【よかった】「ミカヅキモモコ」店舗名そのまま継続へ。

【よかった】「ミカヅキモモコ」店舗名そのまま継続へ。

【よかった】「ミカヅキモモコ」店舗名そのまま継続へ。の画像

2021年2月8日、300円均一のバラエティー雑貨店「ミカヅキモモコ」自己破産のニュースが流れ、ツイッター上では「ミカヅキモモコ」がトレンド入りし、「閉店か」「悲しい」といったコメントがあふれていました。

しかし、2月9日、在庫処分業shoichi(東京・大阪)が、バラエティー雑貨店「ミカヅキモモコ」事業の一部店舗に関し、事業譲受するお知らせを発表、「店舗名は引き継いで運営」するとしています。

提携・出資等を予定

shoichiは、ちょっとした理由で販売できなくなったアパレル商品を仕入れ販売をしたり、コロナ禍では余ってしまったブランド衣料品から繰り返し洗える「布マスク」を制作したり、メーカーの在庫商品の再流通を行っている会社です。

そんなshoichiが、「ミカヅキモモコ」に対し「雑貨商品、キャラクターグッズの取り扱いが強く、弊社取り扱い商品のカテゴリ拡大となり、シェア向上が見込める」と判断、今回の事業譲受につながりました。

ミカヅキモモコ」の店舗名は引き継がれ、「これからも、弊社事業にシナジーのある事業には、提携・出資等を行って参ります」と発表しています。

事業譲渡の内容は、「300円均一ショップ ミカヅキモモコ 一部店舗」「商標」。それ以上の詳細は明かされていませんが、なじみのあったお店の名前がそのまま残るのはうれしいですね。

関連記事