カッチカチのアイス、なかなか食べられない問題。100均のこれ、重宝します。

カッチカチのアイスをなかなか食べられない問題 100均の熱伝導スプーンでラクラクに

記事まとめ

  • アイスは冷凍庫から出した直後だと「硬くてスプーンですくえない」なんてことがある
  • アルミ製スプーンは熱伝導率が高いため手の体温でアイスを溶かしながら簡単にすくえる
  • 100円均一ショップ「キャンドゥ」などで「アルミアイスクリームスプーン」として販売

カッチカチのアイス、なかなか食べられない問題。100均のこれ、重宝します。

カッチカチのアイス、なかなか食べられない問題。100均のこれ、重宝します。

カッチカチのアイス、なかなか食べられない問題。100均のこれ、重宝します。の画像

夏、毎日でも食べたくなるアイス。強い日差しのもとで食べるのも最高ですが、やっぱり涼しい屋内で食べる冷たいアイスは格別です。

ただ、冷凍庫から出した直後だと「硬くてスプーンですくえない」なんてことありますよね。今すぐにでも食べたいのに、なかなかすくえずウズウズ...。

そんなお悩みを解決してくれるのが、アルミ製のスプーン。熱伝導率が高いため、スプーンを持つ手の体温でアイスを溶かしながら簡単にすくうことができます。実はこれ、100円均一ショップ「キャンドゥ」などでも販売されているんです。

たった108円で実力発揮

商品名は「アルミアイスクリームスプーン」、もちろん108円(税込)です。各メーカーから出ているものは、安いものでも400円程度するので、この価格は魅力的。

安くてもその実力は確かで、SNS上には

「ちゃんと体温でいい感じにアイス溶けるね!」

「もの凄く快適!!!」

100均で熱伝導アイスクリームスプーンが買えるなんて カップアイス食べる度に欲しかったけどお高めで諦めてた私...諦め続けてよかったーーー」

「半信半疑で冷蔵庫の中でカチカチになった創味シャンタンに使ってみたら、いとも簡単にサクサク削れた、すげぇ」

といったクチコミが寄せられています。

実際に筆者も使ってみたところ、スプーンをいれた部分だけしっかり溶け、簡単にすくうことができました!

熱伝導でアイスが溶けるのと同時にアイスの冷たさが手に伝わってしまうので、体温やお湯で温めてから使うのがベター。

なお同じような名称の商品でも、熱伝導の働きはなく、単にアイスが食べやすい形状というだけの商品もあります。たとえば、こちらはステンレススチール製

なので、購入前にはキャッチコピーや素材をよく確認しましょう。

関連記事