予想以上の「細見え」に感動!ユニクロの1000円「Tシャツ」驚きの着痩せ効果

昨年に続き、今年も注目を集めているユニクロの「リブ クロップドT(半袖)」。

リブ素材×クロップド丈で、すっきり軽やかに着こなせると人気で、SNS上では「形もサイズ感も可愛かった」「本当使い回しできるから3色買った」「すっっっっごく脚が長く見える」といった声が多く見られます。

その一方で、丈がかなり短いことから、「お腹周りが気になる」との声も上がっています。

今回は実際にゲットした記者が、個人的に「よかった点」「気をつけたい点」などを紹介したいと思います。

■よかった点4つ

「リブ クロップドT」は、フィット感のあるコットンリブ素材を使用した半袖のTシャツです。

去年も販売されていましたが、今年は、リブ目をより立体的にすることで、以前より裾がよれにくくなっています。また、立体的なリブになったので、体のラインを拾いにくくきれいなシルエットをキープできます。

まずはよかった点その1は「お手頃価格」です。

通常価格は1000円ですが、2022年4月28日までは790円で販売されており、記者は限定価格のうちに「黒」をゲットできました。色は、オフホワイトやライトグレー、ピンク、レッドなど豊富です。

よかった点その2は、「丈裾が絶妙で細く見える」です。

「リブ クロップドT」の特徴のひとつが丈の短さ。いつものサイズで着ると動きによってはお腹がチラ見えしてしまいます。

お腹を出して着るのはちょっと......という人は、1サイズもしくは2サイズくらい上のサイズを買うのがおすすめです。オンラインストアでは、XS・XXL・3XLサイズも展開されているのでご参考に。

記者も恥ずかしいタイプなので、普段はMまたはLサイズを着用していますが、今回は「XL」サイズを購入しました。

店舗で実際に手に取ってみると、MやLサイズは思っていた以上に丈感が短い印象を受けたのです。

実際に着てみると、「XL」サイズでもかなり小さめな印象でした(記者の身長は172cm)。着丈が短いだけではなく、袖も少し短めに感じました。リブ素材で体にフィットするため、余計にそう感じるのかもしれません。

ただ伸縮性はややあるので、着用したときに窮屈さを感じることはありません。

それでもお腹を絶対出したくないという人は、パンツ、スカートは問いませんが「ハイウエストのボトムス」がマストです。

記者は今回、同じくユニクロで販売中の「フレアハイライズジーンズ」を合わせました。

気になるお腹周りは、普段より1サイズ上を購入したおかげで、手を下した状態だと出ません。手を横にあげた状態ならベルトが見えるくらいでお腹ギリギリ、バンザイのように手を上にあげると、チラ見えします。

ベルト部分は見えてしまいますが、ギリギリセーフ!

ただ裾がウエスト位置(くびれ辺り)にくるため、かなり細見えするような気がします。記者と同じく下っ腹から腰回りの肉が気になるという人は、ハイウエストボトムスでカバーすれば、そこまで気にならないかなと思いました。

よかった点その3は、「短い丈だから足長効果抜群」なこと。

一方で、この丈の短さが功を奏し足長効果はとびぬけていました。

胴長短足気味な記者ですが、ハイウエストボトムスと合わせることで、バランスが良くなります。

よかった点、最後4つめは「大きめTシャツを着ると大きく見えてしまう悩みを解消」できることです。

記者もそうですが、体に沿うような短めトップスは難しいとずっと思っていました。

そこで「リブ クロップドT」と、手持ちのちょっと大きめな黒の「Tシャツ」で、どちらが着やせして見えるのか、比べてみました。

写真は左がクロップドT、右が手持ちのTシャツです。

記者は胸元の厚みが気になりがちなのですが、それを少し大きめのトップスでなんとかカバーしようとすると、お腹周りに隙間ができ、余計に体が大きく見えてしまいますよね。

そんな時はあえて、体に程よくフィットするものを着用することで、野暮ったく見えず、すっきりと着こなせるのではないでしょうか。

今度は全身の見え方を比較。写真は左がクロップドT、右が手持ちのTシャツです。少しすっきりとして見える気がしませんか?

Tシャツ以外のアイテムは一緒です!

丈が短く、体のラインが出やすいと、合わせるのが難しいと思いがちですが、体系によっては逆にカバーしてくれることもあります。

■気を付けたほうがいいこと

着用してみてわかったこともあります。

今回のTシャツは黒を選びました。黒だと透けることはありませんが、下着のラインが出やすいと感じたので、着用する際はシームレスなものなどを着用した方がよさそうです。

また、人にもよるとは思いますが、やはり手を上げるとお腹出ることは避けられません。そこがこのアイテムの良さでもあるので、どう向き合うかが大事になってきます。

できるだけお腹は見せたくないという人はハイウエストボトムスが必須になるので、同時に入手しておく必要があります。

とはいえ、うまく着ればかなり細見えしてスタイルアップが目指せることは間違いありません。

カラーもサイズも豊富で手頃な価格で買えるので、気になる人は試してみるのもいいかもしれませんよ。

関連記事(外部サイト)