『ウマ娘』キャスト陣と振り返るTVアニメ第2期名場面。「会長とテイオーの関係性」「菊花賞感動のラスト」「メジロ家の使用人」……アフレコ時のエピソードも

『ウマ娘』キャスト陣と振り返るTVアニメ第2期名場面。「会長とテイオーの関係性」「菊花賞感動のラスト」「メジロ家の使用人」……アフレコ時のエピソードも

『ウマ娘』キャスト陣と振り返るTVアニメ第2期名場面。「会長とテイオーの関係性」「菊花賞感動のラスト」「メジロ家の使用人」……アフレコ時のエピソードもの画像

 いよいよ明日2月24日にリリースが迫ったゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』。

 放送中のTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』や、リリース直前のゲームについて紹介する公式生配信番組「「ウマ娘 プリティーダービー」ぱかライブTV Vol.4」が、本日2月23日20時より配信される。

 本記事では、番組のおさらいの意味も兼ねて、1月16日に放送された「「ウマ娘 プリティーダービー」出張版 ぱかライブTV Vol.3」でのアニメ第2期の第1、2話を振り返るコーナーをピックアップ。

 「会長(シンボリルドルフ)とテイオー(トウカイテイオー)の関係性」や「菊花賞感動のラスト」、「メジロ家の使用人に囲まれるテイオー」など、キャスト陣が印象に残っているシーンを語るコーナーを書き起こし形式でお届けしていく。

■出走者
Machicoさん(トウカイテイオー役)
大西沙織さん(メジロマックイーン役)
和氣あず未さん(スペシャルウィーク役)
高野麻里佳さん(サイレンススズカ役)
大橋彩香さん(ウオッカ役)
木村千咲さん(ダイワスカーレット役)
上田瞳さん(ゴールドシップ役)

キャスト陣がTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』第1話を振り返る

高野麻里佳:
 さっそくいきましょう。TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』情報ー! このコーナーでは放送中のTVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の情報をお届けしていきたいと思います。

 アニメ第2期では現在、第2話まで放送されている(放送当時)んですけれど、「もう1度見たいよー」という方も、まだ「アニメを見たことがない」という方もいらっしゃると思います。

 ここでは私たちチーム<スピカ>といっしょに振り返っていきたいと思います。ちなみにみなさん第1話、ご覧になりましたでしょうか?

一同:
 見ましたー!

高野麻里佳:
 ありがとうございます! では、こちらの第1話、振り返っていきたいと思います。まずは率直にどうだったかという印象を皆さんに聞いていきたいと思います。まずはまちょし(Machico)。

Machico:
 本当にいっぱい気になるところはあったんですが、美容院に行って髪を下ろしてるトウカイテイオーのシーンです。

 カイチョー(シンボリルドルフ ※トレセン学園の生徒会長)の面影を感じて、テイオーとカイチョー、ふたりの関係性も垣間見ることができてうれしかったです。「テイオーは髪を下ろしても美少女ねー」と思いながら見ていました。

高野麻里佳:
 これまでは髪型を変えることがそんなになかったですよね。

Machico:
 そうなの。いつも元気なポニーテール姿が印象的だったんですが、日常のなかでの少女感が見えてほっこりしました。

高野麻里佳:
 「貴重なストレート」、「やべー美容師さんだ」ってコメントが。

Machico:
 そうだよー、この人やりよるから。

高野麻里佳:
 そうなんですよ、この美容師さんの衝撃のシーンもありましたね。さあ、続きまして大西さんからもいただきましょう。

大西沙織:
 私が印象に残ったシーンはですね、キタサンブラックがトウカイテイオーへの気持ちをもう熱く語っている横でサトノダイヤモンドちゃんの耳が「ピコッ」って動いて! 「私もメジロマックイーンさんが好きなんですー!」って語り始めるところです。

 もう……この幼いふたりがかわいすぎて。ウマ娘といえば、尻尾や耳などの細かい動きが印象的なんですが、サトノダイヤモンドちゃんの耳が「ピコッ」って動くこのシーンは私的に外せなかったです!

