『マインクラフト』サバイバルモードで超巨大建造物を作ってみた! ガチ勢が素材集めからスタートした建築が、どれもセンス良すぎて圧倒される

『マインクラフト』サバイバルモードで超巨大建造物を作ってみた! ガチ勢が素材集めからスタートした建築が、どれもセンス良すぎて圧倒される

『マインクラフト』サバイバルモードで超巨大建造物を作ってみた! ガチ勢が素材集めからスタートした建築が、どれもセンス良すぎて圧倒されるの画像

 昨年10周年を迎え、現在もプレイヤーが増え続けている世界的に人気のゲーム『マインクラフト』

 その人気の理由のひとつが自由度の高さだ。サバイバルモードでブロックや食べ物などを集めながら防具や武器を揃え、『マインクラフト』の世界を生きることはもちろん、あらゆるブロックを自由に使用することができるクリエイティブモードで思い思いの世界を作り上げることも可能だ。

 ニコニコ動画にもサバイバルモードの実況プレイや配布マップなどのプレイ動画、クリエイティブモードで作り上げたオリジナルの建築物を披露する建築系の動画などが投稿され、それぞれが違う楽しみ方をしている様子が確認できる。

 今回紹介するのはPON☆Pさん投稿の『【Minecraft】たまにはサバイバルでも遊んでみるよ』という動画シリーズ。

 この動画は、普段クリエイティブモードで制作した、巨大な街や超巨大な建造物などを公開しているPON☆Pさんがサバイバルモードを楽しむというもの。

 サバイバルモードでは生活や建築するためのアイテムやブロックは、全て伐採や採掘など1ブロックずつ自身の手で集める必要があるため巨大な建築物が制作されることは多くない。

 しかし、この動画では驚くことに使用するブロックを大量にかき集めて、巨大な建築物の制作を行っている様子が確認できる。自ら資源を集めながら、圧倒的な建築力を見せつけている『マインクラフト』動画の一部をご紹介する。

―あわせて読みたい―
・『マインクラフト』ひとつのワールドで5年以上ひたすら地面を掘り進める動画がマジでヤバい。2014年スタート、まだまだ終わりが見えない超長編シリーズを紹介!

・祝・マイクラ10周年! 「前川ピュタ」や「迷子の人」などニコニコに投稿された『マインクラフト』動画10年の歴史を振り返ってみた

建築ガチ勢、サバイバルの地に降り立つ

 クリエイティブモードで巨大な建築を行っているイメージの強いPON☆Pさんがサバイバルモードのマインクラフトをプレイしているこの動画。

画像はクリエイティブモードで制作したPON☆P さんの作品『【Minecraft】スパフラにお城を生やしてみたよ』

 普段は長く親しんだ1.7.2というバージョンで建築を行っているが、この動画シリーズではその時の最新バージョンにアップデートし、最新の環境に触れながらサバイバルを楽しんでいる。

 戦闘や採掘など、クリエイティブモードにはない要素を楽しむPON☆Pさんだが、この動画でもその建築力は発揮されている。

 Part3では鉱石類を回収する採掘場を制作。本来このゲームでは、ただ採掘するだけであれば何の装飾も必要ない施設だが、動画ではビジュアルも重視した立派な採掘場が作り上げられた。

サバイバルとは思えない巨大建築

 建築を得意とするPON☆Pさん、序盤からビジュアルを重視した施設が制作されていることは既にお伝えした通りだが、動画ではサバイバル建築の域を超えた巨大かつクオリティの高い建築物も多く作られている。 

