手袋とゴミ袋が合体!ダイソーの「くるんポイ」便利だわ〜

生ごみや排水口にたまった髪の毛など、直接触れずに処理したいですよね。

中には手袋をはめてごみを集めたり、ごみ袋を手袋代わりにするという人もいるかと思いますが、今回はそんなお悩みを解消してくれるアイテムを紹介します。

「ダイソー」にまたまた便利グッズの登場ですよ。

■使い比べてみた

この「くるんポイ」は、手袋とゴミ袋が合体した商品で、ごみを掴んでひっくり返すだけで、手を汚さずごみを捨てることができます。

ポイントは、「手袋型」になっているということ。指が使えるため、ごみをしっかりとキャッチすることができます。

色は黒。サイズは約195o×330oで、左右兼用です。

実際にはめてみると、ゆったりとした作りですが、掴みたいものをキャッチするには申し分なし。袋をひっくり返した後は、口をしっかりと縛ることもできるので、においが気になるものの処理も安心です。

ちなみに一般的なビニール手袋と比較してみると、こんな感じ。くるんポイは一回りほど大きい作りになっていることがわかります。

一般的なビニール手袋でもひっくり返そうと思えばできますが、手首部分のゆとりがあまりないため、スムーズにはひっくり返すことができません。「くるんポイ」の方は、手首部分がゆったりとした作りなので、スッと楽にひっくり返すことができます。

普通の袋を手にはめてゴミをつかみ捨てるというやり方もありますが、手の形状になっていないため、細かいゴミが拾いきれない場合も......。

そんなときにこの「くるんポイ」はとっても便利。まさに「かゆいところに手が届く」商品です。

18枚入りで価格は110円。1つあると掃除のときに便利なので、気になる人はチェックしてみて!

関連記事(外部サイト)