無印で無料の給水サービスはじまる。 フラっと寄って「自分で詰める」。

無印で無料の給水サービスはじまる。 フラっと寄って「自分で詰める」。

無印で無料の給水サービスはじまる。 フラっと寄って「自分で詰める」。の画像

無印良品では、2020年7月1日からプラスチックごみ削減に対する取り組みの一環として、店舗での給水サービスを始めます。

「自分で詰める水のボトル」を販売

無印良品は、地球資源の循環化および廃棄物削減に取り組んでおり、プラスチックごみを減らすため、店内に給水機を設置します。

無料で給水機からフィルターを通した水道水を詰めることができます

ペットボトルを買うのではなく、マイボトルを持参し飲料水を詰めることで、環境や健康について考えるきっかけにしてもらうのが目的とのこと。

まずは「無印良品 銀座」ほか、各地域の拠点となる大型店舗や新店を中心に、113店舗へ給水機を設置、その後は順次拡大し、2020年度内には、日本国内約400店舗への設置が予定されています。

サービス開始と同時に、自分で繰り返し水を詰め替えることのできるボトル「自分で詰める水のボトル」(190円)も販売されます。

無印の給水機はもちろん、自宅やオフィスでの利用も想定されているため、バッグの中でもかさばらない飲みきりサイズの330mlです。また、飲みやすく洗いやすい広口設計は繰り返し使うことを意識したデザインです。

不要になった「自分で詰める水のボトル」は、店舗に持っていけば回収してもらえ、リサイクルにつなげることができます。

給水生活を楽しめるツールとして「水」アプリも登場します。

給水機を設置している無印良品店舗の位置情報や、東京都水道局が紹介する都内約700か所以上の給水スポットも掲載予定です。

同アプリは、7月1日から無印良品ネットストア「水」特集ページからダウンロード可。

関連記事