高野麻里佳:
 すばらしいですね。こうやって、ちっちゃい子たちが出るというのも第2期ならではなのかなと思います。続きまして、あじゅじゅ(和氣あず未)!? お願いします。

和氣あず未:
 私はシンボリルドルフ(会長)に憧れの眼差しを向ける幼きころのテイオーです。いまのテイオーも幼さがあってかわいいんですが、さらにかわいさが倍増していて、めっちゃかわいい……。

和氣あず未:
 ルドルフ会長に憧れているテイオーが、いまではサトノダイヤモンドとかキタサンブラックに憧れの眼差しを向けられているっていうのもなんかいいなって思います。

Machico:
 そうね。憧れが繋がっているという感じが。

和氣あず未:
 そうそう。素敵だなって思いますねー。

高野麻里佳:
 まちょし的には、幼いテイオーを演じるときに意識したことはあるんですか?

Machico:
 より舌ったらずな感じはあったかも。記者の方々をかき分けるところも「ごめんなしゃい」みたいな。ちょっと舌ったらずな感じでやらせてもらいました。

高野麻里佳:
 なるほど、ありがとうございます! 続きまして、上田さんお願いします。

上田瞳:
 はい。ちょっといっぱいあるんですけど、セグウェイに乗るゴールドシップ、占ってもらうゴールドシップ、食堂でいつものメンバーになぜか混ざるゴールドシップ……スタッフさんにどれかひとつを選んでもらえるかと思ったんですが、全部盛りになっていて、ちょっとびっくりしています(笑)。アフレコも絡めるのであればセグウェイのシーンかなって思っています。

高野麻里佳:
 どういうこと!? いちばんしゃべらなさそうだけど。

上田瞳:
 じつはアフレコの直前くらいに、セグウェイに関するニュースが流れていて、実際にアフレコが始まったらゴルシがセグウェイに乗って現れたから「なんてタイムリーなんだろう!」と、スタッフさんやキャストさんたちで話していたんです。ですので、思い出に残っています。

高野麻里佳:
 流行りものを取り入れていくネタも多いですよね! 今回もゴルシちゃんが大活躍というところで、ありがとうございました。では、続きまして大橋さん、お願いします。

大橋彩香:
 私はゴールドシップとメジロマックイーンがトレーナーに技をかけているシーンを選ばせていただきました。

 やっぱ<スピカ>といえば、トレーナーさんに技をかけているイメージがあって。ウオッカも第1期のほうで、技をかけさせていただいたんですけれども、第2期でもこういうのがあって「やっぱ<スピカ>ってこういう感じだよなー」っと懐かしい空気に浸れて、私はとてもうれしかったです。

高野麻里佳:
 第1話をみんなといっしょに見る機会があったんですが、このとき、「トレーナーさん、うらやましいな」っておっしゃってましたよね(笑)。

大橋彩香:
 そうなんですもう、ずーっと「もう変わってほしいなー、私もなんか技かけてもらいたいなー」って、思っていたりも……。

高野麻里佳:
 こんな技でもいいんですか。

大橋彩香:
 いいです! いいです!交流できればなんでもいいので(笑)。

高野麻里佳:
 トレーナーの鑑ですね(笑)。はい、では続きまして木村さんお願いします。

木村千咲:
 私が選んだところは、このダイワスカーレットとウオッカが走っているところです! 相変わらずなふたりが見れたのがうれしくて選ばせていただきました。多分ね、はっしー(大橋彩香)もこのシーンを選びたかったと思うんですが、私が先に選んじゃったんだよね。

大西沙織:
 現実でも競い合ってるの……。

高野麻里佳:
 コメントでは「イチャイチャしやがって」って来てますよ。みなさんありがとうございますー!

 ちなみに、私が印象に残っているシーンはこちらです。ジャーン。

高野麻里佳:
 いつものやつって私も思っていたんですが、じつは違うんですって。第1期の第1話では壁画だったんですが、今回は地上絵なんですね!(週刊ヤングジャンプで連載中の)漫画の『ウマ娘 シンデレラグレイ』ではエジプト風になっていたりと、じつは全部バージョンが違うんですね。

一同:
 ええー、すごい!

