【第126回】ファミマもファミペイを開始 あのカードも使えるように。

【第126回】ファミマもファミペイを開始 あのカードも使えるように。

【第126回】ファミマもファミペイを開始 あのカードも使えるように。の画像

前々回はセブン-イレブンの新しいサービス「7pay」と「セブンマイルプログラム」などを紹介しましたが、今回はファミリーマートです。ファミリーマートも今年の7月からコード決済サービス「ファミペイ」を開始します。

7payと同じように独自の電子マネー「FamiPay」による決済機能が搭載されるようです。

ファミペイって何?

ファミペイは7payよりも情報が少なく、現時点でわかっている内容で解説します。まず、独自の電子マネー「FamiPay」が搭載され、アプリに表示されたバーコードをレジでスキャンしてもらうことで支払うことができます。今流行のコード決済サービスです。

また、クーポンなどもアプリで配信され、割引価格などで購入することもできるようになります。「電子レシート」機能も搭載して、アプリで買った物を確認可能です。

なお、他のコード決済のように、ファミペイで支払った場合にポイントが付いたり残高が増えたりするサービスがあるのかは現時点では不明です。

Tポイント以外も利用可能に

7月からではありませんが、11月からはTポイント以外のポイントカードも利用できるようになります。dポイントカードと楽天ポイントカードとなり、それぞれを併用することはできません。

Tカードを出すとTポイントが200円(税込)につき1ポイント貯まります、楽天ポイントカードを出すと楽天スーパーポイントが200円(税込)につき1ポイントです。dポイントカードも同様です。

共通ポイントはポイントカードですので、支払は「ファミペイで」と言う事も可能になりますね。例えば、共通ポイントカードを提示してからクレジットカードや電子マネーで支払うと、それぞれのポイントも別途獲得できるため、ファミペイも決済時に何らかのお得なサービスをつけてくるのかもしれません。

Tカードだけでなく、楽天ポイントカードやdポイントカードから選べるのであれば、Tポイントをやめて楽天ポイントカードにしようと思う方もいるかもしれませんが、現時点ではファミリーマートのランクアップ制度「ファミランク」はTポイントのみが対象となるとのこと。

例えば、ファミリーマートでTカードを提示して5000円(税込)以上利用した場合は、翌月のファミリーマートでのTポイントが2倍です。1万5000円(税込)以上利用した場合は3倍。もし、楽天ポイントカードを提示して5000円以上利用しても、2倍の対象とはならないようで、ファミリーマートで毎月5000円以上利用している人は、そのままTカードを使った方がお得になるでしょう。

ファミマTカードはどうなる?

また、ファミリーマートと言えばファミマTカードがあります。クレジット機能付きのファミマTカードの場合は火曜日・土曜日にカードを提示するとショッピングポイントが3倍、決済すると2倍、さらにクレジットの特別ポイントが3倍になり、合計7倍になるサービスがあります。

このファミマTカードについて、ポイントカード単体の物は5月末で発行が終了となります。ジャパンネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)は5月20日で新規受け付け終了です。クレジットカードは現時点では継続予定となっています。なお、発行終了や新規受付終了でも、既に保有している場合、特典はそのまま利用可能ですので安心してください。

ただし、カードの日などの特典に関してはどうなるのかわかっていません。ファミペイが始まるタイミングでサービスが変わる可能性もあるので、ファミマTカード利用者は注意してください。

7payもファミペイも開始時期は7月。その他の○○ペイも続々登場し、キャンペーンを乗り換えるだけでもかなりのお得度になりそうです。おそらく、消費増税まではキャンペーンも打ち続けると思われるため、お得なキャンペーンは取りこぼさないようにしましょう。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

関連記事