イギリスで飼い犬の唾液から敗血症になった精神科医が、両脚と手の指、鼻を失う

記事まとめ

  • 英国に暮らす精神科医が愛犬と遊んで少し傷を負ったが、手を洗い普通に過ごしていた
  • 精神科医は2週間後にインフルエンザのような症状が現れ、敗血症で4カ月後に両膝下切断
  • 敗血症の原因は犬の口腔内に生殖している細菌であることが分かり、愛犬は安楽死させた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております