究極の義理チョコ「生ブラックサンダー」、東京駅で待ってます。

究極の義理チョコ「生ブラックサンダー」、東京駅で待ってます。

究極の義理チョコ「生ブラックサンダー」、東京駅で待ってます。の画像

有楽製菓の義理チョコ専門店「ブラックサンダー義理チョコショップ」東京駅一番街 東京キャラクターストリートに登場します。2020年1月31日から2月17日までの期間限定出店です。

「ショコラトリーの高級チョコレートに引けを取らない」

「ブラックサンダー義理チョコショップ」は、有楽製菓の主力商品「ブラックサンダー」を通じて義理チョコ文化を応援しようと、2014年から東京駅で展開されているポップアップストアです。

ショップには、限定チョコはじめ、関連グッズなど9商品がラインアップされています。

特に注目は、ブラックサンダー発売25周年を記念した"究極の義理チョコ"「至高の生ブラックサンダー」

例年、東京駅おかしランドで販売されていた限定商品「生ブラックサンダー」の最新版です。

素材にもこだわり、濃厚なミルクチョコやフランス産ミルク配合のホワイトチョコ、北海道産生クリームのガナッシュ、アクセントにブランデーを使用。1箱2本入りで、ガーナ産とトリニダード・トバゴ産の異なるカカオチョコレートでそれぞれコーティングされており、1箱で2種類の風味が楽しめます。

ブラックサンダーのザクザクした食感と、なめらかでとろける様な食感の組み合わせが特徴の同品は、「ショコラトリーの高級チョコレートに引けを取らない」という自信作です。

価格は3000円の高級ブラックサンダーです。公式でも本命、もしくは「目上の人や超大切な方への義理」としての購入もおすすめしています。

ほかにも、「応仁の乱以来の衝撃!!」のパッケージコピーも話題となった抹茶味の「京都ブラックサンダー」(8本入600円・14本入1000円)や「ブラックサンダー義理チョコ BOX」(20本入・600円)、「マスキングテープ」(格400円)など、レアなご当地ブラックサンダーやオリジナルグッズが並びます。

バレンタイン関係なく、チョコ好きならぜひ期間中に足を運んでみたいですね。

「ブラックサンダー 義理チョコショップ」の場所は、東京駅一番街 東京キャラクターストリート F階段下ワゴン、営業時間は10時〜20時30分(最終日は18時)までです。

その他詳細は公式サイトへ。

価格はすべて税別表記。

関連記事