“モテクリエイター”ゆうこすの素顔は超繊細メンタル。 私物プレゼント騒動で漏らした本音を吉田豪が明かす【話者:吉田豪・久田将義・掟ポルシェ】

“モテクリエイター”ゆうこすの素顔は超繊細メンタル。 私物プレゼント騒動で漏らした本音を吉田豪が明かす【話者:吉田豪・久田将義・掟ポルシェ】

“モテクリエイター”ゆうこすの素顔は超繊細メンタル。 私物プレゼント騒動で漏らした本音を吉田豪が明かす【話者:吉田豪・久田将義・掟ポルシェ】の画像

 元HKT48のメンバーで、現在は“モテクリエイター”として活動している「ゆうこす」こと菅本裕子氏が炎上騒動に巻き込まれた。

 昨年5月に誕生日イベントを開催した際、販売したプレミアムチケットの特典である私物プレゼントが、いまだに購入者に届いていないというトラブルが発生し、当事者以外からも批判の声が殺到するという騒動に発展。それに対し菅本氏がサブアカウントで「野次馬野郎が一生つまらねえ人生送ってろよ」と発言したことがさらに批判を呼ぶ結果となった。

 久田将義氏吉田豪氏は自身がパーソナリティをつとめるニコニコ生放送「久田将義と吉田豪の噂のワイドショー」において、ミュージシャンの掟ポルシェ氏をゲストに迎え、この話題に言及。

 以前より交流のある吉田氏は、菅本氏について、“モテクリエイター”という強いイメージが先行しているが、もともとは不器用でメンタルが弱く、騒動についても「サブアカウントで本音を出すこともダメなのかもしれません」と語っていたことを明かした。

去年開催されました誕生日イベントのプレミアムチケット購入者への特典私物プレゼント未発送の件と、Twitterのサブアカウントについて、ご心配ご迷惑をおかけした皆様に経緯の説明及び謝罪をnoteに書かせて頂きました。
今の気持ちと、今後の対応についても書いております。https://t.co/5NGk20xlwG

? ゆうこす (@yukos_kawaii) May 14, 2020

※本記事はニコニコ生放送での出演者の発言を書き起こしたものであり、公開にあたり最低限の編集をしています。出演者はテレワークでの出演であり、この番組は2020年5月24日に放送されたものです。

―あわせて読みたい―

・外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う

・元アイドリング・遠藤舞も被害! 「芸能活動には枕営業が必要だ」と騙った“自称プロデューサー男”の逮捕を吉田豪が語る

■「強い」というイメージとは逆にメンタルは弱い人 左上から吉田豪氏(@WORLDJAPAN)、久田将義氏(@masayoshih)。左下は掟ポルシェ氏(@okiteporsche)

吉田:
 ゆうこすがTwitterでサブアカウントを持ってたんですよね。そちらでは結構自由な発言をする。ゆうこすは“SNSの達人”的なキャラクターで打ち出してたから、基本SNSでネガティブなことは言わないんです。

 その分、サブアカウントでネガティブなことを言ってて、そこでは自信のなさとか不安感とかがダダ漏れになってたからボクは大好きだったんですけど、今回、イベントのプレミアムチケットの購入者にプレゼントが届いていないのが問題になった時に、そこでのつぶやきが、騒いでいる外部の人間に対する批判じゃないかみたいに思われて、急遽鍵アカウントにした。
 それが逆効果になって「炎上し、サブアカウントもまったく使われなくなり、表のアカウントも今は完全に止まっている状態みたいですね。【※】
 もともとのメンタルがすごい弱い人ですからね。

