「僕の知ってるセクキャバと違う」高井議員が受けた過激なサービス内容について、吉田豪と久田将義が疑問を呈する

「僕の知ってるセクキャバと違う」高井議員が受けた過激なサービス内容について、吉田豪と久田将義が疑問を呈する

「僕の知ってるセクキャバと違う」高井議員が受けた過激なサービス内容について、吉田豪と久田将義が疑問を呈するの画像

 新型コロナウイルスの感染拡大で、緊急事態宣言が出され、外出の自粛が呼びかけられる中、立憲民主党の高井崇志衆議院議員が新宿歌舞伎町の「セクシーキャバクラ」と呼ばれる店を利用し、性的サービスを受けたと「週刊文春」などで報じられた。

 久田将義氏と吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「久田将義と吉田豪の噂のワイドショー」において、この話題に言及。

 高井議員が受けたという性的サービスの内容について、吉田氏は「ボクの知っているセクキャバって、そこまでできるの!?」と首を傾げると、久田氏も「風営法違反で摘発されちゃうと思う」と記事内容に疑問を呈し、最終的には久田氏が事態収束後に店舗に潜入取材を行うという予想外の展開に発展した。

「466億円もかけてマスク2枚配布はおかしい!」と投稿したところ、猛烈な批判を受けています。
FBにも同じ投稿をしたのですが、ほとんど批判はなく賛同のコメントばかりなので、TwitterとFBの違いを痛感しています。
それはさておき、私が「マスク2枚配布をなぜ批判するのか」もう少し詳しく説明します pic.twitter.com/wboU2KnyZW

? 高井たかし (@t_takai) April 13, 2020

※本記事はニコニコ生放送での出演者の発言を書き起こしたものであり、公開にあたり最低限の編集をしています。出演者はテレワークでの出演であり、この番組は2020年4月20日に放送されたものです。

―あわせて読みたい―

・外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う

・元アイドリング・遠藤舞も被害! 「芸能活動には枕営業が必要だ」と騙った“自称プロデューサー男”の逮捕を吉田豪が語る

股間いじり、全身舐め回し、射精のフルコースに「セクキャバって、そこまでできるの!?」 左から吉田豪氏久田将義氏

久田:
 セクシーキャバクラには全然行ってもいいんだけど、「なんで緊急事態宣言が出たあとに、あんただけ行ってるの?」っていうことですよね。

吉田:
 タイミングが悪すぎたというのはありましたね。

この度は私の軽率極まりない行動により、多くの皆さまを傷つけ、不快な思いにさせてしまったことは誠に申し訳なく、お詫びの言葉もありません。

国民の皆さまに行動の自粛という大変な不自由をお願いしておきながら、お願いする立場にある私がそれを破っているのであり、弁解の余地はありません。

? 高井たかし (@t_takai) April 16, 2020

久田:
 「僕らが我慢してるのに、何行っちゃってるの?」っていう感じはってありますよね。

吉田:
 「俺が我慢しているのにこの野郎!」って、それは完全に久田さんの本音です(笑)。
 国会とかブログでの自分の言ってることとやっていることが違うだろう的な部分で、突っ込まれる要素はいくらでもあるんですよ。
 「ロックダウンの必要性を訴えています」「『夜の外出自粛』では済まないと思います」とまで書いてた癖に! と突っ込まれるのは当然だけれども、別に違法な店に行ったわけでもなく、緊急事態宣言で店がガラガラになっているところに行ってあげた的な意味も含めて、ボクはフォローしてあげたいんですよ。

 それより、文春と新潮で同時に出てたじゃないですか。「犬になりたい!」「まいやん(白石麻衣)に似てる!」とかのネタになりやすい発言も含めて、どっちもえらい細かい情報まで載りつつ、微妙にディテールが違う感じだったから、誰がリークしたんだろうと思って。

久田:
 セクキャバ嬢のタレコミですよね。高井議員のLINEが出ているので、完璧に売られましたね。

吉田:
 あと、店がジャンルとしては「セクキャバ」なわけじゃないですか。報道されている内容が、ボクの知っているセクキャバと違うんですよね。
?女の子にパンツの上からイチモツをさすってもらって、最後は店中に響き渡る声で“イクーッ”と叫んで普通に射精をしたとか、女の子のパンツの中にまで手を入れて愛撫してたとか、女の子の全身を舐め回したとか、「ボクの知っているセクキャバって、そこまでできたっけ!?」っていう疑問が出てきたんですよね。

久田:
 寸止めだけどね。

吉田:
 そうですよね。ピンサロじゃなくて、おっぱいパブだと、もっとソフトなことしかできないはずなんですよ。

久田:
 最後までしちゃいけないんだよね。

裏オプがあるのか、潜入調査すべき

吉田:
 (コメントを見て)オプションで射精できるの?

久田:
 オプションでもできないよ。俺、聞いたことないけどな。

吉田:
 おっパブで射精と股間いじりは無理でしょう。だから不思議だなと思って、これがどこまでが本当なのか、正直よくわかってない。ただ、本人も店に行ったことは認めつつも、「犬になりたいとは言っていませんし、果ててもいません」って否定してたりするんですよね。

久田:
 最後までって書いてあったっけな?

吉田:
 射精して、その後の話も……。(コメントを見て)裏オプがあるところなの?

久田:
 それは風営法違反で摘発されちゃうと思う。ほぼ店の名前も特定できちゃってるよね。セクキャバもおっパブも絶対ダメですよ。

吉田:
 だから当たり前のように報じられてるけれども、ボクは「どこまで信じていいの?」と正直思った。

久田:
 嘘でしょう。

吉田:
 全然わからないです。そういう店なのかもしれないですけど。不思議なニュースだと思って。これを調べるためには、前に「出会い系バーに潜入レポート」ってやったじゃないですか。あれと同じパターンで、久田さんに潜入取材してほしいんですけれど(笑)。久田さんはもう店を特定しているじゃないですか。本当にそれくらいのサービスをしてくれる店なのか、潜入してきてくださいよ。

久田:
 ゴールデンウィーク明けですね。

吉田:
 本当に全身舐められるのかとかね。「記事で読んだんだけど、舐められないのか?」「あいつは射精したんだろ? 俺はダメなのか?」みたいにゴネてきてください(笑)。

久田:
 「なんで?」くらいは言ってみましょうかね。行くのは全然いいですよ。

吉田:
 誰かがちゃんと検証をすべきだと思うので。是非よろしくお願いします。

▼YouTubeチャンネル
久田将義と吉田豪の噂のワイドショーはコチラ▼

▼TABLO編集長久田将義の「ニコ生タックルズ」はコチラ▼

▼プロインタビュアー吉田豪の「豪さんのチャンネル」はコチラ▼

―あわせて読みたい―

・外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う

・元アイドリング・遠藤舞も被害! 「芸能活動には枕営業が必要だ」と騙った“自称プロデューサー男”の逮捕を吉田豪が語る

関連記事(外部サイト)