備蓄食ってこんなにも美味しくておしゃれ。新店舗「GINZA innit」取材レポート

長期保存食ブランド「IZAMESHI」を手がける杉田エースは2021年9月1日「防災の日」に、東京・銀座に新店舗「GINZA innit(ギンザ・イニット)」をオープンします。

2階建てで、1階は「IZAMESHI」を使った食事を楽しめる「IZAMESHI Dish」、2階はアウトドア&ライフスタイルアイテムが揃う「upstairs outdoor living」です。

■おしゃれで開放感ある空間

銀座のメインストリートから好アクセスの「GINZA innit」は、ガラス張りで、広々とした開放感ある空間です。

1階には、「IZAMESHI」をアレンジした食事が楽しめるレストランがオープン。食事は11時から17時までは「DAY MENU」、17時以降は「NIGHT MENU」とわかれています。

記者は、17時以降のメニューのひとつ「麻婆豆腐の三角揚げ春巻き」(3個・715円)を試食しました。

IZAMESHIのすぐに食べられる缶詰「花椒香る麻婆豆腐」をアレンジしたもので、玄米を合わせ、春巻の皮に包んで揚げています。

一口でもいけるくらいの食べやすいサイズで、外はパリッと中はじゅわっとした食感。花椒の風味しっかりと感じられ、後味として残ります。辛さはそれほどありませんでした。お酒のお供によさそうです。ボトルワイン、シャンパンも取り揃えています。

ドリンクメニューも充実しているので、カフェ利用もおすすめ。

以下は一例です。

・苺とブルーベリー酵素のWベリーソーダ(715円)

・カフェラテ(660円)※ホット・アイスあり

食器もおしゃれで気分が上がります。記者はWベリーソーダを試飲しましたが、ほのかな甘さと酸味が上品で、爽やかな味わいでした。暑い季節におすすめの一杯です。

また、1階では、さまざまな長期保存食が販売されています。

杉田エースが手がけるIZAMESHIは、"食べない備蓄食から、おいしく食べる長期保存食へ"をコンセプトに、非常食だけでなく、旅行やアウトドアシーンなど、さまざまなシーンでの活用を想定した長期保存食です。おいしさ、見た目にもこだわっています。

たとえば、春にツイッターで話題になった、賞味期限が"製造日から5年"の「ギンビス×IZAMESHI 厚焼きたべっ子どうぶつ」。おなじみの味わいと、防災グッズを身にまとったどうぶつたちの可愛いパッケージが魅力的です。価格は475円。

9月1日新発売のスープ(全6種類)は、製造から3年の長期保存ができ、常温でもおいしく食べられます。化学調味料不使用で、野菜を気軽に摂取することができます。内容量180gで、価格は454円。

記者は「7種野菜のコーンポタージュ」を試飲しましたが、とうもろこしとバターの風味が印象的で、コクがあり濃厚な味わいでした。温製が推奨されていますが、常温でも美味しかったです。

野菜のイラストがおしゃれな6種入りボックス「SOUPセット」は、ギフトにもおすすめです。価格は3024円。

ほかにも、ごはん、麺類、パン類、中華おかず、スイーツなど、多彩なラインアップを取り揃えています。

2階にあがる階段もおしゃれ

■2階はおしゃれグッズ盛りだくさん!

2階のライフスタイルアイテムが揃う「upstairs outdoor living」も広々とした空間で、インテリア、アウトドア、ガーデン、幼児向け玩具などが並びます。

杉田エースが手がけるブランドをはじめ、国内外からセレクトした選りすぐりのブランドを取り揃えています。

デザインも価格帯もさまざまなので、見ているだけでも楽しめます。自分用はもちろん、ギフト選びにも重宝できそうです。

店内をぐるっと1周して、記者が気になった2商品を紹介します。

まずは、お手頃さと可愛さが魅力的なポット&パンブラシ(550円)。持ち手の部分に顔が描かれているユニークなデザインです。鉄のフライパンの洗浄などに活躍してくれそうです。

店内には動物モチーフのアイテムも多く、その中で比較的お手頃だったのが、このハリネズミのぬいぐるみです。価格は2310円。優しい手触りとほどよい弾力があり、ハリネズミ好きはもちろん、小さい子どもにも喜ばれそうです。

おしゃれで可愛いアイテムばかりの空間なので、銀座を訪れた際には一度足を運んでみてはいかが。

場所は、東京都中央区銀座7丁目10-1。営業時間は1階の「IZAMESHI Dish」が11時から23時まで、2階の「upstairs outdoor living」が20時まで。なお、営業時間ならびに酒類の提供は、自治体の方針や安全確保などにより、急遽変更となる場合があります。

関連記事(外部サイト)