ワンコインでお腹いっぱい。 桜づくしの「RAIZIN SAKURA CAFE」で、花も団子も楽しんできた!

ワンコインでお腹いっぱい。 桜づくしの「RAIZIN SAKURA CAFE」で、花も団子も楽しんできた!

ワンコインでお腹いっぱい。 桜づくしの「RAIZIN SAKURA CAFE」で、花も団子も楽しんできた!の画像

いよいよ桜の季節がやってきました。この週末はお花見を計画している人も多いのではないでしょうか。

大正製薬は東京・虎ノ門のカフェ「TREX TORANOMON CAFE」とタイアップして、店内外で桜を感じられるカフェ「RAIZIN SAKURA CAFE」を、2019年3月26日〜28日の期間限定でオープンしています。新炭酸飲料「RAIZIN」シリーズの季節限定フレーバー「RAIZIN SAKURA」の特別メニューを楽しめる3日間限定のカフェです。

東京バーゲンマニア編集部はオープン前日の25日、ひと足早くカフェを体験してきました。

3種の小鉢は好きなものを。

店内に足を踏み入れると、目を引くのが室内いっぱいの「桜」です。テーブル上から天井まで、桜の装飾であふれています。屋外にも席があるので、暖かい日は外でランチも良いかもしれません。

メニューはランチメニューディナーメニューがあります。時間帯によってどちらかのメニューになりますが、今回は特別に両方注文することができました。

まずはランチメニューの「SAKURA づくしランチ」。大皿には青森県の「桜姫鶏」を使用したから揚げ、鮭入りのピンク色のタルタルソースとイクラをのせたサーモンフライ桜エビと春キャベツのサラダが盛られています。味噌汁は深い味わいの赤だしを使用、ご飯は古代米を混ぜて炊いたもので、風味・見た目ともに楽しむことができます。

記者も食べてみました。から揚げはサクっと香ばしく、鮭づくしのフライはイクラのプチプチとした食感を楽しめます。から揚げには桜型の大根を「梅酢」で漬けた物がのっており、脂を緩和してくれます。

またランチには「SAKURA 小鉢」が付いており、サワラと菜の花の南蛮漬け、かつおが効いたタケノコとフキの土佐煮、お団子のようなこんにゃくの3種から選ぶことができます。

20代女性の記者にとってはお腹いっぱいの満足度が高いメニュー。ご飯はおかわり自由なので、男性でも物足りないなんてことはありません。価格はなんと500円(税込)、ワンコインで食べることができます。

カクテルは梅味でさっぱり

ディナーは「RAIZIN SAKURA」を使ったノンアルコールカクテルアルコールカクテルを楽しめます。ノンアルコールカクテルは梅シロップが入っており、甘酸っぱくさっぱりとした風味。中に入ったドライフルーツで見た目もかわいらしく、暖かい日に一気に飲んでしまいそうな感じです。

アルコールカクテルは梅酒と「桜尾」というジンを使用、ほんのりと感じられる苦みがクセになります。ハーブの「タイム」と「ローズマリー」の香りが独特の、濃い桜色のお酒です。

カクテルの注文は1人1杯まで。3種の「SAKURA 小鉢」のうち1つが付いてきます。価格は100円(税込)と、こちらもお手頃です。

こんなにも桜を感じられるのは今だけ。気分転換にいかが?

開催場所:「TREX TORANOMON CAFE」東京都港区西新橋2-17-4
開催期間:2019年3月26日〜28日
開催時間:11時〜23時30分(ランチ11時〜15時、ディナー15時〜23時30分)

関連記事