※6月7日、表アカウント・ゆうこすさん(@yukos_kawaii)が約1ヵ月弱ぶりに投稿。6月4日より仕事を再開したことを明かしました。

掟:
 (コメントを読む)「野次馬野郎が一生つまらない人生送ってろよ」とツイートしたそうです。

吉田:
 そうそう。

掟:
 ファンじゃなくて、この件で騒いでる人たちに向けて、「何も知らないのに勝手に騒いでるんじゃねえよ」ってことかな。

吉田:
 謝罪の文章についても、「ファンについての批判とかではないです」って言っていて、実際そうなんですよね。どんな騒動でもそうですけど、だいたい部外者が騒ぎだしてからが炎上のスタートというか。課金している人が怒るのはわかるけど、そうじゃない人がどんどん怒っておかしなことになっていくという、ネット炎上のよくあるパターンですね。

昨日別のアカウントにて愚痴ってましたが、それは決してご購入者さんやファンの方に対してではないです。誤解を招くような発言をしてしまい、申し訳ございませんでした。今回の件は確実に私に非があること、理解しております。当時のイベント運営会社に連絡を取り、進めております。申し訳ございません

? ゆうこす (@yukos_kawaii) April 27, 2020

 でも、ゆうこすはもともと、いろいろなことが不器用な人。ボクがやっている「猫舌SHOWROOM 豪の部屋」に出た時もいろいろ話してくれたんですけど、いまも心療内科に通院中だったり、人の目がないと寝られないから、ひどいときは公園で寝泊まりしていたとか。彼氏の存在を公表しているのは、ひとりで寝られないからでもあると思うんですよ。

 ただ、そういうネガティブな部分はあまり表には出さず、サブアカでこっそり出すぐらいにして、すごく強い“モテクリエイター”部分を前面に出していたから、今回の炎上で想像以上のダメージを受けちゃったという。

掟:
 特典で私物プレゼントっていうのがあったわけでしょう? それが届いてないの?

吉田:
 それもややこしい話ですけれど、当然スタッフが間に入っていて、ゆうこすはTwitterでエゴサしてそういう不満の声を見るたびに「送って」とスタッフに言っていたけれど、スタッフが結局やらないってことが続いていたみたいなんです。
 だから「もうちょっと組織の規模が小さければ全部私がやっていたのに、規模が大きくなったためにこんなことになってしまってすみません」みたいな謝罪をしている。

掟:
 そんな何10人も何100人も買えるものなの?

吉田:
 その辺はよくわからないけど、ただイベントは結構な集客になっていますね。

掟:
 たぶん20人とかそんなもんだよね。でも「送られてこないじゃないか」って、ファンが怒るんだったらわかりますけどね。

吉田:
 チケットを買った人が怒るのは正当ですからね。

掟:
 不倫会見みたいなものよ。奥さんが怒るのはわかるけど、お前、全然関係ねえじゃん! っていう人が怒るやつですね。

久田:
 炎上はきついよね。もともとHTK48で炎上した人で、僕もちらっとYouTube見ましたけれど、NGT48の中井りかさん的な感じだった。中井りかさんも強いって言われてましたけど、インタビューすると意外と神経が細い人で、ゆうこすさんもお会いしたことはないけれど、たぶんそういう人なのかなと想像しています。

 そういう人は炎上はつきものなんだけど、ちょっとね……。スルー能力をつける、つけないの話になってきて、そんなこと関係ないじゃんっていう人もいると思うんですけど。こういう場合は、嵐が過ぎるのを待ったほうがいいような気がしますけどね。かわいそうですよね。

吉田:
 関係ない人に見つかって騒ぎになった時の対処の仕方について、何が正解なのかが本当にわからないわけじゃないですか。訳のわからない人が次々と変なリプライを飛ばしてきたら、恐怖を感じて鍵アカウントにしちゃう気持ちもわかるし。ただ、その瞬間に「鍵アカウントの中で、もっとひどいことを言ってるに違いない」みたいなことを考える人が出てくるから、どんどん悪循環になる。

