対人関係うまくいってる? やぎ座の弱点・処世術、教えます

対人関係うまくいってる? やぎ座の弱点・処世術、教えます

対人関係うまくいってる? やぎ座の弱点・処世術、教えますの画像

仕事でもプライベートでも、何かと悩みが尽きないのが「対人関係」。うまくいかない理由は人それぞれですが、自分の陥りがちなコミュニケーションの失敗や弱点を知っていれば、今よりもいい人間関係が築けるかもしれません。

12星座別に占う「弱点・処世術」、第10回は「やぎ座」です。

やぎ座のコミュニケーションスキル

現実や物質の象徴である「土」のエレメントに属するやぎ座は、とても真面目で現実的。石橋を叩きながら行動することで不安を解消していこうという動機からながら、活動力があります。

コミュニケーションの場では、礼儀やルールを大切にし、相手を尊重した振る舞いを心がけます。そのため、目上の人や仕事上では好印象を抱かれやすいでしょう。

しかしその一方で、かなり親しくならないとプライベートの部分や砕けた態度を見せないので、「冷たい人」「ドライな人」と思われて周りから距離を置かれてしまうことも...。

実はやぎ座は、人の感情や雰囲気、対人関係での距離感など目に見えない事柄を扱うのは苦手。自分自身の心の動きすら持て余してしまうことも少なくありません。

いつも淡々として自分をしっかり持っているようにみえるやぎ座ですが、コミュニケーションにおいては意外と不器用。ナイーブで繊細な心の持ち主なのです。

やぎ座の弱点克服法

人との距離感をはかるのが苦手なやぎ座は、仕事上や上下関係がはっきりしている場ではそつのないコミュニケーションが取れるので心配はいらないでしょう。

問題はプライベート。親しくなるほど、どこまで自分を出していいのか、信じていいのかわからなくなるかもしれません。

一番いいのは、共通の目標を作って仲良くなりたい人と協力しあうこと。飲み会の幹事をする、同じ趣味を持つなどがオススメです。

また世間話で場を和ませるなど、フランクな一面を見せるといいでしょう。

やぎ座の相手と付き合うには?

やぎ座は、礼儀やルールを重んじる真面目な星座です。言葉を額面通りに受け取る傾向が強いので、軽い冗談が通じないことも少なくありません。

やぎ座のプライドを傷つけるような発言は避けた方が無難です。

実は自分に自信がなかったりするため、結果として目にみえる肩書で認められることを鎧とし、自信を得ていく星座だったりします。

「この服似合ってるね」「気配りが上手だね」など、細かい部分でやぎ座を褒めましょう。「そう?」とクールに装いながらも、内心は嬉しさのあまりあなたへの好感度がアップするはず。

関連記事