“農業系”VTuberがプランターでミニトマトを栽培…育て方の知識とわかりやすさに「マジか」「なるほど」の声

“農業系”VTuberがプランターでミニトマトを栽培…育て方の知識とわかりやすさに「マジか」「なるほど」の声

“農業系”VTuberがプランターでミニトマトを栽培…育て方の知識とわかりやすさに「マジか」「なるほど」の声の画像

 今回紹介したいのは、畑のVTuber陽菜/Hinaさんが投稿した『おてがる野菜づくり、トマト編スタート!』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

ベランダや室内で出来るトマト作りの第一歩 まずは買ってきた苗を植えます トマトは何度も収穫できるので、1本育てておくと晩ご飯のサラダが賑やかになります!

おてがる野菜づくり、トマト編スタート!

 福島の農家のバーチャルYouTuberである陽菜さんが、ベランダや室内で出来るトマトづくりを解説します。

 色んなトマトの苗が売られている中、選んだのはミニトマト。

 トマトは根っこが大きく広がるので、植木鉢は大きめのバケツくらいのサイズを用意しました。

 栽培期間が短いものは最初から土に入っている肥料で足りますが、栽培期間が長く何度も収穫するトマトは実が付きはじめると沢山栄養が必要になります。そのためタイミングに合わせて追肥をする予定です。

 鉢底に石を敷いたら土を入れ、上から押しながら少し固めます。土を固めるのは栽培期間が長いため崩れないようにと、支柱を刺したときに安定させたいからです。

 土の準備ができたら土にも苗にも水をしっかりあげます。

 苗がちょうど収まるくらいの鉢穴を空けたらミニトマトを植えます。このときあまり深く植え過ぎないよう、苗の土と植木鉢の土は同じくらいの高さにします。

 次は支柱です。トマトはもともと地面を這うように育つ植物なので、ちゃんと上に伸びるよう支柱を立て支えます。このとき固定する麻ひもはゆるゆるにしておくのがポイントです。トマトの茎はこれからどんどん太くなるので余裕を持たせておく必要があるからです。

 トマトの定植が完了しました。あとは毎朝1回たっぷりを基本に、水をあげながら様子を見ます。

 さすが本職、というわかりやすさと知識の陽菜さん。詳細については動画をご覧ください。このあとは『おてがる野菜づくり、おいしく育てるひと手間』と続きミニトマトは順調に育っていきます。

視聴者のコメント

・なるほど
・マジか
・定植って言うあたり農家やなw
・お疲れ様

▼動画はこちらから視聴できます▼

おてがる野菜づくり、トマト編スタート!

―あわせて読みたい―

・イチゴ農家はイチゴ食べ放題…という訳ではないが、市場に出回らないめちゃくちゃ甘い「発酵果」というものが食べられる!

・「キャンプ好き必見、ひとつの鍋でポテチ→アヒージョ→パスタの満腹コースを作ってみた。食材の風味が効いた油がサイコー!

関連記事(外部サイト)