TEAM NACS、公演を前に体調不良が続出 大泉洋の発言に音尾琢真「解散だ!」

TEAM NACS、公演を前に体調不良が続出 大泉洋の発言に音尾琢真「解散だ!」

TEAM NACS、公演を前に体調不良が続出 大泉洋の発言に音尾琢真「解散だ!」の画像


その囲み取材で「セリフは北海道弁ですか?」と聞かれ、森崎博之は「僕らは特に意識していないんですよね〜…そだねー」と笑わせる。

その後で『ZIP!』のリポーター・長沢裕が5人を直撃、3年ぶりの舞台で「大変だったことは?」と質問した。

稽古期間中に音尾琢真がインフルエンザに罹ってしまい、3週間のうち1週間を休んだという。大泉洋は「音尾くんが倒れた時には“終わったな”と思いました」と当時を振り返った。

ところが音尾が復帰して数日後、その大泉が「肉離れ」してしまう。彼が何とか舞台に立てるようになると、今度は本番直前に戸次重幸が「ぎっくり腰」となりボロボロな状態で本番を迎える。

実はそうやってメンバーが稽古を休む間、別の俳優が代役に立った。同公演に出演している俳優・梅田喬が音尾の代わりを務めると、それが上手くてしっくりきたという。

大泉洋はそれを思い出して、「音尾くんが戻ってきたら、何だかやりにくくてね…梅ちゃんでいいんじゃないの!」と感じたことを明かす。それには当の音尾琢真が「解散だ! 解散!!」と訴えていた。

ただ、1月20日に行われた北海道HTB制作『ハナタレナックスEX特別編チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』の制作発表会見で、チームの解散について聞かれた安田顕は「お客さんが求めてくださる限り、ないです!」と答えており、その心配はなさそうだ。

画像は『ZIP!日テレ 2018年3月14日付Twitter「#明日のZIP! #SHOWBIZコーナー は…★TEAM NACS勢ぞろい」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト