メイク頻度は減っても肌トラブル増加!? withマスク時代のスキンケア

メイク頻度は減っても肌トラブル増加!? withマスク時代のスキンケア

メイク頻度は減っても肌トラブル増加!? withマスク時代のスキンケアの画像

新型コロナウイルス対策で外出自粛が続き、テレワークが増えたという人も多いと思います。

メイクする頻度が減り、肌の調子はよくなっているだろうと思いますが、実は3人に2人は肌トラブルが増加しているそうです。

マスクのムレやこすれは敏感肌の大敵

持田ヘルスケアが、全国の20代、30代の敏感肌の女性500人を対象に、肌悩みやスキンケアの実態について調査したところ、97.6%が「肌の不調」を感じていることがわかりました。

特に、マスクの「蒸れ」(25.8%)や「こすれ」(19.0%)でニキビや赤みも悪化した人が多く、マスク肌荒れが急増しています。

原因はマスクだけではありません。先の見えない自粛生活で、ストレス(88.4%)、不安(87.0%)、疲れ(81.0%)といった精神的ダメージが多いこともわかりました。

緊急事態宣言後、57%の女性がメイクレスになったと答えています。メイクしない分、肌の調子が良くなったかと想像しますが、「よくなった」のはわずか12.0%で、65.6%もの女性が「肌トラブルが増えた」と答えました。

さらにこれからは蒸し暑い夏。

例年以上に今年気になることとして、やはり「マスクによる肌あれ」(39.2%)、「ストレス」(35.2%)、「マスクによるムレによる吹き出物や湿疹」(34.4%)が上位にあがりました。

「withマスク」で迎える初めての夏、いつもの夏以上に過酷な肌環境が予想され、肌トラブルの心配も増えそうです。

心配事の多いこれからの季節、望ましい肌にするためどのようなケアが必要かと聞くと、「保湿」(71.2%)、「毎日のスキンケアを丁寧に行う」(70.2%)、「外出する際の紫外線対策」(70.0%)との回答が。

しかし、実際今行っているケアを聞くと「理想のケア」とは乖離があり、中でも「毎日のスキンケアを丁寧に行う」(必要70.2%→実践38.4% 31.8ポイント差)という習慣ケアや、「トラブルが起きる前のケア」(必要40.2%→実践10.8% 29.4ポイント差) という先回りケアについては、必要と思っていてもみなさんなかなか実践できていないようです。

特に敏感肌となると、マスクのムレやこすれは大敵です。

たとえば、自分の肌にあった敏感肌用のスキンケア用品などで、「先回りケア」や「習慣ケア」で日々丁寧にケアし、マスクにも負けない肌を目指しましょう。

(※)調査概要 2020年5月19日〜20日の期間、敏感肌症状のある全国の20代、30代の女性500人に対しインターネット調査

関連記事