大分トリニータが「オリジナル布マスクキット」をウェブ販売 1万セット限定

大分トリニータが「オリジナル布マスクキット」をウェブ販売 1万セット限定

大分トリニータが「オリジナル布マスクキット」をウェブ販売 1万セット限定の画像

新型コロナウイルス拡大の影響でマスクが品薄になっている状況を踏まえ、Jリーグクラブ「大分トリニータ」は「オリジナル布マスクキット」を販売します。

販売個数は計1万セット2020年4月15日10時から、ウェブ限定での販売です。

デザインは2種

マスクの代用となるハンカチマスクが作れるキットです。ハンカチ(350o×350o)1枚、マスク用平ゴム2本がセットになっています。

ハンカチは国産綿100%のコンパス生地(バンダナなどに使用される折り目の細かい素材)使用しており、吸水性、耐久性に優れています

デザインは「モノグラムタイプ」と「ニータン タイプ」の2種があります。各種5000枚限定で、価格は各700円です。なお、別途送料(350円)がかかります。

販売開始は4月15日10時から。チケットぴあの販売システムを利用した、クレジット決済のみのウェブ販売です(※チケットぴあへの登録は不要)。

1回の注文で最大6枚まで購入できます。転売目的での購入は禁止です。発送は4月下旬〜5月上旬予定となっています。

販売ページへの案内は、大分トリニータの公式サイト内にあります。

関連記事