鉄球が転がり落ちても戻ってくる装置が不思議! 電気もバネも使わないトリックで物理法則を無視した動きを実現

鉄球が転がり落ちても戻ってくる装置が不思議! 電気もバネも使わないトリックで物理法則を無視した動きを実現

鉄球が転がり落ちても戻ってくる装置が不思議! 電気もバネも使わないトリックで物理法則を無視した動きを実現の画像

 今回紹介するのは、sspさんが投稿した『鉄球が戻ってくる装置』という動画です。

投稿者メッセージ(動画説明文より)

鉄球が何度でも戻ってくる装置を作りました。

鉄球が戻ってくる装置

 坂を転がり落ちた鉄球が戻ってくる装置が、とっても不思議です。タネや仕掛けはあるそうなのですが、どうなっているのでしょう。

 鉄球を手元のレバーにセットします。

 レバーを倒すと、鉄球が奥に転がり落ちます。

 しかし鉄球は、フタをしてある通路側から戻ってきます。上り坂のはずなのに……、なぜ、帰ってこれるんだ。

 仕組みはどうなっているのでしょう?この装置、電気は使っていないそうです。バネやゴムも使っていません。では、机の下に何か仕掛けがあるのでは?と疑うと、それもしていないそうです。横から見ると、傾斜しています。

 コメントには、「じゃあ磁力か?」「球2個でゲートが反対側の発射装置になってる感じかな?」「ゲートのレバーで向こう側の斜面を逆転させている?」など、いろいろな回答が寄せられています。答えは、別の動画『鉄球が戻ってくる装置』で解説されています。

視聴者コメント

ほぅ
じゃあ磁力か?
ガウス加速器かな?
ちょっとおもしろい

文/高橋ホイコ

▼動画はこちらから視聴できます▼

鉄球が戻ってくる装置』

―あわせて読みたい―

・浮いて見えるフィギュア台を作ってみた! 斜めに張った糸が台を支える仕掛けが不思議

・“見えない糸”で浮かぶ銀の玉が不思議すぎる! 存在しない糸をハサミで切ると玉が落下する現象に「どうなってんの…」「仕組みがわかんない…」の声

関連記事(外部サイト)