カルロスゴーン氏がモデル? 国外脱出を目指すステルスアクションゲーム『Ghone is gone』をプレイしてみた

カルロスゴーン氏がモデル? 国外脱出を目指すステルスアクションゲーム『Ghone is gone』をプレイしてみた

カルロスゴーン氏がモデル? 国外脱出を目指すステルスアクションゲーム『Ghone is gone』をプレイしてみたの画像

 今回紹介するのは、型紙さん投稿の『【VOICEROID実況】国外に逃げる茜ちゃんと葵ちゃん【Ghone is gone】』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

Twitterに上げるために作ったので単発です。ラジオの息抜きにやりました。動画編集の練習でもあります。

【VOICEROID実況】国外に逃げる茜ちゃんと葵ちゃん【Ghone is gone】

 カルロス・ゴーン氏の国外逃亡のニュースが報道されて久しいですが、偶然にも驚きの内容のゲームがリリースされました。そのゲームの名は『Ghone is gone』。このゲームのあらすじはどのようなものかというと、

ルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合の元CEO・ロスカル・ゴン。仮保釈されたものの、24時間監視され続け、僅かな隙をついて、迫りくる敵から逃れ、楽器箱に身を隠しながら、西関空港を目指し、ノンレバ国へ脱出せよ!!

というもので、ゲーム内容は、主人公・ゴンを操りながら逃亡を目指すステルスゲームとなっています。ちなみに「このゲームはフィクションです。実在の人物・団体・国家・施設とは無関係です。」とのことです。

 タイトル画面が表示されました。タイトルロゴの横には何か見覚えのあるような風貌の男性。どうやらこの男性がこのゲームの主人公・カルロ……ロスカル・ゴン氏です。

 投稿者の型紙さんが設定を押すと、音響設定がゴン氏の目の部分に表示されました。偶然なのか、これでは容疑者のように見えてしまいます。

 タイトル画面はさておき、早速ゲームを開始。どうやら楽器ケースに入ったゴン氏を動かすようです。
 このゲームは、楽器ケースに入ったゴン氏を動かしながら、迫りくる警官に買収という名の賄賂を撃ちだし逃げ延びるというのがゲームの基本ルールとなっています。ゴン氏が左側に大きく表示されているのが謎です。

 攻撃を受けると画面上部に表示されている数字が大きく減ります。この数値はゴン氏の所持している金額であり、ライフとしても機能しています。ダメージに連動して、左側に拡大表示されているゴン氏も驚きの表情を見せています。

 このゲームはステルスゲームなので、スペースキーを押すと楽器ケースに隠れて警官をやり過ごすことができます。道路の真ん中に楽器ケースが違和感しかありませんが気にしてはいけません。

 ゲームを進めると、ボスが登場しました。なんと「菱形が3つ」付いた武器を振り回すボスのようです。
 投稿者の型紙さんはなんとかボスを攻略に成功。ゲーム購入金額である100円分を楽しんだようでしたが、なんと次のステージが登場。無言のまま動画は終了してしまいました。

 とてもアクの強いゲームで操作性など問題もあるとのことです。そんなステルスゲーム『Ghone is gone』のステルスアクションを堪能したい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

ミタコトナイナー
鐘がゴーンとなるわけか
これ見てみたかった
左のおっさん邪魔ァ!

▼動画はこちらから視聴できます▼

『【VOICEROID実況】国外に逃げる茜ちゃんと葵ちゃん【Ghone is gone】』

―あわせて読みたい―

・『まちカドまぞく』せいいき桜ヶ丘を歩き回るゲームを作ってみた? 原作愛溢れる作りこみに「野生の公式」の声

・「鹿」が縦横無尽に暴れまわるゲーム? 前代未聞な内容に「永遠にβテストになっちゃう」「奈良では見慣れた光景」との声