高野麻里佳:
 そうなんです。工夫がされていてとてもビックリしました。

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』第2話の振り返り

高野麻里佳:
 さあ、続きまして、第2話のほうも振り返っていきましょう。こちらも印象に残ったシーン、お聞きしていきたいと思います。では先ほどとは逆の順番で、まずは木村さんから。

木村千咲:
 木村の第2話の印象に残ったところは、<スピカ>の仲のよさ、思いやりです! 打ち合わせをするわけでもなく、各々がテイオーの力になりたいって思っているところにすごく感動しました。

 スカーレット(ダイワスカーレット)も「ウオッカだけずるい!」「私もやりたかったのに!」と言ったり、本当にみんながそれぞれテイオーのことを考えているところが見えて、<スピカ>のみんな、どんどん深い仲になっていくんだなって思わされるようなシーンでした。

高野麻里佳:
 続きまして、大橋さんお願いします。

大橋彩香:
 私はですね、スペちゃん(スペシャルウィーク)がニンジンを持って走ったり、スズカさん(サイレンススズカ)にニンジンを大量に送ったりするシーンを選ばせていただきました。変わらないニンジン愛。むしろ増えているのではないかという。

高野麻里佳:
 第2期になってから、よりニンジン愛に溢れるようになって、スペちゃんの印象がまたちょっとずつ変わりつつありますね。

和氣あず未:
 確かに。食いしん坊キャラは変わらないけど、さらにニンジンを持つようになったなと思います。

大西沙織:
 スズカさんが食い気味に「もう大丈夫、ありがとう」って言うの、めっちゃ好きです!

高野麻里佳:
 「もう大丈夫」っていうセリフも、何回も録り直したんですよ。

一同:
 ええーっ!

高野麻里佳:
 あのワンフレーズに、「優しさをこめつつ、そこまで拒否しないで、でもなんか大丈夫だよってやんわり伝えてあげてください」というディレクションをいただきました。

 尺も短かったので、早口で言わなければいけないんですが、早口だと拒否感が強くなってしまって。そのなかで優しさを表現するのが難しくて、何回も録り直しました。

大橋彩香:
 スズカさんの優しさが伝わるシーンでしたよね。

高野麻里佳:
 ありがとうございます。続きまして、上田さんお願いします。

上田瞳:
 私は「カイチョー」ってつぶやいたテイオーを見て、会長自身が自分のすそを掴むところがもうめちゃくちゃ好きで……。

 まちょしのお芝居もとてもすばらしかったんですけど、絵のお芝居もすばらしくて、アフレコでのVチェックでも、リアルタイムで放送を見ていた時も、「泣く、泣いちゃう」って思いながら見ていました。本当に素晴らしい仕上がりになっていました。

高野麻里佳:
 アニメ制作陣の本気を感じましたね。

上田瞳:
 ルドルフ会長はクールに振舞っているんですが、耳でショックな気持ちが表現されてて……。もうつらいーと思いつつ、会長の立場だと「そうだよなぁ」と。ウマ娘は耳や尻尾で感情が表現される描写があって、そういうところがいいなと思いますね。

高野麻里佳:
 ありがとうございます。続きまして、和氣さんお願いします。

和氣あず未:
 私は、トウカイテイオーとスペシャルウィークがサイレンススズカとテレビ電話をするシーンですね。

 テイオーがリハビリ期間中ということで、スペちゃんがスズカさんに電話でリハビリのコツを聞くシーンなのですが、スズカさんの部屋のカーペットに旋回癖の足跡が付いてることを発見している方をSNSで見かけて、私たちが気づかない描写をトレーナーさんたちが見つけてくれていることがすごくうれしかったです。

高野麻里佳:
 ウマ娘の特徴が今期も活かされていますね。続きまして、大西さんからもお願いします。

大西沙織:
 私が選んだのはメジロ家お抱えの使用人たちの登場シーンです。メジロマックイーンはお嬢さまでお金持ちという設定が以前からありましたが、こうやって使用人の人たちがでてくるのは初めてです。出てきたと思ったら、とても顔が怖くて、注射も持っていたのが印象に残っています。

Machico:
 実物のトウカイテイオーも白衣の人を見たら、暴れる癖があったらしくて。

一同:
 へえ〜〜〜!