 ここでは動画中で特に大きな建造物をピックアップして紹介する。

Part4〜Part12で制作、第一拠点

 Part4から始まった最初の拠点づくり。通常であれば多くのプレイヤーが簡単な作りにするであろう最初の拠点も建築のガチ勢、PON☆Pさんの手にかかれば……。

 実に動画9回分もの作業を重ね、何もなかった砂浜にとても最初の拠点とは思えない豪華すぎる建物が出来上がった。

 使用されているのは石や木材、『マインクラフト』をプレイすれば誰もが簡単に手に入れられるものばかりだが、いったいどれほどの資材を使用したのやら……。

 大きな建物と隣接する塔、陸地と拠点を繋げる橋まで、出来上がったものすべてにセンスがあふれ出ている。

Part29〜Part32で制作、ガーディアントラップ

 Part29から制作されていたのはガーディアントラップだ。

 『マインクラフト』には特定のエリアにしか現れない敵対モンスターというものが存在する。ここで紹介する建物は海底神殿というエリアにしか出現しないガーディアンというモンスターを自動で倒し、アイテムを回収するためのトラップである。

 通常この手のトラップはアイテム回収を優先し、外観は簡素な作りになることが多いが、この動画ではそうはならない。

 海底神殿で使用されている青緑色のブロックを基本に砂岩ブロックなどで外観を制作。まるで城か宮殿のような作りのトラップが完成した。

 PON☆Pさんは外装に使用するブロックを、ネザー水晶という一部のエリアでしか入手ができないブロックを使用したかったようだが、コストを考慮し砂岩を選択したとのこと。サバイバルモードの建築ならではの悔しい判断だ。

 画像中央の大きな建物、ガラスの奥に見えるのがトラップエリアであり、その他のエリアはトラップの効果に影響のないただの装飾。

 ここまでデザインに特化し、美しさあふれるトラップはそうそうみられるものではないだろう。

Part48から制作スタート、現在も建築中の海中巨大建築

 2018年に投稿されたPart48から制作がスタートし、現在も建築作業が続いている超々巨大建築を紹介しよう。

 この建築物は2018年に行われた海のコンテンツを多く追加するアップデートに合わせ、水中に第二拠点を作ろうと先のガーディアントラップ付近の海で制作が始まったものだ。

 最初に行われたのは拠点前の庭園づくり。最初は砂利以外何もなかった土地に色とりどりのサンゴが並ぶ海中庭園が作り上げられる。

 Part49からは拠点となる建物に着手、海中に宮殿が建てられていく光景が確認できるだろう。

 先のガーディアントラップではコストが原因となり、使用するブロックを変更するという辛い判断を下したPON☆Pさんだが、今回の海中宮殿では海に映える白色のネザー水晶を選択した。

 資材集めにはかなりの苦労を強いられているようだが、現在最新となるPart53までに両サイドに海面から顔を出す塔の外装が完成。

 建材の新たな入手ルートを開拓し、現在は中心部にあるメインの建物を建築中のようだ。

 その巨大な庭園と並ぶ宮殿はもちろん、海面から伸びる塔にはとてつもないセンスが感じさせられる。まだまだ建築が続く宮殿づくりはもちろん、限られた資材の中でPON☆Pさんが何を作り上げるのか、今後も動画から目が離せない。

 建築ガチ勢がプレイする『マインクラフト』サバイバル実況プレイ動画『【Minecraft】たまにはサバイバルでも遊んでみるよ』シリーズ。

 動画では今回紹介した巨大な建築物以外にも、大小さまざまなセンスあふれる建築物が多く建てられている。とてもサバイバルモードとは思えない建築が行われる驚きの動画をご覧になってみてはいかがだろうか。

文/富士脇 水面

【Minecraft】たまにはサバイバルでも遊んでみるよ

【Minecraft】たまにはサバイバルでも遊んでみるよ part1

―あわせて読みたい―
・『マインクラフト』ひとつのワールドで5年以上ひたすら地面を掘り進める動画がマジでヤバい。2014年スタート、まだまだ終わりが見えない超長編シリーズを紹介!

・祝・マイクラ10周年! 「前川ピュタ」や「迷子の人」などニコニコに投稿された『マインクラフト』動画10年の歴史を振り返ってみた

関連記事(外部サイト)