ファミマで楽天やdポイントも貯められるように。 1番お得な支払い方法は?

ファミマで楽天やdポイントも貯められるように。 1番お得な支払い方法は?

ファミマで楽天やdポイントも貯められるように。 1番お得な支払い方法は?の画像

2019年11月26日にファミリーマートが楽天ポイントカードとdポイントカードに対応しました。これまで、「ファミリーマート=Tカード」でしたが、Tカードの代わりに楽天ポイントカードまたはdポイントカードを提示すれば、好きなポイントを貯めたり・使えたりできます。

ローソンに続いてのマルチポイント化

複数のポイントカードに対応しているのはローソンです。ローソンではPontaカードかdポイントカードを選ぶことができます。どちらか提示すると100円(税抜)につき1ポイント貯まります。

同じようなサービスがファミリーマートでも開始し、Tカードか楽天ポイントカードまたはdポイントカードを提示すると200円(税込)につき1ポイント貯まります。

これを見るとdポイントカードが強いですね。ファミリーマートでもローソンでもdポイントカードを提示するとdポイントを貯められます。

これらの共通ポイントカードは"提示だけ"でポイントが貯まり、支払い方法はクレカでも○○ペイでも何でもOK。

○○ペイの相性で考えた場合は、楽天ペイ(アプリ決済)から楽天ポイントカードを提示し、楽天ペイ(アプリ決済)で支払う、PayPayからTカードを提示し、PayPayで支払う、d払いからdポイントカードを提示して、d払いで支払う方法がアプリの切り替えが楽な方法です。他にも、LINE PayからTカードを提示し、LINE Payで支払っても1つのアプリでポイントカード提示+支払いまでできます。

さらに、ファミリーマートのアプリであるファミペイの場合は、電子マネーのFamiPay+ポイントカード(1つ選択可)+クーポンを1つのバーコードで対応できるため、そもそものアプリを切り替える必要もありません。

ファミリーマートでおトクな支払い方は?

ファミリーマートでのポイントカード提示についてはどのカードでも200円(税込)につき1ポイントで、2020年6月末までのキャッシュレス・消費者還元事業での2%割引は同じですので、お得で差がつくのは支払方法です。

まず、LINE Payを考えて見ましょう。LINE Payは前月の利用実績に応じて最大2%のLINEポイントを獲得できます。しかし、利用実績があまりない場合は0.5%です。

続いて、FamiPayです。FamiPayの場合はファミマTカード(クレジット機能付き)でのチャージ時に200円(税込)につき1 Tポイントを獲得できます。支払い時には200円(税込)につき1円相当のFamiPayボーナスを獲得可能です。合計すると1%還元。ファミマTカード(クレジット機能付き)が必要になりますので、保有していない場合は作成しなければなりません。

続いて、PayPay。PayPay残高またはYahoo! JAPANカードを紐付けて支払った場合は1.5%のPayPayボーナスを獲得できます。Yahoo! JAPANカードでチャージした場合はさらに1%のTポイントを獲得可能。最大2.5%還元です。こちらもYahoo! JAPANカードを持っていなければ使えない方法です。

楽天ペイ(アプリ決済)を見てみましょう。こちらは、12月2日までファミリーマートでも5%還元。さらに楽天カードを連携していると1%の楽天スーパーポイントを獲得できます。なお、12月3日以降のキャンペーンは発表されていません。

d払いでは、エントリーして12月2日〜15日までの間は+10%還元です。これに加えて、通常の0.5%のdポイント、dポイントクラブのランクなどに応じて還元率がアップするdポイント スーパー還元プログラムも考慮すると17%以上のdポイントも獲得可能です。

従って、12月1日までは楽天ポイントカード+楽天ペイ(アプリ決済)、12月2日〜15日まではdポイントカード+d払いがお得です。16日以降については、キャンペーンがない場合はPayPay+Yahoo! JAPANカードがお得になります。

なお、キャンペーンについてはポイント獲得上限がありますので注意しましょう。

菊地崇仁

ポイント交換案内サイト「ポイント探検倶楽部」を運営する株式会社ポイ探の代表取締役。さまざまなポイントやカード情報に精通し、テレビや雑誌等で活躍中。著書に『新かんたんポイント&カード生活』(自由国民社)等がある。

関連記事