Machico:
 それをより強調させるためのこの怖い顔なのかも。リハVで見ても怖かったんですが、完成して見ても怖かったです。

大西沙織:
 そうそう。もうちょっとマイルドになるのかと思ったらそのままで。でも、パティシエがいるのは、甘い物が大好きなメジロマックイーンらしくていいなって思いました。

高野麻里佳:
 このときのマックイーン、ちょっと冷たいんですよね、でもそれがまた優しさの裏返しみたいでかわいくて素敵なシーンでした。続きまして、まちょしお願いします!

Machico:
 私はですね、テイオーが自分の出られなかったレースを実際に見に行って、自分の姿を重ねながら泣いているシーンです。

Machico:
 もうね! 第2話のBパートのラストシーンはすごくつらかったの! リハビリのときにも走っているウマ娘を見て自分ならどう走るかというイメージトレーニングはやっていたんですが、この菊花賞でも自分が走っていたところを重ね合わせているのが、諦めきれなかったんだなっていう気持ちが現れていて。

 演技のときも、大泣きしたいけど、そんなに声を大にして泣けないような、繊細な演技ができたらいいなと思いながら、演じさせていて、自分的にも気持ちを込めさせてもらったところなので、ここを選ばせていただきました。

大西沙織:
 私、Machicoとアフレコが一緒で。ラストのシーンで泣いているので、「大丈夫だよ」って言いながらアフレコしてましたね。

Machico:
 そうなのよー……。もう感動する……ストーリーも(これで)まだ第2話って。

高野麻里佳:
 本当にこれからどうなっちゃうのって、みんな気になっていると思います。ちなみにですね、私が印象に残ったところもあげさせていただきました。こちら、菊花賞のレース中のお話なんですけれども、走っているウマ娘たちが「トウカイテイオーがいたらなんて言わせない!」っていうシーンです。

 みんながトウカイテイオーに共感していくお話の中で、このナイスネイチャたちのシーンが視聴者の期待をある意味裏切ってきたところが胸熱で、本当に好きなシーンです。

 番組では、2月24日に配信予定のゲーム最新情報も発表。育成やレース、ウイニングライブ、さらには継承・チーム競技場・サークルなどのゲームコンテンツが紹介された。

 『ぱかライブTV Vol.4』ではどのような情報が飛び出すのか。非常に楽しみだ。

 また、ゲーム情報は、「ぱかチューブっ!」にて公開されているため、気になる方はぜひチェックしてみてほしい。

■公式生配信番組『ぱかライブTV Vol.4』

配信予定日:2021年2月23日(火・祝)START:20:00
※「ぱかライブTV Vol.3」内で19:00開始予定とお伝えしておりましたが、20:00開始に開始時間を変更させていただきます。

出走者:
第1部
明坂聡美【MC】(実況役)
Machico(トウカイテイオー役)
前田佳緒里(ナイスネイチャ役)
石見舞菜香(ライスシャワー役)
のぐちゆり(メジロパーマー役)
山根綺(ダイタクヘリオス役)
矢野妃菜喜(キタサンブラック役)
立花日菜(サトノダイヤモンド役)

第2部
明坂聡美【MC】(実況役)
Machico(トウカイテイオー役)
上田瞳(ゴールドシップ役)
石見舞菜香(ライスシャワー役)
高柳知葉(オグリキャップ役)
前田玲奈(グラスワンダー役)
佐伯伊織(キングヘイロー役)
星谷美緒(マヤノトップガン役)

ぱかライブTV Vol.4」放送記念Twitterフォロー&ツイートキャンペーン実施
「ぱかライブTV Vol.4」の放送を記念して、Twitterフォロー&ツイートキャンペーンを実施します。
「『ウマ娘 プリティーダービー』公式アカウント」と「TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』公式アカウント」の両方のアカウントをフォローし、番組放送中にハッシュタグ「#ぱかライブTV」を付けてツイートすると、抽選で「ウマ娘 プリティーダービー」のグッズをプレゼントいたします。
詳細は番組内にて発表します。

関連記事(外部サイト)