『きかんしゃトーマス』を魔改造して『2001年宇宙の旅』人工知能HAL9000を作ってみた? インパクトがヤバすぎて「狂気でしかない」「無駄な高機能w」との声

『きかんしゃトーマス』を魔改造した『蒸気駆動AIシステムTMS9000』の動画が話題

記事まとめ

  • 『蒸気駆動AIシステムTMS9000を作ったった!』という動画がネットで話題になっている
  • 『きかんしゃトーマス』を魔改造したもので、HAL9000のプラモから着想を得たという
  • HAL9000は、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』に出てくるAI

『きかんしゃトーマス』を魔改造して『2001年宇宙の旅』人工知能HAL9000を作ってみた? インパクトがヤバすぎて「狂気でしかない」「無駄な高機能w」との声

『きかんしゃトーマス』を魔改造して『2001年宇宙の旅』人工知能HAL9000を作ってみた? インパクトがヤバすぎて「狂気でしかない」「無駄な高機能w」との声

『きかんしゃトーマス』を魔改造して『2001年宇宙の旅』人工知能HAL9000を作ってみた? インパクトがヤバすぎて「狂気でしかない」「無駄な高機能w」との声の画像

 今回紹介するのは、フリスクPさん投稿の『蒸気駆動AIシステムTMS9000を作ったった!』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

HAL9000のプラモは定価8,500円するけど「機関車トーマス」ラムネのキャップで自作すれば100円+αです。

蒸気駆動AIシステムTMS9000を作ったった!

 スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』。モノリスなどのSF的考察を反映した本作は1968年公開ながらも未だ根強い人気のある作品です。
 こちらに登場する宇宙船「ディスカバリー号」に搭載された人工知能「HAL 9000」が2019年にプラモデルとして発売されました。

 これを見た投稿者のフリスクPさんは『きかんしゃトーマス』ラムネのキャップで自作すれば、なんと約100円+αで制作できると思いつき、実際に作ってみました。

 初めに、『きかんしゃトーマス』ラムネを購入してその中身をすべて食べて、空箱にします。使用するのは、顔が描かれているキャップ部分です。

 続いて、加湿器を購入します。こちらを分解して、必要な部分だけを取り出します。

 これを先ほどのキャップ部分に取り付け、水蒸気を煙突から噴き出すようにします。

 「HAL 9000」の本体部分を3DCADを使って、設計していきます。

 作成したデータを3Dプリントします。

 出来上がった各パーツを塗装します。

 その後は、細かい配線などを施せば、完成となります。

 カメラアイの部分がトーマスに代わっていますが、それ以外は完全に「HAL 9000」です……もう1点ありました。「HAL」の部分が「TMS」に代わっていました。

 この「TMS 9000」は、加湿器の機能を有しながら、外部接続でスピーカーとしても使えるという高性能なアイテムとなっています。
 約100円+αのα部分のとっても価格が気になりますが、8500円よりも少ないことを切に願っています。

視聴者のコメント

サムネブラックホール
ヤバい匂いがしたらやっぱりヤバかったw
無駄な高機能w
狂気でしかない
こわい

▼動画はこちらから視聴できます▼

『蒸気駆動AIシステムTMS9000を作ったった!』

―あわせて読みたい―

・淡々と『デーモン・コア』を開閉するロボットを作ってみた!? 「手の込んだ自殺」「光っちゃったらダメだろww」と阿鼻叫喚の声が集まる

・約4か月弱の「失敗と挫折」を繰り返しながら“古代文明風ギア”を作った男の軌跡