『プリコネR』でプリン化したキャルを3Dで再現!? ぷるんぷるんな出来映えに「プリンコネクト」「これがプリン体ってやつか..」の声

『プリコネR』でプリン化したキャルを3Dで再現!? ぷるんぷるんな出来映えに「プリンコネクト」「これがプリン体ってやつか..」の声

『プリコネR』でプリン化したキャルを3Dで再現!? ぷるんぷるんな出来映えに「プリンコネクト」「これがプリン体ってやつか..」の声の画像

 今回紹介するのは、nekukuneさん投稿の『Blenderでプリン化キャルちゃん作ってみた』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

Blender初心者の僕でもプリンにしてやるの〜が出来そうだと思ったのでプリンにしてやるの〜

Blenderでプリン化キャルちゃん作ってみた

 Cygamesより配信されているスマートフォン向けゲーム『プリンセスコネクト!Re:Dive』。2020年4月からアニメが放送されました。

 そんなアニメ『プリコネR』の第10話「常闇に集いし華 〜呪いのプディングなの〜」では、主人公たちが幽霊少女のミヤコによってプリンに変えられてしまうシーンがあります。

 とても美味しそうなプリンとなってしまった主人公たちの姿を視聴した投稿者のnekukuneさんが、3DCGソフトウェアの「Blender」を使って、作中でプリン化したキャルを作成しました。

 「Blender」を使って、モデルを作成していきます。モデルができたら、アニメの映像を基に顔などのテクスチャを作成します。

 先ほど作ったテクスチャを適用させたのがコチラ。この段階でも十分にキャルプリンが出来上がっています!

 続いて、キャルプリンを置く皿と机、壁を作成します。照明などを追加し、色味などを整えていきます。

 出来上がったものをレンダリングします。ここからプリンのような滑らかな動きをつけるために物理演算を作成していきます。

 これでキャルプリンがぷるんぷるんな姿が見れる……と思ったら!

 柔らかくなりましたが、柔らかすぎてペシャンコになってしまいました!

 これではあまりにかわいそうなので対策を講じます。今回は、メッシュ変形という機能を使います。こちらの要素を使うことで間接的にモデルをぷるんぷるんな動きをさせることができます。

 これらを合わせて細かい調整をしてレンダリングすれば、ぷるんぷるんなキャルプリンの完成です!

 まさに皿の上に舞い降りた天使のようなプリンが完成しました!

 最後にnekukuneさんがおまけとして、大量のキャルプリンをご用意しました。これにはミヤコも大満足でしょう!

 そんなぷるんぷるんなキャルプリンの動きを堪能したい方は、ぜひ動画をご視聴ください。

視聴者のコメント

かわいい
商品化して欲しい?
プリンコネクト
おいしそう
これがプリン体ってやつか…

▼動画はこちらから視聴できます▼

『Blenderでプリン化キャルちゃん作ってみた』

―あわせて読みたい―

・ゲーム2周年&アニメ放送中! 『プリンセスコネクト!Re:Dive』キャルのイラスト詰め合わせ

・野生の公式? 『プリコネ』キャルのエモすぎるダンスに「完成度やばいわよ!」「このモデリングはヤバイわよ!」との声

関連記事(外部サイト)