掟:
 一旦鍵アカウントとかにするのは良くないですよ。だからね、みんなmixiをやったほうがいい(笑)。

吉田:
 友達の友達まで公開とか、友達のみ公開とか、公開範囲を設定できるからね(笑)。

掟:
 ぜひmixiをオススメしますね。

吉田:
 ボクはmixi時代に、日記を友達の友達までに公開にしていたんだけど、ボクが友達承認をしないもんだから、ボクの友達に「承認してください」ってやつがいっぱい来たみたいですよ。マイミクの上限に達していたのでやっていなかったんですけれども。

久田:
 Facebookもあまり炎上しないからいいんじゃないかなと思いますけれどね。Twitterは無法状態ですからね。

掟:
 鍵アカウントくらい持ってるだろうと思って、好きなアイドルの鍵アカウントを探しますからね。

■今回の騒動に「サブアカウントで本音を出すこともダメなのかも」

掟:
 物が送られてこないっていうのは、ファンにとっては「あの時、物が送られてこなかったのは俺だぜ」みたいな感じで、すごく嬉しかったりするんですよね。昔、Perfumeのファーストアルバムが出るくらいの時に、「PerfumeおしゃべりCD」みたいな特典があって、それが未だに送られてこないんです(笑)。

 抽選で100名に当たるとかっていう話だったんだけど、誰も送られて来なくて、当時はあの話だけで盛り上がれるみたいな感じでしたね。誰にも送っていないっていうことなんですよ。

吉田:
 ファンなら不満は言いつつも、どんな状況でも面白がろうとするからね。

掟:
 一番熱心なファンほど、厄介な人も多いのは確かだけどね。「俺ぐらいのファンになると、アイドルにも物申せる」と本気で思っている人がトップオタみたいなのが多いからね。

吉田:
 この俺を軽視するのか、みたいなスイッチが入っちゃう。

スタッフ:
 このチケットは、2019年5月開催の誕生日イベントのものでした。基本参加費無料のイベントなんですけど、30名限定で2万5000円で販売したチケットです。当日発売されていたグッズをすべてプレゼント、イベント終了後の打ち上げに参加できて、その中に私物プレゼントが入っているというものです。

吉田:
 だから、結構回収はできているわけですよね。ものすごい理不尽な値段設定をしているわけでもないということですよね。

スタッフ:
 中身を考えたら、普通の値段だと思います。

掟:
 ゲストとかを呼んで結構豪華な感じでやってましたもんね。2万5000円ぐらいだったら祝儀みたいな感じだから、ファンとしては痛くも痒くもない感じですよ。ソロアイドルで、バックもいないわけだから。

 ただ、スタッフに「送っておいて」ということは、たとえば自分のパンツじゃないけど、適当なパンツを買って送っといてみたいな感じでしょう(笑)?

吉田:
 そういうことなのかなー(笑)。

スタッフ:
 めっちゃわかりやすい(笑)。

吉田:
 ゆうこすのサブアカウントがすごい好きで、本人にもそれを伝えていたんですけど、「サブアカウントでこうやって本音を出すことも、ダメなのかもしれません」みたいに言ってましたね。

掟:
 ぜひmixiをやってください(笑)。みんなもはじめたほうがいい(笑)。

吉田:
 ボクも掟さんもいまだに本音はmixiで書いているからね(笑)。?

▼YouTubeチャンネル
久田将義と吉田豪の噂のワイドショーはコチラ▼

▼TABLO編集長久田将義の「ニコ生タックルズ」はコチラ▼

▼プロインタビュアー吉田豪の「豪さんのチャンネル」はコチラ▼

―あわせて読みたい―

・外出自粛でアイドル業界が絶体絶命! AKB、坂道G、地下アイドル…握手会ビジネスに頼り過ぎた業界の未来を吉田豪・久田将義が憂う

・元アイドリング・遠藤舞も被害! 「芸能活動には枕営業が必要だ」と騙った“自称プロデューサー男”の逮捕を吉田豪が語る

関連記事(外部サイト)