、九段下に軍人会館というのがあって、今というかちょっと前まで九段会館と呼ばれていたところなんですけど、今はむしろそっちではなくて、こっちのホテルのほうが昔の軍人会館的な役割を果たしています。

 たとえば自衛官の方が結婚式を挙げたりとか、普通に制服を着た方とエレベータとかですれ違ったりしますよ。日本の自衛隊以外でも外国から出張で来た人とか……。

 自衛隊を辞めた人が民間企業に転職したあと、ビジネス上のトラブルで、ホテルの一室で殴ったりしたのかな。それで死んじゃったっていう事件を起こしたんです。

 自衛隊の駐屯地で今は防衛省がある隣の“現代の軍人会館”ともいえるような、自衛隊とつながりのあるホテルで事件が起きて人が死んじゃったと。加害者も被害者も自衛隊関係の人だったということです。

吉田悠軌:
 確かに結婚式とかやってるホテルですよね。

大島てる:
 はい。自衛官だったり、なんと言っても制服を着ている人と会えるっていうのが、ミリタリー好きの人にはいいんじゃないかなって思うんですけれども、今月のテーマがミリタリーではないので。

松原タニシ:
 テーマ「ミリタリー」とかあるんですかね。

吉田悠軌:
 戦地とかだいたいが事故物件でしょうね(笑)。

大島てる:
 さっき軍人会館が九段会館になったと言いましたけれども、そこも結婚式とかをやってたんですけど、東日本大震災の時に一部崩れちゃいまして裁判になりました。

 まわりが全部壊れたら諦めもつくんですけど、まわりのビルがなんでもないのにここだけ壊れたりすると「なんでうちだけ犠牲者にならなきゃいけないんだ」と納得もいかないから裁判になるということで、みんなで壊れるのが大事なんですよ。一軒だけ壊れるとオーナーは訴えられますね。

 こっちは三島由紀夫の現場とは違うのでちゃんと炎アイコンで登録されていたんですけど、そういった被災も含めていろいろあったので、建て替え中ということですね。しばらくしたら入られると思いますけど、今は入られないですね。

 ここが防衛省隣のホテルの傷害致死事件現場の写真です。よくホテルで人が死んじゃうような事件があったら、いろいろと対処するというお話をしたことがあります。

 たとえば101、102、103と数えていたものを、反対側から101、102、103と数えたりとか、あるいは事件があった部屋をなかったことにする。なかったことにするというのは、物置にするとかもあるんですけど、隣の部屋とつなげてスイートルームにしちゃって欠番にするとか。

 いろいろなテクニックを弄するんですけど、さすがにここは自衛隊関係のホテルということなのかわかりませんが、何もしてませんでした。今も運が良ければ事件現場に泊まられます。ということでタニシさんみたいに契約しなくても、一泊だけ事故物件ということができるかもしれないですね。

松原タニシ:
 ここなら確実に泊まられるってことですね。全国の事故物件マニアのみなさん、おすすめです。

まわりに何もない伊豆山のポツンと一軒家の火災現場

大島てる:
 熱海の物件をご紹介します。熱海にある興亜観音という観音様にまつわるお話をこの番組で、以前にさせていただいたわけなんですけれども、じゃあなんで私が「小さな靖国神社」と呼ばれ、いわゆるA級戦犯を祀っている観音様に行っているのか。

 温泉のついでに行くとかでもいいんですけども、実際このあたりでもたとえば殺人事件があったり、火事があったりっていうことなので近くに行っているわけですよ。

 たとえばそのうちのひとつがこちらの火事でして、これも地図を見てほしいんですけども、全然まわりに何もないわけですよ。

 事故物件がないというか、家自体があんまりないというところの一軒家で火事が起きて、車で行くのも大変でした。両側が茂みで葉っぱでこすれちゃうというようなところに、家がありました。

松原タニシ:
 廃墟になっていたんですね。

吉田悠軌:
 心霊スポットにもなってそうですね。

大島てる:
 ただ、ここは近くに何度かご紹介した興亜観音があります。もともといわゆるA級戦犯の7人のうちのひとりの方の別荘地関係で、高台にあるんですよ。伊豆山があって海とかがずっと下のほうに一望できるそういう場所ですね。

『事故物件ラボ』だけでなくオカルトコンテンツがもりだくさん!
モノガタリチャンネルはコチラ

バナーをクリックでチャンネルページ

▼松原タニシ 著『異界探訪記 恐い旅』好評発売中▼

(画像をクリックでAmazon販売ページへ)

▼事故物件の情報が盛りだくさん!
関連記事の一覧はコチラ▼

事故物件ラボ 過去放送記事まとめ

関連記事(外部サイト)