ロシアの夢遊病の4歳児、マイナス20度の真夜中に屋外に彷徨い出て凍死

記事まとめ

  • ロシアに住む4歳のボグダン君はマイナス20度にもなる極寒の真夜中に屋外で亡くなった
  • 実はボグダン君、過去にも夢遊病が原因で自宅から彷徨い出たことがあったという
  • 今年1月には、米NYでマンション8階から転落した夢遊病者の男性が一命を取り留めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております