「dポイント」ユーザー必見!じゃらんnetやホットペッパーでも「dポイント」が貯まるように

「dポイント」ユーザー必見!じゃらんnetやホットペッパーでも「dポイント」が貯まるように

「dポイント」ユーザー必見!じゃらんnetやホットペッパーでも「dポイント」が貯まるようにの画像

じゃらんnetやホットペッパービューティーなどを使っている方はPontaポイントが貯まるのはご存じでしょう。なんと、2021年5月24日からdポイントを貯めることもできるようになるんです。

今回の連携でポイント制度がどのように変わるかを紹介します。

どちらかのポイントのみ獲得可能

5月24日以降は、リクルートのIDとdポイントを連携することができるようになります。

既にPontaポイントとの連携をしている場合、dポイントの連携を行うと、次回以降はdポイントが貯まります。つまり、貯めるポイントは選択制というわけで、どちらのポイントも同時に貯まる訳ではありません。

また、リクルートIDとPontaポイントを連携せずに利用していた場合は、5月24日以降に貯まるポイントはPontaポイントからリクルートポイントに自動的に切り替わります。

どのポイントが貯まっているのかがわからない場合は、「リクルートID会員情報」にログインし、「Ponta会員情報」が登録されているかを確認してみましょう。こちらで連携済みの場合は、5月24日以降もPontaポイントが貯まりますが、連携していない場合はリクルートポイントに変更されます。

5月24日以降にdポイントの連携を行うと、dポイントを貯めたり・使ったりできるようになるわけです。dポイントを連携したとしても、「メインのポイント」をPontaポイントに設定すれば、Pontaポイントを貯めたり・使ったりする事も可能です。

選択制になると、dポイントをもう少し貯めたい、Pontaポイントを使い切りたい、と言うような事も可能となります。

なお、じゃらんnetなどを利用した場合、リクルートポイントを選んでも、Pontaポイントでも、dポイントでも獲得できるポイント数が変わることはありません。もちろん、それぞれのポイントがキャンペーンを実施することもあるため、キャンペーン分のポイントでお得度が変わることもあります。

リクルートポイントはdポイントにも交換可能に

現在でも、年会費無料で還元率1.2%のクレカ「リクルートカード」で獲得したポイントはPontaポイントではなくリクルートポイントとなっています。

リクルートポイントについては、今はPontaポイントに交換して使う事ができますが、5月24日以降はdポイントへの交換もできるようになります。

ドコモのクレカ「dカード」は年会費無料でどこで使っても1%還元ですが、リクルートカード(リクルートポイント)⇒dポイントの方が0.2%分還元率は上がります。

ドコモのプランをahamoに変更した場合、dカード GOLDのドコモ料金に対して10%還元特典も変更となり、dカード GOLDでの決済に対して10%還元されるようになります。

しかし、月間還元上限が300ポイントまでとなりますので、dカード GOLDの年会費を考えるとdカードへのダウングレードも良さそうです。しかし、ダウングレードするのであれば一気にリクルートカードに変更しても良いかもしれません。

リクルートカードはVisaとJCB、MastercardとJCBと2枚持ちする事も可能です(それぞれ審査はあります)。それぞれのカードで貯めたポイントは同じリクルートポイントのためポイントが分散しません。

○○ペイなどに登録できるクレジットカードはVisaかMastercardブランドの場合が多いため、リクルートカード(Visa)またはリクルートカード(Mastercard)で利用。リクルートカード(JCB)の場合はETCカードの発行が無料(VisaまたはMastercardの場合は1100円必要)のため、ETCカードはJCBブランドで発行と言うように使い分けるのがコツ。

貯めたリクルートポイントは、dポイントやPontaポイントに定期的に交換しましょう。

なお、リクルートカードにはPontaカードやdポイントカード機能が付いていませんので、ポイントカードはモバイルで利用するのがおすすめです。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

関連記事