ロフト担当者に聞いた 2019年を彩ったおすすめのペン7選

ロフト担当者に聞いた 2019年を彩ったおすすめのペン7選

ロフト担当者に聞いた 2019年を彩ったおすすめのペン7選の画像

毎年11月26日は「ペンの日」。日本ペンクラブが制定しました。

今年も残すところあと1か月ちょっとですが、皆さんは今年どんなペンに出会いましたか?

今年の傾向を知るため、銀座ロフト筆記具担当チーフ、石原太郎さんにヒアリング。2019年「これは!」と思ったおすすめのペン7つを教えてもらいました。

次のペン選びのご参考に。

カラーペン大豊作

・クリッカート(ゼブラ)

「カラーペンなのにノック式」という大胆な形態のペンです。モイストキープインクという技術でペン先が乾かず、また色を重ねてもにじみにくいという特徴があります。

カラーバリエーションも36色と豊富で発色も良く、サインペンやマーカーのように気軽に使用したり、こだわりのダイアリーやノートを作るのに使用される方も多いです。1本100円。

・EMOTT(三菱鉛筆)

40色のカラーバリエーションを揃えるカラーペン。「ビビッド」「フローラル」「ネイチャー」といったテーマに沿った5色の絶妙な色遣いと組み合わせを楽しめるセット買いが人気です。1本ずつ選んでも良し、5色だけでなく10色セットや40色セットもあります。普段使いに、スケッチやアートに、使えば使うほどどんどん揃えたくなるカラーペンです。1本200円。

・瞬筆(パイロット)

2019年7月20日発売。独自開発された速乾インクにより「1秒で乾く」と話題の筆ペンです。サインペンのように書ける小筆タイプ(300円)と、本物の筆のような書き心地の本格毛筆タイプ(700円)があり、ご祝儀袋や年賀状など筆を使う場面で活躍します。

・ブレン(ゼブラ)

筆記時の振動を制御する「ブレンシステム」を搭載しており、書く時の微妙なストレスを軽減してくれるので疲れにくく、ずっと書き続けられるようなボールペンです。インクに焦点を当てるペンが多い中、構造に着目したペンなので、これまでのペンに物足りなさを感じている人に試していただきたいアイテムです。

2018年に発売された後、2019年には限定カラーも登場し、人気を博しています。1本150円。

グリップは自分で作る時代!?

・マイティグリップ(ゼブラ)

2019年11月14日発売ホヤホヤのアイテムです。手に持つグリップ部分を好みの厚みや硬さに巻いて調整できるユニークなペン。テニスラケットのグリップテープなどの自分で巻いて調整するという点に着想を得て開発されており、2重、3重巻など色やさわり心地も自分好みに合わせてアレンジすることができます。600円。

・フリクションポイント0.4(パイロット)

言わずと知れた「消えるボールペン・フリクション」から0.4の極細タイプが登場しました。新開発のシナジーチップにより安定した書き出しと滑らかさを併せ持ち、細かい書き込みや狭いスペースへの記入も楽々可能です。メタリックな美しいフォルムで高級感があり、一度離れてしまった人にもおすすめですよ。220円。

・クラフトラボ004(サクラクレパス)

洗練されたデザインと高級感、手になじむ書き味からファンが多いクラフトラボに、2019年秋、待望の004が登場しました。

2色のボールペンとシャープペンの多機能ペンでスムーズな切り替えが楽しめます。シリーズ共通でペンの頭に刻まれた桜の印や、異なる金属を組み合わせた心地よい重みと色合いなど細部にもこだわって作られておりギフトにも最適です。

リフィルにはブルーブラックとクリムゾンレッドという絶妙な色合いも。大人が選ぶ愛用のペンとしておすすめの1本です。価格は8000円。

全体を通しみると、高機能ながら、最後のクラフトラボ004以外はすべて100円〜200円台で買える1本がそろいました。また、カラーペンの種類が多く上がったのも今年の特徴でしょう。

書きやすさ、カラーバリエーション、重厚感など、自分にあった1本、見つけてくださいね。

価格はすべて税別。

関連記事